摂食障害

出典: meddic

eating disorder ED, eating disturbance, eating pathology, anorexia, feeding disorder, problem with eating
食行動異常
神経性過食症食欲不振食欲不振症無食欲食欲低下食思不振栄養補給障害幼児摂食障害
ICD-10
F50

分類

ICD-10

F50 Eating disorders
F50.0 anorexia nervosa
F50.1 atypical anorexia nervosa
F50.2 bulimia nervosa
F50.3 atypical bulimia nervosa
F50.4 overeating associated with other psychological disturbances
F50.5 vomiting associated with other psychological disturbances
F50.8 other eating disorders
F50.9 eating disorder, unspecified


参考

  • 分類

[display]http://priory.com/psych/ICD.htm
[display]http://www.swedauk.org/disorders/definitions.htm





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/30 05:06:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 実務のしおり 矯正の現場から 万引きを繰り返す摂食障害患者の病態とその取り扱いに関して : 「収容か治療か問題」についての考察(1)
  • 摂食障害 : 拒食症と過食症 (特集 女性と犯罪)
  • 摂食障害,最近の動向と治療 (特集 機能性消化管障害 : 気のせいでない科学の裏付けと最新治療) -- (消化管以外をターゲットとする治療)
  • 須田 真史,石川 俊男
  • 診断と治療 103(8), 1087-1091, 2015-08
  • NAID 40020559488
  • 対人関係療法(IPT) (特集 精神療法の新しい展開)

関連リンク

疾患概念 単なる食欲や食行動の異常ではなく、1)体重に対する過度のこだわりがあること、 2)自己評価への体重・体形の過剰な影響が存在する、といった心理的要因に基づく食行動の重篤な障害です。摂食障害は大きく分けて、神経性 ...
摂食障害とは 摂食障害とは、過食症や拒食症のことを指します。しかし、これは異常なダイエットでも、食べすぎてしまうだけの病気でもありません。この2つは別々にされることが多いですが、現れ方が違うだけで、摂食障害という ...
精神疾患はいくつもありますが、その中でも今、摂食障害にかかる人が急増中です・・・。どんな病気なのかを説明します。 ... 基本的には拒食症、過食症、特定不能の摂食障害など3つのタイプに分けられます。また、あらわれる症状 ...

関連画像

摂食障害 | 毒女ニュースケシャ、摂食障害のため Anorexic Models don’t Always Look Like 摂食障害に悩んでおられるご 摂食障害と闘ってきたケシャ (c 摂食障害摂食障害チューイングれぽのTOP  摂食障害?|気になるニュース


★リンクテーブル★
先読み食欲不振」「anorexia
国試過去問103G067
リンク元神経性過食症」「ED」「feeding disorder」「食欲不振症」「食欲低下
拡張検索幼児摂食障害」「摂食障害症状
関連記事障害」「摂食」「

食欲不振」

  [★]

anorexia, hypophagia
食思不振

食欲不振をきたす疾患

  • 生理的要因:ストレス、運動不足、過労、睡眠不足、宿酔、妊娠
  • 消化器疾患:
  • 口腔:口腔炎、口腔癌、
  • 食道:食道癌、食道潰瘍、食道炎
  • 胃:胃潰瘍、胃癌、胃炎、AGML
  • 十二指腸:十二指腸潰瘍
  • 小腸、大腸:悪性腫瘍(大腸癌)、吸収不全症候群、炎症(炎症性腸疾患、感染性の腸炎)、イレウス
  • 肝臓:肝炎、肝硬変、肝癌
  • 胆道:胆道癌、胆管炎、胆嚢炎、胆石症
  • 膵臓:膵癌、膵炎
  • 腹膜:腹膜炎(急性腹膜炎、癌性腹膜炎)
  • 呼吸器疾患:気管支喘息、肺気腫、肺癌、気管支炎、肺炎、呼吸不全
  • 循環器疾患:高血圧、心不全、狭心症、心筋梗塞
  • 内分泌疾患:甲状腺クリーゼ、甲状腺機能低下症、アジソン病、シモンズ病、副甲状腺機能亢進症。
  • 代謝性疾患:糖尿病ケトアシドーシス、ビタミン欠乏症、微量元素欠乏症、ファンコニ症候群
  • 腎疾患:腎炎、腎不全、尿毒症
  • 脳神経疾患:脳血管疾患(脳出血など)、脳炎、脳腫瘍、頭部外傷、髄膜炎
  • 感染症:急性化膿性扁桃炎、麻疹、猩紅熱、ジフテリアなど。病原性大腸菌、食中毒。結核、非結核性抗酸菌、チフス菌。インフルエンザ、伝染性単核球症。アスペルギルス、カンジダ。
  • 膠原病:全身エリテマトーデス、全身硬化症
  • 血液疾患:貧血(悪性貧血など)、悪性リンパ腫、白血病
  • 薬物性・中毒性:アルコール、鎮痛薬、モルヒネ、覚醒剤、抗菌薬、抗悪性腫瘍薬、ジギタリス、アミノフィリン、ニコチン、工業用薬品
  • 精神疾患:神経性食思不振症、うつ病、陶業失調症、神経症、アルコール依存症。
  • 産科:妊娠中毒症、妊娠悪阻



anorexia」

  [★] 食欲不振

WordNet   license wordnet

「a prolonged disorder of eating due to loss of appetite」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(神経性の)食欲減退(不振)」


103G067」

  [★]

  • 次の文を読み、65~67の問いに答えよ。
  • 33歳の女性。何もする気になれないことを主訴に夫に伴われて来院した。
  • 現病歴:31歳時、運転中に突然、息苦しさ、動悸、冷汗およびめまいが出現し、気が遠のき、死ぬのではと恐怖に駆られて近医を受診した。処置を受けて発作は落ち着いたが、その後同様の発作がしばしば起こるようになり、内科、脳外科、婦人科および耳鼻科の受診を繰り返した。「また発作が起きるのでは」という心配も強くなった。次第に銀行やデパートやスーパーへも出かけられなくなった。ここ1年間は外出を極力控え家に閉じこもるようになった。徐々に気分が落ち込み、将来に悲観的となり、物事に興味を失い、家事もやりたくない。熟睡できず、食欲が落ち、体重が1年で8kg減少した。現在も発作は時々起こっている。
  • 既往歴:月経前に体調不良となる傾向があった。
  • 生活歴:生来明るい性格で、友人も多かった。高校卒業後、事務職として働いていた。22歳時に結婚し、2児を育て専業主婦として過ごしていた。
  • 現症:意見は清明。身長162cm、体重45kg。体温36.5℃。脈拍72/分、整。血圧120/76mmHg。
  • 考えられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103G066]←[国試_103]→[103G068

神経性過食症」

  [★]

bulimia nervosa BN
神経性大食症
大食症過食症摂食障害神経性食思不振症 AN
[show details]

概念

  • 自制困難な摂食の欲求を生じ、短時間に大量の食物を強制的に摂取するが、病的な肥満への恐怖から、その後嘔吐、下剤の乱用、翌日の摂食制限、絶食などを行う。
  • 体重は神経性食思不振症ほどには減少しないが、標準体重よりは低い。
  • 病識があり、過食後に無力感、抑うつ気分、自己卑下を伴う。
  • 活動性は低下する。
  • 若い女性に多い。
  • 有病率は若い女性において、英国で1.5-3.8%、米国で2.2-3.5%で認められ、神経性食思不振症より10-20倍程度多い。
  • 神経性食思不振症のように無月経、希発月経を生じることは少ない。
  • 嘔吐、下剤の使用により代謝性アシドーシスを呈することがある。


診断基準

ICD-10

  • (a)持続的な摂食への没頭と食物への抗しがたい渇望が存在する。患者は短時間に大量の食物を食べつくす過食のエピソードに陥る。
  • (b)患者は食物の太る効果に、以下の1つ以上の方法で抵抗しようとする。すなわち、自ら誘発する嘔吐、緩下薬の乱用、交代して出現する絶食期、食欲抑制薬や甲状腺末、利尿薬などの薬剤の使用。糖尿病の患者に過食症が起これば、インスリン治療を怠ることがある。
  • (c)この障害の精神病理は肥満への病的な恐れから成り立つもので、患者は自らにきびしい体重制限を課す。それは医師が理想的または健康的と考える病前の体重に比べてかなり低い。双方の問に数ヵ月から数年にわたる間隔をおいて神経性無食欲症の病歴が、常にではないがしばしば認められる。この病歴のエピソードは完全な形で現れることもあるが、中等度の体重減少および/または一過性の無月経を伴った軽度ではっきりしない形をとることもある。

鑑別診断

  • (a)反復性の喝吐を招くような上部消化管の障害(特異的な精神病理を欠く)。
  • (b)より全般的なパーソナリティの異常(摂食障害はアルコール依存や万引きのような軽犯罪を伴うことがある)。
  • (c)うつ病性障害(過食症患者はしばしば抑うつ症状を経験する)。


神経性食思不振症と神経性過食症

PSY.305
  神経性食思不振症
(AN)
神経性過食症
(BN)
精神症状 やせ願望 必発(強い) 必発(必ずしも強くない)
肥満恐怖 必発 必発
身体像の障害 伴う 伴う
病識 乏しい 病感を有する
その他の精神症状 抑うつ、不安、強迫症状、失感情症など 抑うつ、不安、強迫症状、失感情症など
身体症状 体重減少 低体重 標準体重~肥満
  月経異常 無月経 一部は無月経
  その他の身体症状 徐脈、低体温、低血圧、浮腫、産毛の密生など 浮腫、過食後の微熱など
行動異常 摂食行動 拒食、不食、摂食制限、隠れ食い、盗み食い、過食 過食、だらだら食い、絶食、摂食制限、隠れ食い、盗み食い
  排出行動 嘔吐、下剤の乱用、利尿剤の乱用 嘔吐、下剤の乱用利尿剤の乱用
  活動性 過活動 低下
問題行動 自傷行為、自殺企図、万引き、薬物乱用など 自傷行為、自殺企図、万引き、薬物乱用など

参考

  • 1. 摂食障害とは
[display]http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_eat.html
  • 2.
[display]http://www.lifeseed.info/doc2/dms1.html
  • 3.
[display]http://d.hatena.ne.jp/iDES/20060315/1142389117

uptodate

  • 1. [charged] 摂食障害:治療および転帰 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 摂食障害:疫学、病因、および臨床的特徴の概要 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 成人における神経性過食症および気晴らし食い症候群:内科的合併症およびその管理 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 成人における神経性過食症:臨床的特徴、診断、および評価 - uptodate [4]
  • 5. [charged] 成人の神経性過食症:薬物療法 - uptodate [5]



ED」

  [★]



feeding disorder」

  [★]

栄養補給障害幼児摂食障害摂食障害

anorecticanorexiaanorexiceating disorder


食欲不振症」

  [★]

anorexia, loss of appetite
食欲不振摂食障害無食欲食欲低下食思不振


食欲低下」

  [★]

anorexia
食欲不振摂食障害食欲不振症無食欲食思不振食欲不振


幼児摂食障害」

  [★]

feeding disorder
摂食障害栄養補給障害


摂食障害症状」

  [★]

eating disorder symptom


障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


摂食」

  [★]

feedingeatingfeed
与える、食事フィード哺乳養う


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡