指尖潰瘍

出典: meddic

finger tip ulcer



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抗核抗体が陰性であった全身性強皮症の1例 (特集 強皮症)
  • 牧野 貴充,丸尾 圭志,古城 八寿子 [他]
  • 皮膚科の臨床 49(4), 435-437, 2007-04
  • NAID 40015438535
  • 症例 好酸球増多症候群に伴い多発性指尖潰瘍を生じた1例
  • 井上 有紀子,八幡 陽子,村上 信司 [他]
  • 皮膚科の臨床 49(2), 179-183, 2007-02
  • NAID 40015244196

関連リンク

2008年6月21日 ... 強皮症・指尖潰瘍に対するボセンタンの、新規発症予防効果です。 (Arthritis & Rheumatism 2004;50:3985-93) P:12ヶ月以内に指尖潰瘍の既往のある強皮症( diffuse38%、limited62%)のPt122名に対して. E:ボセンタン投与 ...
2003年2月20日 ... 症例は40代の女性。20代半ばに指の冷感(レイノー症状)から発症し,強皮症の診断を 受け,某大学病院で肺線維症,指の潰瘍などの治療を受けている。指尖部の潰瘍が 治癒せず,整形外科から全ての指の切断(それも基節部での切断)しか ...

関連画像

dermatose-causas-sintomas-e-tratamento-9localisation: fingerdiagnosis: Chilblain 内科的診療小児の手掌3度熱傷: プラスモ 小児の手掌3度熱傷: プラスモ diagnóstico: Lupus pernio o sarcoidosis


★リンクテーブル★
国試過去問104C026
関連記事潰瘍

104C026」

  [★]

  • 次の文を読み、26、27の問いに答えよ。
  • 45歳の女性。右膝関節の腫れを主訴に来院した。
  • 現病歴   6か月前から両側の手首や手指の関節が痛みだしたが放置していた。朝起きてから30分間は手足を動かしにくい。2過はど前から両膝が痛み、特に右膝が腫れてきた。
  • 既往歴   特記すべきことはない。
  • 生活歴   喫煙は10本/日を20年間。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴  母が慢性甲状腺炎(橋本病) 。従姉がSjogren症候群
  • 現 症  身長155cm、体重45kg。体温36.5℃。脈拍72/分、整。血圧132/74mmHg。左手関節に腫脹と圧痛とがあり、右膝関節に関節液貯留を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白(-)、糖(-)。血液所見: 赤血球 317万、Hb 9.5g/dl、Ht 26%、白血球 11,000、血小板 45万。血液生化学所見: 総蛋白 7.2g/dl、アルブミン 3.7g/dl、クレアチニン 1.0mg/dl、尿酸 6.5mg/dl、総コレステロール 210mg/dl、トリグリセリド 105mg/dl、AST 27IU/l、ALT 30IU/l、アミラーゼ 85IU/l(基準37-160)、Na 137mEq/l、K 3.8mEq/l、Cl 105mEq/l、TSH 3.5μU/ml(基準0.2-4.0), FT3 2.6pg/ml(基準2.5-4.5)、FT4 0.9ng/dl(基準0.8-2.2)。免疫学所見: CRP 5.8mg/dl、リウマトイド因子(RF) 80IU/ml(基準20未満)、CH50 55U/ml(基準30-50)、免疫複合体陰性。
  • この病態でみられる身体所見はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104C025]←[国試_104]→[104C027

潰瘍」

  [★]

ulcer
ulcus
びらん
  • 粘膜の損傷が粘膜筋板に達し、その筋層を貫通した場合。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡