拡延性抑制

出典: meddic

spreading depression
伝播性抑制

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 片頭痛の病態研究および治療に関する最近の知見
  • 清水 利彦,柴田 護,鈴木 則宏
  • 臨床神経学 51(2), 103-109, 2011-02
  • NAID 40018714151
  • 特別講演 脳血管の神経支配と偏頭痛の病態 (第58回 全日本鍼灸学会学術大会(埼玉))
  • 鈴木 則宏
  • 全日本鍼灸学会雑誌 60(1), 23-31, 2010-02
  • NAID 40017018868

関連リンク

拡延性抑制とカルシウム拮抗剤 細胞外カリウムイオンの上昇とほぼ鏡像の関係でカルシウムイオンの低下がみられる(著者実験)。 動物実験は拡延性抑制中にカルシウム拮抗剤(flunaridine 5mg/kg ip )を投与すると、
はじめに 大脳皮質拡延性抑制(corticalspreadingdepres-sion;CSD)は1944年にLeãoによって報告され,神 経細胞やグリア細胞の一過性興奮とそれに続く持続的 な活動抑制が周囲に2~5mm minで伝播する一連の 反応である1).一過性 ...

関連画像

生理学教室 (拡延性抑制)前兆と拡延性抑制 拡延性抑制 皮質拡延性抑制のイメージ前兆と拡延性抑制 拡延性抑制 生理学教室 (拡延性抑制)三叉神経血管説の概略


★リンクテーブル★
リンク元伝播性抑制
拡張検索皮質拡延性抑制
関連記事抑制

伝播性抑制」

  [★]

spreading depression
拡延性抑制

皮質拡延性抑制」

  [★]

cortical spreading depression, CSD
拡延性抑制


抑制」

  [★]

inhibitionsuppressiondepressionrestraintinhibitsuppressdepressabrogaterestrain
うつ病拘束、制限、阻害阻止、低下、撤廃抑圧抑欝廃止取り消す抑止抑えるうつうつ状態サプレス制圧鬱病抑うつ抑うつ状態







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡