放射線表皮炎

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

<本文> 1.放射線による皮膚への影響 皮膚は大別して表皮、真皮、皮下の3組織からなり、これらは上皮、毛嚢、皮脂腺、汗腺、血管、及び支持組織などで構成される( 図1 参照)。放射線の皮膚への効果は、これらの構成 ...
創管理と相まってこそ全身高線量被ばくの治療はより 効果をあげる。 a.Ⅰ度熱傷相当放射線皮膚障害の治療 いわゆるⅠ度熱傷相当に類似する障害(紅斑,発疹, 浮腫など,図10)は,被ばく直後,または3~4週後 以内に出現 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事表皮」「放射線」「放射」「

表皮」

  [★]

epidermis (M)
皮膚の構造皮膚真皮


発生

組織学 (NDE)

国試

  • 106B028:手掌・足底は1mm、その他は0.2mm。ちなみに、コンドームの厚みは0.02mmらしい。


放射線」

  [★]

radiation, radioactive ray
輻射線
電磁波


場所による分類

性質による分類

胎児への放射線の影響

  • 1999年のICRP勧告「胎児が100mGy被爆した場合、子供が奇形を持たない確率はほぼ97%、癌にならない確率は99.1%」


放射」

  [★]

radiationbeamradiateemitbeamradiativeradiant
照射照射性排出ビーム放散放射状放射線放射線照射


炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡