採血法

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/10/12 19:36:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 繁殖豚の尾静脈採血法の検討
  • 原発性アルドステロン症治療法決定における副腎静脈採血の重要性とその限界 (AYUMI 原発性アルドステロン症Update 2013)
  • 大村 昌夫,西川 哲男
  • 医学のあゆみ 247(7), 599-605, 2013-11-16
  • NAID 40019867664

関連リンク

採血法(さいけつほう)とは、血液検査・血液培養検査などの臨床検査を行う上で重要な 医学的手法の一つで、生体の血液を採取する方法である。一般には、静脈から採血する 静脈採血と、動脈から採血する動脈採血に分けられる。
採血時の姿勢は、臨床検査値に影響を与える外的要因として知られており、毛細血管と 膠質浸透圧との変化がその大きな原因の一つと考えられています。例えば、肘静脈 採血における姿勢の影響では、細胞成分や蛋白質は仰臥位よりも立位の方が5~15% も ...

関連画像

自己採血法注射・採血法採血実習差換え-2.jpgJCCLS標準採血法ガイドライン


★リンクテーブル★
関連記事採血」「

採血」

  [★]

collection of blood, blood withdrawal
  • 上肢に点滴している場合には、反対側の上肢、下肢、同側の末梢の優先順位で行う



法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡