挿入配列

出典: meddic

insertion sequence, IS




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • イントロンへの挿入配列が遺伝子発現量を調整する : ブドウ果皮の着色を決定するMybA1の新たな発現制御機構の発見
  • 鈴木 俊二,藤田 景子
  • 化学と生物 50(10), 706-707, 2012-10-01
  • NAID 10031123221
  • ゲノムライブラリーを用いたソバ13Sグロブリンにおける反復挿入配列の解析
  • 佐野 まどか,中川 真梨子,安井 康夫,田中 朋之
  • 日本作物學會紀事 81, 152-153, 2012-09-09
  • NAID 10030872455
  • 2PT003 配列順序に依存しない構造関係性を用いた長い挿入配列の構造モデリング(日本生物物理学会第50回年会(2012年度))
  • Nakagawa Yuki,Minami Shintaro,Sawada Kengo,Chikenji George
  • 生物物理 52(SUPPLEMENT_1), S120, 2012-08-15
  • NAID 110009585125

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元IS
関連記事配列」「挿入」「

IS」

  [★] 挿入配列 insertion sequence


配列」

  [★]

sequencearrangementarrayconstellationarrangesequential
協定経時的系列結果シークエンスシーケンス順序準備筋道整列取り計らう配置配列決定連続連続的逐次結果としての時系列並べるアレイ順次整理


PHP関数

array_unique()

	for ( $i = 0 ; $i < 5 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 1;
	}
	for ( $i = 5 ; $i < 15 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 2;
	}
	for ( $i = 15 ; $i < 20 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 3;
	}

	$a['w'][5]=100;
	$a['w'][15]=100;

var_dump($a);
	$b = array_unique($a['w']); #配列 重複キー 消去

var_dump($b);

-----
array(2) { 
	["w"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [5]=> int(100) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [15]=> int(100) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 
	["m"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(1) [1]=> int(1) [2]=> int(1) [3]=> int(1) [4]=> int(1) [5]=> int(2) [6]=> int(2) [7]=> int(2) [8]=> int(2) [9]=> int(2) [10]=> int(2) [11]=> int(2) [12]=> int(2) [13]=> int(2) [14]=> int(2) [15]=> int(3) [16]=> int(3) [17]=> int(3) [18]=> int(3) [19]=> int(3) } } 

array(18) {
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 

配列の要素の除去

array_pop

  • 配列のインデックスから、末尾にあるインデックス1つを取り除く。指定した変数の配列が空だった場合には、null が帰される。

配列の結合

  • 1. +演算子。同じキーを上書きする。
  • 2. array_push(array, array)とすると、出力が array([0]->array, [1]->array)になる。
  • 3. array_match(out_array, add_array)これでokだが、add_array = array();だとエラーが起こるので、適当なトラップが必要。 ← array_mergeの間違えでしょ?

配列要素の結合

$str = implode('/',$array);

配列の要素表示

  • var_dump()
  • print_r();


挿入」

  [★]

insertion
[[]]


PHP

(参考1より引用)
  • 配列の任意の位置に要素を挿入
/* [関数名] array_insert
 * [機 能] 配列の任意の位置へ要素を挿入し、挿入後の配列を返す
 * [引 数]
 * @param array  &$array 挿入される配列(参照渡し)
 * @param string $insert 挿入する値
 * @param string $pos    挿入位置(先頭は0)
 * [返り値]
 * @return bool  $flag   成功した場合にTRUE、そうでないにFALSEを返す
*/
function array_insert ( &$array, $insert, $pos ) {
    //引数$arrayが配列でない場合はFALSEを返す
    if (!is_array($array)) return false;
    //挿入する位置~末尾まで
    $last = array_splice($array, $pos);
    //先頭~挿入前位置までの配列に、挿入する値を追加
    array_push($array, $insert);
    //配列を結合
    $array = array_merge($array, $last);
    return true;
}

参考

  • 1.
http://phpjavascriptroom.com/exp.php?f=include/php/tips_array/ainsert.inc&ttl=%E9%85%8D%E5%88%97%E3%81%AE%E4%BB%BB%E6%84%8F%E3%81%AE%E4%BD%8D%E7%BD%AE%E3%81%AB%E8%A6%81%E7%B4%A0%E3%82%92%E6%8C%BF%E5%85%A5


列」

  [★]

rowtiertrain
作条訓練、層、



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡