放射線ホルミシス

出典: meddic

radiation hormesis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床放射線ホルミシス
  • ストレスとホルミシス(第1回)放射線ホルミシス

関連リンク

放射線ホルミシス(Radiation hormesis)とは、大きな量(高線量)では有害な電離 放射線が小さな量(低線量)では生物活性を刺激したり、あるいは以後の高線量照射に 対しての抵抗性をもたらす適応応答を起こすことである。電離放射線による被曝が慢性・ 急性 ...
放射線ホルミシスは低線量電離放射線による有益な作用のことである。動物実験やヒト のデータから、がんの抑制においても同様なメカニズムが作用していることがうかがえる 。これまでの研究から、低線量電離放射線(LLIR)の全身照射ががんの発生を低減する ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事放射線」「放射」「

放射線」

  [★]

radiation, radioactive ray
輻射線
電磁波


場所による分類

性質による分類

胎児への放射線の影響

  • 1999年のICRP勧告「胎児が100mGy被爆した場合、子供が奇形を持たない確率はほぼ97%、癌にならない確率は99.1%」


放射」

  [★]

radiationbeamradiateemitbeamradiativeradiant
照射照射性排出ビーム放散放射状放射線放射線照射


線」

  [★]

linestring
裏打ち系統ライン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡