拡張期雑音

出典: meddic

diastolic murmur, DM
心雑音拡張期性心雑音

  • 拡張期に聴取される雑音
  • 健常者では聴取されないので、拡張期に雑音を聴いたら病的 ⇔ 収縮期雑音として無害性雑音を聴取しても問題ない

diastolic murmurs (PHD.42)

  • early decrescendo:ARPR(left sternal border)
  • mid-to-late:MS(mitral area), PS(tricuspid area)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 紐状疣贅の塊状形態への増大に伴って楽音様拡張期雑音が消失した感染性心内膜炎の1例
  • 横井 靖世,福田 信夫,福田 大和 [他]
  • 日本心臓病学会誌 : Journal of cardiology. Japanese edition 7(1), 8-13, 2012-02
  • NAID 40019202031
  • 心雑音 (日常診療でよくみる症状・病態--診断の指針・治療の指針) -- (胸部の異常)
  • 心雑音 (特集 これが大切! 1カ月以内の新生児疾患) -- (症候からみた鑑別診断のしかた)

関連リンク

拡張期雑音 diastolic murmur(DM) 「概念」 Ⅱ音からⅠ音にかけて聞える雑音のこと。 ① 大動脈弁閉鎖不全 大動脈が閉じ難いため、 左心室に血液が逆流して起こる雑音。 Ⅱ音の後に、高い連続雑音が聞こえる。 ② 僧帽弁狭窄
時相によって,収縮期雑音・拡張期雑音 ・連続雑音などと分類する。心雑音は,雑音の強さ・周波数の高低・波形・音質・聴取部位・放散方向によっても特徴づけられる。 心雑音の 発生には,心外性雑音は別として,血流の存在が必須条件 ...
獣医の皆様向けのページです。心音の拡張期雑音についてご確認いただけます。 ... 2-2 拡張期雑音の鑑別リスト 拡張期雑音の鑑別リスト 動脈弁の逆流 肺動脈弁閉鎖不全 大動脈弁閉鎖不全 房室弁の狭窄(まれ)

関連画像

Graham Steell雑音 ⇒肺高血圧を 収縮期クリック音、連続性雑音 拡張期雑音スライド 16 / 29収縮期雑音 拡張 期 雑音 3 拡張 期 雑音拡張期雑音


★リンクテーブル★
先読みDM
国試過去問099I010」「107F028」「106G046」「096B029」「098H026
リンク元心雑音」「拡張期ランブル」「diastolic」「Flint murmur」「拡張期性心雑音
拡張検索心尖部拡張期雑音
関連記事雑音」「拡張」「」「拡張期

DM」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Deutsche mark」

099I010」

  [★]

  • 次の文を読み、10~12の問いに答えよ。
  • 68歳の女性。前胸部痛と呼吸困難とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 3週前から咳嗽と労作時息切れとが出現し、昨日から吸気時に増強する前胸部痛と安静時の呼吸困難とを自覚するようになった。
  • 既往歴 : 2年前に肺癌の手術と化学療法とを受けた。
  • 現症 : 苦悶様顔貌。身長158cm、体重48kg。体温36.6℃。呼吸数24/分。脈拍116/分、整。血圧74/52mmHg。頚静脈の怒張を認める。胸部にラ音を聴取しない。腹部では肝を右肋骨弓下に3cm触知する。両下腿*に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球320万、Hb9.7g/dl、Ht31%、白血球9,600、血小板18万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.2g/dl、クレアチニン0.8 mg/dl、AST50単位、ALT35単位、LDH380単位(基準176~353)、CK36単位(基準10~40)。CRP2.6 mg/dl。心電図(別冊No.2A)と心エコー図(別冊No.2B)とを別に示す。
  • この患者でみられるのはどれか。
  • (1) 心音が減弱する。
  • (2) 静脈圧が上昇する。
  • (3) 右房が拡大する。
  • (4) 拡張期雑音を聴取する。
  • (5) 吸気時に脈が微弱になる。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)


[正答]


※国試ナビ4※ 099I009]←[国試_099]→[099I011

107F028」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 19歳の男性。左胸痛を主訴に来院した。
  • 現病歴:昨日の夕方、散歩中に左胸の痛みに気付いた。深呼吸をするとさらに息が苦しくなる感じがした。自宅で様子をみていたが改善しないため、本日朝、徒歩で来院した。胸痛は我慢できないほどではない。
  • 既往歴:12歳時に虫垂切除術
  • 家族歴:祖父が肺癌のため72歳で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長176cm、体重58kg。体温36.5℃。脈拍88/分、整。血圧124/72mmHg。呼吸数20/分。SpO2 97%(room air)。体位による痛みの変化を認めない。橈骨動脈の触知は良好で左右差を認めない。足背動脈の触知は良好で左右差を認めない。下腿浮腫を認めない。
  • この患者の身体所見で最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107F027]←[国試_107]→[107F029

106G046」

  [★]

  • 53歳の女性。会社の健康診断で心雑音を指摘され来院した。脈拍72/分、整。血圧132/60mmHg。胸骨左縁第3肋間を最強点とするII/VI度の拡張期雑音を聴取する。カラードプラ心エコー図(別冊No. 3)を別に示す。
  • この疾患で拡張期雑音を聴取しやすくするための手法はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106G045]←[国試_106]→[106G047

096B029」

  [★]

  • 成人で正しい組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096B028]←[国試_096]→[096B030

098H026」

  [★]

  • 僧帽弁狭窄症で聴取されるのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 098H025]←[国試_098]→[098H027

心雑音」

  [★]

heart murmur, cardiac murmur
拡張期雑音過剰心音レヴァイン分類

収縮期雑音 systolic murmur

拡張期雑音 diastolic murmur

continuous murmur

  • 連続的な圧較差の存在を示唆する
  • A. continuous:動脈管開存症 PDA:肺動脈弁領域。動脈管を流れる血流と雑音が比例するので、S2に向かって大きくなり、S1に向かって小さくなる。
  • B. to-and-fro: AS + AR, PS+ PR :S1~(収縮期:AS,PSによる駆出性雑音。ダイアモンド型)~S2, S2~(拡張期:MR,PRによる逆流性雑音。decrescendo)~S1 S1に向かって小さくなるので、連続音とは区別できるはず。

手技見えp.116

  • 僧帽弁開放音(OS):MS
  • 収縮中期クリック:MVP
  • 拡張期ランブル + 前収縮期雑音:MS
  • 拡張期灌水様雑音/拡張期逆流性雑音:AR、PR
  • 収縮期逆流性雑音:心尖部:MR

体位との関係

  胸壁に近づく部位  
左側臥位 心尖部 僧帽弁雑音(MR, MS)、僧帽弁開放音(OS)、III音IV音
座位前屈位 大動脈弁領域 大動脈弁閉鎖不全症(AR)
肘膝位 (心膜>-<心臓) 心膜摩擦音

呼吸との関係

右心系:三尖弁の雑音

  • 吸気時増強、呼気時減弱
吸うとき強く、吐くとき弱く
吸うと胸腔内圧が陰圧になり、静脈還流量が増加する

左心系:僧帽弁、大動脈弁の雑音

  • 吸気時減弱、呼気時増強
吸うとき弱く、吐くとき強く
胸腔内圧が上昇すると、肺から心臓に向かう血流が増加する(ホントニか?)ので、左心系の雑音が増強するのだ???????????

手技との関連

疾患別

MS

  • 概念:拡張期ランブル
  • 時相:拡張中期(open snap)に続いて。
  • 最強点:心尖部
  • 放散:
  • 体位:左側臥位
  • 音程:低音

MR

  • 概念:収縮期逆流性雑音
  • 最強点:心尖部
  • 放散:左腋窩
  • 体位:左側臥位
  • 呼吸:呼気
  • 音程:高音

AS

  • 概念:収縮期駆出性雑音
  • 最強点:2LSB
  • 放散:右鎖骨下動脈、右頚動脈
  • 体位:座位
  • 呼吸:呼気

AR

  • 概念:拡張期灌水様雑音
  • 時相:拡張期
  • 特徴:呼気で増強
  • 最強点:3LSB
  • 放散:
  • 体位:座位前屈位
  • 音程:高音

MVP

  • 概念:収縮期逆流性雑音
  • 時相:収縮期中期。クリック音の後から。
  • 音程:高音  ←  圧較差が大きいため

ASD

  • 概念:駆出期駆出性雑音
  • 最強点:2LSB
  • 放散:
  • 体位:

VSD

病態特異的な心雑音

  三尖弁閉鎖不全症 大動脈弁閉鎖不全症 大動脈弁狭窄症 僧帽弁閉鎖不全症 僧帽弁狭窄症
TR AR AS MR MS
心音

I音減弱

I音減弱

I音亢進

心雑音
過剰心音 
その他徴候
 




拡張期ランブル」

  [★]

diastolic rumble
心室充満雑音
拡張期雑音
僧帽弁狭窄症 MS三尖弁狭窄症 TS大動脈弁閉鎖不全症 AR


  • 拡張中期に房室血流によって生じる雑音。
  • 僧帽弁狭窄症三尖弁狭窄症で聴取される。
  • 2. Austin-Flint雑音オースチン・フリント雑音大動脈弁閉鎖不全症でも、拡張期の大動脈弁における逆流により、僧帽弁前尖の開放が制限されて相対的に僧帽弁狭窄を来し、拡張期ランブルとして聴取されうる。


diastolic」

  [★]

  • adj.
  • 拡張期の、弛緩期の
diastole

WordNet   license wordnet

「of or relating to a diastole or happening during a diastole」

Flint murmur」

  [★]

Flint murmur
オースチンフリント雑音 Austin Flint murmur
拡張期雑音


拡張期性心雑音」

  [★]

diastolic murmur
拡張期雑音


心尖部拡張期雑音」

  [★]

拡張期雑音僧帽弁逆流症


雑音」

  [★]

noise
ノイズ心雑音部分音



拡張」

  [★]

dilationdilatationenlargementextensiondilatedistendenlargeextenddilated
延ばす延長及ぶ拡大散大伸長伸展増大怒張伸びる広がる膨張拡張型伸び伸張

音」

  [★]

tonesound
緊張緊張度トーン響く健全


拡張期」

  [★]

diastole (Z)
弛緩期 relaxation period





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡