擽感

出典: meddic

和文文献

  • 299 擽感に関する一研究 : (1) 擽感(レキカン)問題の概観、擽度mapの試作(発達B(10),口頭発表)
  • 野中 実
  • 日本教育心理学会総会発表論文集 (34), 108, 1992-08-25
  • NAID 110008132886

関連リンク

元来くすぐったい所は、軟部組織内圧に異常がある所である。即ち、緊張が正常でない所証拠には、矯正すれば即時に、擽感(くすぐったい)が消失してしまうことである。 擽感は痛覚の一段前 で、潜在痛覚とみてもよい。
ローリング療法では、痛みを感じる部分より、くすぐったく感じる部分の方がより血行が悪いと判断されます。その証拠に、治療をして擽感が消えると、徐々に軽い痛みを感じるようになります。これは擽感が取れたことで、一段階 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡