担子菌類

出典: meddic

basidiomycetesBasidiomycota
担子菌担子菌門

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/11/08 15:30:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 人工栽培が可能な食用担子菌類の木材腐朽力評価
  • 富樫 巌,打矢 いづみ
  • 旭川工業高等専門学校研究報文 51, 16-26, 2014-03
  • The wood degradation ability of seven kinds of edible mushroom that was cultivated artificially, was examined by measuring wood block mass losses of Japanese white birch and Todo fir at 25°C. Shiitake …
  • NAID 110009752068
  • 食用担子菌類の木材分解能力を検証する
  • 富樫 巌,打矢 いづみ
  • ニューフードインダストリー 56(2), 34-41, 2014-02
  • NAID 40019958498
  • 糸状菌の命名法の改訂
  • 矢口 貴志
  • Medical Mycology Journal 55(1), J13-J17, 2014
  • … 国際植物命名規約において,これまで多型的生活環をもつ高等菌類(子のう菌類と担子菌類)では例外的に1つの生物種を2つの学名で呼称すること(二重命名法)が認められていた.しかし,2011年7月にオーストラリア・メルボルンで開催された第18回国際植物学会で国際植物命名規約の大幅な改訂がなされ,1つの生物種に対して1つの学名を与える(1生物種1学名)統一命名法が高等菌類にも適用された.こ …
  • NAID 130003397217

関連リンク

担子菌類 たんしきんるい [学]Basidiomycota 有性生殖を経て担子器を生じ、その先に担子胞子を外生する菌類の総称。多くのものは肉眼的大きさの子実体(キノコ)をつくるが、少数のものはカビである。[寺川博典] 生態と栄養
菌類 菌類は、従属栄養生物であり、他の生物やその遺体などから吸収によって養分を獲得しています。細胞壁を持ち、多くは管状の細胞がつながった菌糸を形成し、胞子を形成する、基本的に運動性のない微生物です。

関連画像

担子菌類遺伝子資源 担子菌類の生活環の分類的には菌類(担子菌類  担子菌類 に 属 する 葉裏 のOriginal articles from our library related 担子菌類遺伝子資源


★リンクテーブル★
先読みBasidiomycota
リンク元担子菌門」「basidiomycetes
関連記事菌類

Basidiomycota」

  [★]

WordNet   license wordnet

「comprises fungi bearing the spores on a basidium; includes Gasteromycetes (puffballs) and Tiliomycetes comprising the orders Ustilaginales (smuts) and Uredinales (rusts) and Hymenomycetes (mushrooms, toadstools, agarics and bracket fungi); in some classif」
subdivision Basidiomycota, Basidiomycotina, subdivision Basidiomycotina


担子菌門」

  [★]

Basidiomycota
担子菌担子菌類


basidiomycetes」

  [★]

担子菌類

Basidiomycota

菌類」

  [★]

fungusfungi, Mycota
カビ糸状菌真菌真菌類





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1user/password 20
2ミタゾラム 効果 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
5多毛日本 12
61,1024,768,24 HTTP/1.1 8
7user/register 8
8ラクテック 8
9cefpodoxime proxetil BCS 8
10盲斑 7
111,320,568,24 HTTP/1.1 7
12日常生活自立度 6
13Salivary glands 5
14viraldeath解剖 5
15ルリッシュ症候群 5
16サイズの原理 筋電図 5
17メトロイリーゼ 4
18?mesterolon? Britain 4
19vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
20ハルトマン 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1user/password 9
2医の倫理 国際網領 4
3ハルトマン 3
4ソルデム 3
5顔面失行 3
6動脈血柱反射 3
7ワレンベルグ症候群 3
8monnro-kou 3
9扁平コンジローマ 3
10サーモグラフィー 末梢循環障害 2
11化学性腹膜炎 2
12高カルシウム血症 2
13シンプソン徴候 2
14自動性 2
15眼球圧迫法 2
16ポイツイエーガー症候群 2
17albright 症候群 2
18心窩部痛 2
19シドフォビル 2
20強皮症 下部食道蠕動運動 2