斜裂

出典: meddic

oblique fissure (Z)
水平裂
  • 肺尖の6cm下方(T3椎体の棘突起)で始まり前下方に斜走し、下縁の内側面に達する (KL.273)

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 鼻中間顎が大きく偏位した両側顔面斜裂の術前顎矯正を含めた治療経験
  • 佐々木 了,佐藤 嘉晃,岡本 亨,杉原 平樹,井川 浩晴,山本 有平,小山 明彦
  • 日本口蓋裂学会雑誌 31(2), 126, 2006-04-30
  • NAID 10019608007

関連リンク

IPA 独立行政法人情報処理推進機構 · 教育用画像素材集 ...
肺葉 1)右肺:斜裂 Oblique fissure と水平裂 Horizontal fissureで 上葉 Upper lobe と 中葉Middle lobeと下葉 Lower lobeに分かれる。 2)左肺:斜裂 Oblique fissureで上 葉 Upper lobeと下葉 Lower lobeに分かれる。 2.区域気管支及び肺区域:気管支は ...

関連画像

所有分类 服饰内衣、鞋靴童装 裂帛 斜V领斜襟 绣花片上衣 女 裂帛 斜襟短款 棉衣外套 轻暖 陳遠定醫師表示患者門牙於牙齦 面斜裂Case I. 斜裂的lower大臼齒 牙肉下


★リンクテーブル★
先読み
リンク元水平裂

肺」

  [★]

lung
肺区域肺野呼吸器の上皮の移行
  • 図:M.78 N.204(肺のリンパ系),197(肺区域)

解剖

  • 重量:右:500g, 左:400g
  • 葉:右3葉、左2葉
右上葉、右中葉、右下葉、左上葉、左下葉

発生

L.247
  • 肺の上皮、喉頭、気管、および気管支の内面を覆う上皮 → 内胚葉
  • 気管および肺の軟骨性要素と筋要素、結合組織 → 中胚葉(臓側中胚葉)
NGY.283
  • 妊娠16週頃:気管、気管支が分岐し腺状構造をなす(腺状期)
  • 妊娠16-24週頃:管状構造を形成し、毛細血管が上皮に接触する。(管状期)
  • 妊娠28週頃:毛細血管が肺胞腔に露出

機能

  • 呼吸

肺の構造

SSUR.323
区分 気管支腺 軟骨 平滑筋 弾力線維
気管 2+ 3+ 2+ 4+
葉気管支 2+ 3+ 3+ 3+
区域-小気管支 2+ 2+ 3+ 3+
肺小葉 細-終末気管支 3+ 3+
肺胞道 呼吸細気管支
肺細葉
肺胞/肺胞嚢 2+

臨床関連

  • 肺の打診 (M.72)

胸部X線解剖

  • 右第1弓:上大静脈
  • 右第2弓:右心房
  • 左第1弓:大動脈弓
  • 左第2弓:肺動脈幹
  • 左第3弓:左心房(左心耳)
  • 左第4弓:左心室




シルエットサイン

  • 右第2弓:(陽性)[上葉]内側中葉区(S5)、[下葉]内側肺底区(S7)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)????  → 陰性だったら背面の区域、つまりS6,S10と考えて良いのではないだろうか?
  • 左第4弓:(陽性)[上葉]上舌区(S4)、下舌区(S5)、[下葉]前内側肺底区(S7+8)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)??? → 同様にS6,S10と考えて良いのでは?

肺のリンパ節

肺区域

  • 左肺は心臓があるために、右とは異なる形状・肺区域を有する。
  • S1とS2はまとめてS1+2と呼ばれる
  • S7とS8はまとめてS7+8あるいはS8と呼ばれる ← 心臓が左胸腔に全内側に突出しているからと考える
  • 背側にある区域は2・6・10と覚えよ

臨床関連

  • 分葉異常:奇静脈の走行異常による右上葉の奇静脈葉が最も多い(QB.I-295)





水平裂」

  [★]

horizontal fissure (Z)
斜裂
  • 第4肋骨にほぼ水平に走る (KL.273)




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡