指圧痕

出典: meddic

digital impression, digital marking
脳回圧痕 convolutional marking, convolutional impression, 脳回陥没陰影



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 静脈硬化性大腸炎の1切除例
  • 渡邉 卓哉,石榑 清,藤岡 憲,堀場 隆雄,平井 敦,伊藤 洋一
  • 日本消化器外科学会雑誌 41(9), 1729-1734, 2008-09-01
  • … 症例は68歳の女性で,下痢と下血を主訴に来院した.注腸造影X線検査では盲腸から下行結腸にかけてハウストラが消失し,内腔は狭小化して,一部に母指圧痕像もみられた.下部消化管内視鏡検査では同部位に粘膜の浮腫,びらんを認め,虚血性腸炎が疑われた.整腸剤による保存的治療にて経過観察された.下痢が続くため,約5か月後に下部消化管内視鏡検査が施行されたが,病状は変化していなかった.初診時より腹部単純X線検査, …
  • NAID 110006894499
  • S状結腸・小腸瘻を呈した壊死型虚血性大腸炎の1例
  • 秋元 正年,鎌田 敦志,阿部 福光,佐藤 眞,渡辺 純夫,南條 博
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 102(10), 1315-1320, 2005-10-05
  • … 67歳男性.下腹部痛,下血のため入院.大腸内視鏡検査では粘膜壊死,注腸X線検査では直腸からS状結腸に拇指圧痕像をそれぞれ認め壊死型虚血性大腸炎と診断した.腹膜刺激症状を呈さず,高カロリー輸液にて症状は改善したが,経過中,S状結腸の高度狭窄,S状結腸・小腸瘻を認め待期的に直腸前方切除術,小腸部分切除術を施行した.S状結腸・小腸に瘻孔を形成した壊死型虚血性大腸炎は極めてまれな症例と考え …
  • NAID 10016861134

関連画像

 母 指圧 痕 像 thumb printing sign所見 頭蓋骨 広範囲 に 指圧  部は脳隆起、指圧痕が著しいボツボツ が 足の裏 に つ いた


★リンクテーブル★
関連記事圧痕

圧痕」

  [★]

impression
印象感銘所見圧迫痕




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡