支台歯形成

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 歯科臨床 基礎のそを学ぶ:第4 回 支台歯形成
  • 谷尾 和正
  • 日本顎咬合学会誌 咬み合わせの科学 34(1-2), 76-77, 2014
  • NAID 130004709122
  • 天然歯形態を把握する : 第2報 支台歯形成の指標を模索
  • 安光 崇洋,貞光 謙一郎,島田 卓也,櫻井 健次,木村 拓郎,福山 房之助,加藤 泰二,野田 欣志
  • 歯科審美 = Journal of esthetic dentistry 25(2), 114-121, 2013-03-01
  • NAID 10031163404

関連リンク

支台歯形成における支台歯形態については、保持・抵抗・予防・便宜・審美形態など必要な諸因子を考慮したうえで①歯質の十分な抵抗力とCrの保持②形成面を十分に被覆③適切な辺縁形態④切削量、歯髄・歯周組織への刺激を最小限 ...
補綴修復を成功に導く鍵の1つは支台歯形成です。ジルコニアやセラミックス補綴物の支台歯形成はPFMの場合と異なる点があります。その違いや形成のポイントを動画で見てみましょう。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事形成

形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡