斜角筋症候群

出典: meddic

scalenus syndrome
前斜角筋症候群 scalenus anterior syndrome scalenus anticus syndrome
斜角筋前斜角筋



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/29 11:06:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 中斜角筋切腱術が奏功した斜角筋症候群の1例
  • 村井 伸司,原 友紀,西浦 康正,岩指 仁,落合 直之
  • 末梢神経 = Peripheral nerve 21(1), 106-111, 2010-06-01
  • NAID 10027578714
  • 中斜角筋切腱術が奏効した斜角筋症候群の1例
  • 村井 伸司,原 友紀,西浦 康正,岩指 仁,落合 直之
  • 末梢神経 = Peripheral nerve 20(2), 151-152, 2009-12-01
  • NAID 10027267889

関連リンク

斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん、英:scalenus syndrome、独: Skalenussyndrom)とは胸郭出口症候群の1つで斜角筋の ... 上肢の挙上を頻々に 繰り返すと斜角筋が肥厚し、斜角筋隙で鎖骨下動脈と腕神経叢が圧迫され、痛みや しびれ等の症状を ...
腕や手のしびれを感じたら. 胸郭出口症候群 なで肩の女性に多いといわれているのが 『 胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)』です。 しかし、実際は、男性にも多くみ られ、格闘技など斜角筋(首を支える筋肉)や小胸筋(大胸筋の下層部にある筋肉)を ...

関連画像

中斜角筋」 「前斜角筋 斜角筋症候群斜角筋症候群斜角筋症候群 出口症候群(斜角筋症候群


★リンクテーブル★
先読み前斜角筋
リンク元パワーズ症候群
拡張検索前斜角筋症候群
関連記事症候群」「斜角筋」「」「症候

前斜角筋」

  [★]

anterior scalene muscle
musculus scalenus anterior, scalenus anterior
中斜角筋後斜角筋斜角筋隙
  • 鎖骨に停止するあたりで、横隔神経と共に、鎖骨下静脈と鎖骨下動脈の間に割って入っている。

起始

  • C3-C6(横突起の前結節)

停止

  • 第1肋骨(斜角筋結節)

神経

  • 頚神経叢

機能

  • 第1肋骨を挙上


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


パワーズ症候群」

  [★]

Powers syndrome
Powers症候群
斜角筋症候群

参考

  • Power's症候群(間歇性椎骨動脈閉塞症候群) : 第37回日本循環器学会東北地方会
  • 堀 重昭,宇根岡 啓基,高橋 正晁,金山 重明
  • Japanese circulation journal 34(7), 663, 1970-10-20
  • NAID 110002600690
Power's症候群(間歇性椎骨動脈閉塞症候群)
(東北大 脳研脳神経外科)堀 重昭・宇根岡啓基・高橋正晃・金山重明
間歇性反覆性,乃至は頭部の回転に際してひきおこされる所謂,椎骨-脳底動脈不全症状の原因として,最近種々の血管外印紙による椎骨動脈の圧迫が重要視されて来ている.椎骨動脈がその起始部に走行異常をもつため,頭部を回転した時のみ,周囲の血管,筋,筋膜などの軟部組織により圧迫され血行不全を来すPowers症候群の手術治験例をのべた.症例は55歳女子,失神発作と回転性のめまい,頭痛.構語障害, 四肢脱力等の症状があり,他覚的に頭位変換眼振,又.血管撮影により,左椎骨動脈の起始部走行異常及び頭部右転の際の血行途絶,Willis輪不全を認めた.左の椎骨動脈周囲交感神経剥離,甲状頸動脈幹及び内胸動脈切断,鎖骨下動脈前方翻転による椎骨動脈走行異常矯正と云う手術によって症状は消失,前庭機能も正常化,術後3年の追跡時にも異常は認められなかった.本症候群の症状発現の機序として,後頭部交感神経系の関与を重要視している.


前斜角筋症候群」

  [★]

scalenus anterior syndrome, scalenus syndrome (KH), scalenus anticus syndrome
斜角筋症候群neurogenic thoracic outlet syndromethoracic outlet syndrome前斜角筋

症状 (KH.40)

  • 頚部から上肢の放散痛・鈍痛

原因 (KH.40)

斜角筋の異常による神経や血管の圧迫と腕神経叢絞扼


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



斜角筋」

  [★]

scalene, scalene muscle
scalenus


群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡