放射線

出典: meddic

radiation, radioactive ray
輻射線
電磁波



場所による分類

  • 自然放射線


性質による分類

胎児への放射線の影響

  • 1999年のICRP勧告「胎児が100mGy被爆した場合、子供が奇形を持たない確率はほぼ97%、癌にならない確率は99.1%」


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/07 04:09:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 患者の多いがん拠点病院100 (特集 もう神の手(ゴッドハンド)はいらない? がん 最前線 : 薬 手術 放射線 変貌するがん三大療法) -- (不安を抱える人、必見!! がんとおカネの教科書)
  • 多様化するがん保険商品 知らねば損する落とし穴 (特集 もう神の手(ゴッドハンド)はいらない? がん 最前線 : 薬 手術 放射線 変貌するがん三大療法) -- (不安を抱える人、必見!! がんとおカネの教科書)
  • がんが蝕む患者の財布 怖いのは支出より収入減 (特集 もう神の手(ゴッドハンド)はいらない? がん 最前線 : 薬 手術 放射線 変貌するがん三大療法) -- (不安を抱える人、必見!! がんとおカネの教科書)

関連リンク

ひとつは「光」の性質を持ったもので、 身近にある放射線の大半は「光」の性質を持ったものです。 X線、ガンマ線(医療に用いられる) 他方は「粒子」の性質を持ったものです。(小さくて顕微鏡でも見えません)
<放射線・放射能・放射性物質とは> 再処理工場から放出される放射性物質による人体への影響はどれくらいなのですか。 また、事前に環境アセスメントなどの評価を行っているのですか。 六ヶ所再処理工場から放出される ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 放射性医薬品

販売名

ベンゾダイン注

組成

  •  本剤は,シリンジ型バイアルに充てんされ,放射線遮蔽用鉛容器(コンテナ)に収められた水性の注射剤で,ヨウ素-123をイオマゼニルの形で含む。
     1mL中
     イオマゼニル(123I)(検定日時において)  111MBq
  •  イオマゼニル 0.5μg

添加物

  •  日本薬局方アスコルビン酸 10mg

添加物

  •  日本薬局方生理食塩液

添加物

  •  pH調整剤 2成分

効能または効果

 外科的治療が考慮される部分てんかん患者におけるてんかん焦点の診断

  •  通常,成人には本剤167MBqを静脈内投与し,投与後約3時間に頭部のシンチグラムを得る。
     投与量は,年齢,体重により適宜増減するが,最大222MBqまでとする。

慎重投与

  • (1)  重篤な肝機能障害のある患者[血中に滞留することがある(「薬物動態」の項参照)。]
  • (2)  重篤な腎機能障害のある患者[血中に滞留することがある(「薬物動態」の項参照)。]
  • (3)  排尿障害のある患者[膀胱部の被曝が増加することがある(「吸収線量」の項参照)。]

薬効薬理

1.原理

  •  部分てんかん発作は,興奮系及び抑制系神経伝達の不均衡によって生じる神経細胞の過剰興奮状態である5)。抑制系神経伝達の主要な部分をになうGABAA受容体と複合体を形成している中枢性BZRは,てんかん焦点において減少することが知られている6)

2.集積機序

  •  本薬は,脳内に広く分布する中枢性BZRに高い親和性を示し7),選択的に結合する性質を有する8)。投与後早期には局所脳血流に従って脳内に分布し,その後3時間までの分布は脳血流の影響を受けることが知られている2)。したがって,投与後約3時間に撮像した脳SPECT像は中枢性BZRに結合した本薬の分布を反映し,本剤を用いた検査により局所脳内中枢性BZR分布を評価することができる。

3.中枢神経系に対する作用

  •  動物実験(マウス)で本薬10μg/kg(臨床最大投与量である222MBq包装品に含まれる量の600倍)とペンテトラゾールとの併用において,痙攣誘発作用が認められた9)
     ※ ヒトの体重を60kgとして換算

有効成分に関する理化学的知見

1.イオマゼニル(123I)

  •  構造式:
     

2.放射性核種の特性(123Iとして)

  •  物理的半減期:13.27時間
     主γ線エネルギー:159keV(83.3%)


★リンクテーブル★
先読みradiation
国試過去問106G009」「104G037」「089B037
リンク元」「生活習慣病」「放射線障害」「被曝線量」「放射線感受性
拡張検索放射線宿酔」「放射線誘発癌」「放射線源」「分子放射線生物学
関連記事放射」「

radiation」

  [★]

  • n.
  • 放射、放射線
  • 放射物
  • 輻射、放熱


WordNet   license wordnet

「the act of spreading outward from a central source」

WordNet   license wordnet

「the spontaneous emission of a stream of particles or electromagnetic rays in nuclear decay」
radioactivity

WordNet   license wordnet

「energy that is radiated or transmitted in the form of rays or waves or particles」

WordNet   license wordnet

「a radial arrangement of nerve fibers connecting different parts of the brain」

WordNet   license wordnet

「the spread of a group of organisms into new habitats」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉(光・熱・放射能などの)発散,放射 / 〈C〉放射物;放射線;輻射(ふくしゃ)熱 / 〈C〉(喜び・幸福感などの)発散《+『of』+『名』》 / =radioactivity」


106G009」

  [★]

  • 放射線の健康影響について正しいのはどれか。
  • a 実効線量限度は内部被ばく線量を含んでいる。
  • b 確定的影響には名目リスク係数が設けられている。
  • c 確率的影響閾値の存在を前提に算出されている。
  • d 線量限度は確率的影響を減少させるために設けられている。
  • e 成人でのがん発生のリスクは全集団でのリスクよりも高い。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G008]←[国試_106]→[106G010

104G037」

  [★]

  • 放射線全身被曝で早期にみられないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104G036]←[国試_104]→[104G038

089B037」

  [★]

  • 肝腫瘍と誘発因子との組み合わせで正しいのはどれ
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

癌」

  [★]

cancer
悪性腫瘍


種類

  • 癌腫(carcinoma):上皮性
  • 肉腫(sarcoma):間葉系
  • carcinoma:腺癌(adenocarcinma)、扁平上皮癌(squamous cell carcinoma)、移行上皮癌(transitional cell carcinoma)
  • sarcoma:骨肉腫、横紋筋肉腫、平滑筋肉腫、脂肪肉腫、線維肉腫

Neoplasm Causes Effect
Small cell lung carcinoma ACTH or ACTH-like peptide Cushing’s syndrome
Small cell lung carcinoma and intracranial neoplasms ADH SIADH
Squamous cell lung carcinoma, renal cell carcinoma, breast carcinoma, multiple myeloma, and bone metastasis (lysed bone) PTH-related peptide, TGF-β, TNF-α, IL-1 Hypercalcemia
Renal cell carcinoma, hemangioblastoma Erythropoietin Polycythemia
Thymoma, small cell lung carcinoma Antibodies against presynaptic Ca2+ channels at neuromuscular junction Lambert-Eaton syndrome (muscle weakness)
Leukemias and lymphomas Hyperuricemia due to excess nucleic acid turnover (i.e., cytotoxic therapy) Gout, urate nephropathy
  • 最新癌統計
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/statistics/pub/statistics01.html
●2005年の死亡数が多い部位は順に
  1位 2位 3位 4位 5位  
男性 肝臓 結腸 膵臓 結腸と直腸を合わせた大腸は4位
女性 結腸 肝臓 乳房 結腸と直腸を合わせた大腸は1位
男女計 肝臓 結腸 膵臓 結腸と直腸を合わせた大腸は3位
 
●2001年の罹患数が多い部位は順に
  1位 2位 3位 4位 5位  
男性 結腸 肝臓 前立腺 結腸と直腸を合わせた大腸は2位
女性 乳房*1 結腸 子宮*1 結腸と直腸を合わせた大腸は1位
男女計 結腸 乳房*1 肝臓 結腸と直腸を合わせた大腸は2位
*1上皮内がんを含む。


癌の素因となる遺伝子

HIM.494
Table 79-1 Cancer Predisposition Syndromes and Associated Genes
Syndrome Gene Chromosome Inheritance Tumors
ataxia telangiectasia ATM  11q22-q23 AR breast cancer
autoimmune lymphoproliferative syndrome FAS 10q24 AD lymphomas
FASL 1q23  
Bloom syndrome BLM  15q26.1 AR cancer of all types
Cowden syndrome PTEN  10q23 AD breast, thyroid
familial adenomatous polyposis APC  5q21 AD intestinal adenoma, colorectal cancer
familial melanoma p16INK4  9p21 AD melanoma, pancreatic cancer
familial Wilms tumor WT1  11p13 AD pediatric kidney cancer
hereditary breast/ovarian cancer BRCA1 17q21 AD breast, ovarian, colon, prostate
BRCA2 13q12.3  
hereditary diffuse gastric cancer CDH1  16q22 AD stomach cancers
hereditary multiple exostoses EXT1 8q24 AD exostoses, chondrosarcoma
EXT2 11p11-12  
hereditary prostate cancer HPC1  1q24-25 AD prostate carcinoma
hereditary retinoblastoma RB1  13q14.2 AD retinoblastoma, osteosarcoma
hereditary nonpolyposis colon cancer (HNPCC) MSH2 2p16 AD colon, endometrial, ovarian, stomach, small bowel, ureter carcinoma
MLH1 3p21.3  
MSH6 2p16  
PMS2 7p22  
hereditary papillary renal carcinoma MET  7q31 AD papillary renal tumor
juvenile polyposis SMAD4  18q21 AD gastrointestinal, pancreatic cancers
Li-Fraumeni TP53  17p13.1 AD sarcoma, breast cancer
multiple endocrine neoplasia type 1 MEN1  11q13 AD parathyroid, endocrine, pancreas, and pituitary
multiple endocrine neoplasia type 2a RET  10q11.2 AD medullary thyroid carcinoma, pheochromocytoma
neurofibromatosis type 1 NF1  17q11.2 AD neurofibroma, neurofibrosarcoma, brain tumor
neurofibromatosis type 2 NF2  22q12.2 AD vestibular schwannoma, meningioma, spine
nevoid basal cell carcinoma syndrome (Gorlin's syndrome) PTCH  9q22.3 AD basal cell carcinoma, medulloblastoma, jaw cysts
tuberous sclerosis TSC1 9q34 AD angiofibroma, renal angiomyolipoma
TSC2 16p13.3  
von Hippel–Lindau VHL  3p25-26 AD kidney, cerebellum, pheochromocytoma
癌遺伝子癌抑制遺伝子

癌の危険因子

生活習慣病#生活習慣病などのリスクファクターを改変
疾患 危険因子 防御因子
悪性腫瘍 胃癌 塩辛い食品、喫煙、くん製製品、ニトロソアミン土壌、腸上皮化生Helicobacter pyroli ビタミンC、野菜、果実
食道癌 喫煙飲酒、熱い飲食物 野菜、果実
結腸癌 高脂肪食、肉食、低い身体活動、腸内細菌叢の変化、遺伝(家族性大腸腺腫症)  
肝癌 HBVキャリア・HCVキャリア、アフラトキシン住血吸虫飲酒  
肺癌 喫煙(特に扁平上皮癌)、大気汚染、職業的暴露(石綿(扁平上皮癌悪性中皮腫)、クロム) 野菜、果実
膵癌 高脂肪食喫煙  
口腔癌 喫煙(口唇・舌-パイプ)、ビンロウ樹の実(口腔)、飲酒  
咽頭癌 EBウイルス(上咽頭癌)、飲酒  
喉頭癌 喫煙男性アルコール  
乳癌 高年初産、乳癌の家族歴、肥満、未婚で妊娠回数少ない、無授乳、脂肪の過剰摂取、低年齢初経、高年齢閉経 母乳授乳
子宮頚癌 初交年齢若い、早婚、多産、性交回数が多い(売春)、貧困、不潔]、HSV-2HPV流産、人工妊娠中絶回数が多い  
子宮体癌 肥満糖尿病ピルエストロゲン常用、未婚、妊娠回数少ない、乳癌後のタモキシフエン内服  
膀胱癌 喫煙鎮痛剤乱用、ビルハルツ住血吸虫サッカリン防腐剤  
皮膚癌 日光(紫外線)、ヒ素(Bowen病)  
白血病 放射線ベンゼン、地域集積性(ATL)、ダウン症(小児白血病)  
骨腫瘍 電離放射線  
甲状腺癌 ヨード欠乏または過剰  



生活習慣病」

  [★]

lifestyle-related disease


  • 古くは成人病

生活習慣病などのリスクファクター (サブノート.155 改変)

疾患 危険因子 防御因子
悪性腫瘍 胃癌 塩辛い食品、喫煙、くん製製品、ニトロソアミン土壌、腸上皮化生Helicobacter pyroli ビタミンC、野菜、果実
食道癌 喫煙飲酒、熱い飲食物 野菜、果実
結腸癌 高脂肪食、肉食、低い身体活動、腸内細菌叢の変化、遺伝(家族性大腸腺腫症)  
肝癌 HBVキャリア・HCVキャリア、アフラトキシン住血吸虫飲酒  
肺癌 喫煙(特に扁平上皮癌)、大気汚染石綿(扁平上皮癌悪性中皮腫) 野菜、果実
膵癌 高脂肪食喫煙  
口腔癌 喫煙(口唇・舌-パイプ)、ビンロウ樹の実(口腔)、飲酒  
咽頭癌 EBウイルス(上咽頭癌)、飲酒  
喉頭癌 喫煙男性アルコール  
乳癌 高年初産、乳癌の家族歴、肥満、未婚で妊娠回数少ない、無授乳、脂肪の過剰摂取、低年齢初経、高年齢閉経 母乳授乳
子宮頚癌 初交年齢若い、早婚、多産、性交回数が多い(売春)、貧困、不潔]、HSV-2HPV流産、人工妊娠中絶回数が多い  
子宮体癌 肥満糖尿病ピルエストロゲン常用、未婚、妊娠回数少ない、乳癌後のタモキシフエン内服  
膀胱癌 喫煙鎮痛剤乱用、ビルハルツ住血吸虫サッカリン防腐剤  
皮膚癌 日光(紫外線)、ヒ素(Bowen病)  
白血病 放射線ベンゼン、地域集積性(ATL)、ダウン症(小児白血病)  
骨腫瘍 電離放射線  
甲状腺癌 ヨード欠乏または過剰  
バーキットリンパ腫 EBウイルス  
循環器疾患 脳出血 高血圧、重筋肉・夜勤労働、蛋白摂取不足、低アルブミン血症食塩、家族歴、初老期の男、過度の習慣性飲酒、ストレス寒冷  
脳梗塞 高血圧運動不足糖尿病肥満食塩喫煙家族歴加齢高脂血症 有酸素運動
虚血性心疾患 高血圧高脂血症喫煙HDLコレステロール低値、糖尿病肥満、過度の飲酒、運動不足年齢ストレス 適度の飲酒
高血圧疾患 寒冷食塩肥満飲酒カリウム(野菜、果物)の摂取不足、ストレス 減量
2型糖尿病 家族歴肥満脂肪の過剰摂取運動不足喫煙、薬剤(降圧薬etc.)  
肝硬変 HCVHBV、飲酒(多量)  


放射線障害」

  [★]

radiation damage, radiation injury, radiation hazard
放射能症、電離放射線障害 radiolesion ionizing radiation injury放射線の危険性 radiation risk
放射線放射能放射性核種


全身被爆の症状と予後 RNT.322

全身被爆線量 前駆症状(%) 潜伏時間 死因 症状 死亡率(%)
~2 0~50 >3 hr   無症状~軽度の血球現象 0~10
2~10 100 0.5-3 hr 骨髄死 血球現象→感染、出血 0~90
10~20 100 0.5 hr 消化管死 嘔吐・下痢・吐血・下血・脱水 90~100
50 100 several min. 中枢神経死 脳浮腫→けいれん、意識障害 100
*前駆症状:悪心、嘔吐、めまい、全身倦怠感、発熱
  • 末梢の血球への影響はリンパ球>その他の白血球>血小板>赤血球


SUB 449

身体的影響 早期障害 骨髄抑制嘔吐下痢下血放射線宿酔 確定的影響(閾値有り)
皮膚紅斑潰瘍脱毛
不妊、脳浮腫
晩期影響 白内障胎児奇形
遺伝的影響 白血病、癌 確率低影響(閾値無し)
染色体異常など

メモ

111018
  • 放射線による慢性的な障害は、ふくしまの件では微々たるものなのでは?
  • 大気汚染、喫煙、飲酒による健康への障害の方が遙かに大きい。
  • 問題は、放射線への知識が貧弱すぎること(いわゆる文系馬鹿のマスコミが煽る)と、放射線を積極的に回避しづらいことである。
  • 例えば、大気汚染は外出を控えることで避けられるし、喫煙は吸わないこと、副流煙を吸わないことで回避できる。飲酒は飲まなければよい。
  • しかし、放射線からは距離を置く、放射性同位体を含む物を摂取しないことしか回避できない。
  • しかも、どれだけ体内被曝することで、どれだけ生命予後に影響を及ぼすかは不明である。
  • 政府が基準値を定めているが、その値は次々と変更され、疑心暗鬼を生じる原因となってしまった。



被曝線量」

  [★]

exposure dose
照射線量放射線、線量率

自然放射線による被曝線量

参考1改変
線量率に変換
  • 日本:2.4 mSv/y
  • 飛行機による海外旅行:0.1 mSv/flight
  • メキシコ:10m Sv/y
  • イラン(ラムサール地方):30-140 mSv/y

医療放射線による被曝線量

参考1改変
  • 頭部撮影:0.05 mSv/exposure
  • 胸部撮影:0.07 mSv/exposure
  • 腰椎撮影:0.17 mSv/exposure
  • 胸部CT検査:5.18 mSv/expose
  • 腹部CT検査:8.62 mSv/expose
  • 頭部CT検査:3.19 mSv/expose
  • 胃バリウム検査:4.80 mSv/exposure
  • 大腸バリウム検査:7.40 mSv/exposure
  • 血管造影検査:20-80 mSv/exposure



放射線感受性」

  [★]

radiosensitivity, radiation sensitivity
放射線ベルゴニー・トリボンドの法則
  • リンパ組織 > 骨髄 > 生殖腺 > 腸上皮 > 口腔粘膜・皮膚上皮 > 水晶体 > 腎・肝 > 肺 > 筋肉 > 骨 > 神経細胞
子供の場合、骨は感受性が高い 


放射線宿酔」

  [★]

radiation sickness, radiotoxemia
X線宿酔 X-ray sickness、放射線症候群 radiation syndrome
放射線障害
  • 身体的影響の早期障害
  • 確定的影響
  • 種々の電離放射線の照射によって、時に起こる全身倦怠、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、頭痛などの症状。


放射線誘発癌」

  [★]

radiation-induced cancer
X線癌 X-ray cancerレントゲン癌 roentgen cancer
放射線誘発腫瘍放射線



放射線源」

  [★]

radiation source
RI被曝管理


分子放射線生物学」

  [★]

molecular radiation biology


放射」

  [★]

radiationbeamradiateemitbeamradiativeradiant
照射照射性排出ビーム放散放射状放射線放射線照射


線」

  [★]

linestring
裏打ち系統ライン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3