新日鐵八幡記念病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 新日鐵八幡記念病院

url

理念

  • 患者さまの人権を尊重しインフォームド・コンセントを大切にして安全で最適な医療の実現をめざします

住所

  • 〒805-8508 北九州市八幡東区春の町一丁目1番1号

診療の特徴、実績

  • 1900年に官営八幡製鐵所付属診療所としてその礎を築き、1997年には現在の医療法人社団「新日鐵八幡記念病院」となり、急性期総合病院として地域医療に貢献することを目標に掲げ、救急医療にも力を入れています。地域医療機関の信頼も厚く,地域医療支援病院の認可を得ています。内科系では糖尿病、腎臓、循環器、消化器、呼吸器、心療内科,脳血管疾患を中心に、内科系全般の診療を行っています。外科では消化器、乳腺、呼吸器、血管外科を中心に多数の手術症例を手がけ、整形外科では関節疾患やリウマチ、脊椎疾患の症例を中心として診療しています。また2005年より脳卒中・神経センターを発足させ,脳卒中の診療体制の充実を図っています。熱傷の治療も積極的に行っており、重症例は集中治療部専任医師と形成外科医が協力して治療に当たっています。さらにNST(栄養サポートチーム)を中心としたチーム医療の推進,電子カルテによる診療情報の共有化などにより、診療の質の向上に努めています。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 359.0人

一日平均外来患者数

  • 406.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 12.3日/0.0日

年間分娩件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 21件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/10回

当院の救急医療の特徴

  • 二次救急告示医療機関として数多くの救急患者の診療に当たっています。北九州市西部地区の初期救急医療体制に輪番病院として参加し、1次救急の診療も担当しています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全診療科

一日平均救急外来患者数

  • 23.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 7.9人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 24人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  •  当院は地域中核病院として、これからの医学・医療を担う人材を育成することを大切な使命と考えています。先輩医師はもちろん、すべての職員が、熱意をもって研修しようとする皆さんを応援しています。内科学会や外科学会をはじめ多数の学会の教育施設であるとともに、大学医局との関連も密で、将来の専門医取得や医学研究を視野に入れた研修が可能です。明るく元気で,楽しい研修をモットーとしています。優しい心の持ち主、協調性のある方を歓迎します。医師としての第一歩を私たちの病院でスタートし、ともに学びましょう。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 当院の良さは、なんといっても病院全体がアットホームな雰囲気であることだと思います。合同医局には先生方の机と並んで研修医の机もあります。医局には、どんなに忙しい診療の中でも研修医の相談にすぐにのってくれる指導医の先生方がいます。先生方に気軽にコンサルト出来ることは、当院の良さだと思います。また、症例数も十分でcommon diseaseから珍しい症例まで幅広く経験出来ます。内科・外科ともに十分な症例を経験出来、自分が担当した症例について勉強する時間もあるので、経験した症例がただの「経験」で終わらずに、その後に繋げることができます。また、症例によっては学会や研究会で発表するチャンスもあります。自分自身のやる気次第で、さまざまなことにチャレンジできる環境にあるのも当院の特徴であると思います。実際に働く病棟では、コメディカルのスタッフをはじめ、知識・経験に富んださまざまなスタッフが専門知識をもって医療に取り組んでおり、一人の患者さんが入院して退院するまでにどのような医療がなされているか、またチーム医療を行ううえで、自分がどうすべきか実際に経験することができます。そして、研修をするにあたって、一番気になることは当直だと思います。当院の当直は、まず研修医が一人で患者さんを診察したうえで指導医に方針を相談しますので、診断・治療について考える力がつきます。1年間の研修を終えると4月の頃に比べ患者さんを診る力がついたと実感します。実際に一年間の研修を終えて、当院で研修出来て本当によかったと実感しています。やるぞっ!という強い気持ちを持った学生諸君、当院で一緒に仕事をしましょう。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/14 10:27:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 抗凝固療法により門脈血栓が消退し,食道静脈瘤が消失した1例
  • PS-314-3 超高齢者に対する結腸・直腸癌の術後合併症の検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会)

関連リンク

八幡東区にある病院。看護専門学校併設。病院案内と広報誌の紹介。
新日鐵八幡記念病院: 郵便番号〒 805-0050 住所福岡県北九州市八幡東区春の町一丁目1番1号 ... ... 本ホームページに掲載されている病気や診断結果などの項目は、健康診断に関する一般情報の提供を目的としたものであり、病院や治療 ...

関連画像

新日鐵八幡記念病院(北九州市 事例紹介:製鉄記念八幡病院 新日鐵八幡記念病院循環器科の 新日鐵八幡記念病院とは - goo

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡