断乳

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 卒乳・断乳の決定に影響を与える要因
  • 笹川 朝子,黒田 緑
  • 旭川医科大学研究フォーラム 15(1), 18-26, 2015-02
  • 雑誌掲載版
  • NAID 120005600793
  • 授乳終了の要因・選択方法と日常生活の変化
  • 吉川 芙雪,立岡 弓子
  • 滋賀母性衛生学会誌 14(1), 11-16, 2014-09
  • NAID 40020235453
  • 代謝性アシドーシスを伴う黒毛和種子牛下痢症に対する断乳処置の効果 (日本獣医師会学会学術誌) -- (産業動物臨床・家畜衛生関連部門)
  • 塚野 健志
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 67(9), 670-673, 2014-09
  • NAID 40020205852

関連リンク

このページでは「断乳・卒乳」に関すること中心を、ふみまるの知識と経験の範囲で情報を提供しています。 現在は断乳ではなく自然卒乳がメインとなってきているようで、断乳は時代遅れの方向なのかもしれません。
断乳すると、乳房はたちまち張って痛くなります。日に2回程、 または痛くなったときだけ、手で搾乳します。 このとき、気を付けなくてはいけないのは、とことん搾乳をし ないことです。乳房の痛みが消えるまで、軽く上の部分を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問096I027
関連記事

096I027」

  [★]

  • 7か月の乳児。健康診査で来院した。在胎38週、自然分娩で出生した。出生体重3,000g、身長49.0cm。母乳栄養。5か月時から離乳を開始した。離乳食は、舌でつぶせる固さにして1日2回与えている。寝返りするが、這い這いはしない。欲しいものに手を出してつかむ。名前を呼ぶと振り向き、お坐りができる。顔の上に布をかけると自由にとる。三種混合ワクチンの第1期とポリオワクチンの1回目とは接種済みである。来院時体重8,900g。大泉門は2×2cmである。心雑音はない。肝は弾性軟で右肋骨弓下に3cm触知する。Moro反射はない。この児で正しいのはどれか。
  • (1) 這い這いしないのは発達の遅れを示す。
  • (2) Moro反射がないのは脳障害を示す。
  • (3) 肝の触診所見は生理的範囲内である。
  • (4) BCG接種を指導する。
  • (5) 断乳するように指導する。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096I026]←[国試_096]→[096I028

乳」

  [★]

milk, (pref)lacto
ラクト乳汁ミルク




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1PVC波形板 82
2多毛 54
3content 37
4日常生活自立度 32
5日本多毛 23
6開散麻痺 17
7cepharexin antibiotic 17
8中隔子宮 17
9てんかん(パーソナリティ変化) 17
10ずり足 16
11ジセチアミン フルスルチアミン 16
12左室流失路狭窄症 16
13中心脳性てんかん 症状 15
140 HTTP/1.1 14
15大腿骨骨折 12
16津守式発達検査 内容 12
17難病 一覧 10
18深部脳波 9
19日本多毛视频 9
20スクシニル 9

昨日の人気記事
 タイトル表示
1多毛 16
2ジフェニルピラリン塩酸塩 8
3S. Ahmed,M. Dhar G. Mittal, N. K. Bhat N. Shirazi V. Kalra H. C. Sati V. Gupta A comparative hospital-based observational study of mono- and co-infections of malaria, dengue virus and scrub typhus causing acute undifferentiated fever European Journal of Clinical Microbiology & Infectious DiseasesApril 2016, Volume 35, Issue 4, pp 705–71 6
4肺血管抵抗 単位 6
5ゴーシェ細胞 6
6content 6
7アシュネル試験 6
8セルロースアセテート ニプロ 5
9日本多毛 5
10日常生活自立度 4
11腎杯拡張とは 4
12ソルメルコート 4
13多形癌とは 4
14段階別看護ケア 4
15無核卵子 4
16spike状の発熱 4
17牙龈图片 4
18菌体抗原 4
19じょうしょうのうどうみゃく 3
20陳旧性肺結核とは 3