損傷電流

出典: meddic

injury current
負傷電流


和文文献

  • 微弱電流の生体への作用
  • 林 達敏
  • 柔道整復・接骨医学 = Japanese journal [of] judo therapy 6(4), 211-212, 1998-04-30
  • NAID 10027294590
  • 損失誘電体の付加による生体内誘導電流分布の制御
  • 牛尾 剛,津浪 克行,中川 健,早田 叔弘
  • 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 1997年.通信(1), 234, 1997-08-13
  • … この圧迫力により骨の圧電気現象が起こり, 周囲より損傷電流と呼ばれる電流が流入し, 仮骨組織が形成され, 骨折治癒を促進させる. …
  • NAID 110003341777

関連リンク

この状況、つまり電位が乱れた状態を解消する為に、正常な細胞から「損傷電流」と 呼ばれるプラスの電流が 流れてきます。 この損傷電流がプラスを帯びているので損傷 してマイナスの電位になった部分がプラスの正常な電位に戻り、 細胞が再び元気になり ...
もちろん脳などの中枢神経は 大活躍していますが、人の細胞は構造も働きも複雑 過ぎるのです。 だから変調をきたすと修復が大変なのです。(損傷電流と 代謝副産物の 生成されて痛みとして感じてしまいます) そこで体の外から、適切な波長の電流を流して 、 ...

関連画像

治療案内・コラム - 町屋 整骨 微弱電流とは、損傷した細胞に 電流を流すことにより、損傷 微弱電流治療器ソーマダインと  損傷部の電流密度推定方この損傷電流の強さは、およそ


★リンクテーブル★
関連記事損傷

損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡