散乱線

出典: meddic

scattering radiation, scattered rays


和文文献

  • X線CTにおける散乱線利用の理論的考察 (MEとバイオサイバネティックス)
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(513), 143-148, 2016-03-22
  • NAID 40020802528
  • Monte Carlo 法を用いた体内散乱線の解析―平坦ではない入射表面における診断X 線の後方散乱係数―
  • ERCP施行時の被曝線量評価と放射線防護教育

関連リンク

X線撮影の領域では、コンプトン効果が支配的である。 散乱線は一般に前方散乱、側方散乱、後方散乱(背後散乱)に分類される。 画質低下の原因となるのは前方散乱である。 被写体から発生する散乱線によりカブリが生じ ...
用語名 散乱線 読み仮名 サンランセン 分野名 歯科放射線 用語解説 《特徴》 ・コンプトン効果によって発生する ・管電圧が高いほど多く発生する ・被写体が熱いほど、照射野が大きいほど多く発生する ・一次X線が一度物質を通過し ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元コンプトン効果
関連記事散乱」「

コンプトン効果」

  [★]

Compton effect
コンプトン散乱 Compton scattering
Compton効果散乱線



散乱」

  [★]

scatteringincoherencescatter
非干渉性飛散点在思考散乱
-incoherence


線」

  [★]

linestring
裏打ち系統ライン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡