斑状脱髄

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

Multiple sclerosis: MS 脱髄性疾患の中で最も頻度が高い。 中枢神経系に脱髄巣が時間的・空間的に多発する。 図A: 大脳白質内に淡褐色でやや透明感のある大小の病巣が認められる。 図B: 大脳の髄鞘染色像。 白質に斑状の脱髄巣が ...
この髄鞘が壊れて中の電線がむき出しになる病気が脱髄疾患です。この脱髄が斑状にあちこちにでき(これを脱髄斑といいます)、病気が再発を繰り返すのが多発性硬化症(MS)です。MSというのは英語のmultiple sclerosisの頭文字を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「脱髄」「斑状

髄」

  [★]

pulpmarrowmedullapith
延髄穿刺果肉骨髄歯髄髄質パルプ赤色骨髄黄色髄

脱髄」

  [★]

demyelination
髄鞘崩壊
髄鞘 myelin sheath


斑状」

  [★]

patchy
パッチ状




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡