抗食菌作用

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Haemophilus pleuropneumoniaeヘモリジンの細胞障害作用における動物種特異性
  • 久米 勝巳,中井 豊次
  • 日本獣医学雑誌 48(5), 993-997, 1986-10-15
  • … pleuropneumoniaeの培養上清から調製したヘモリジンはコットンラット, モルモット, 及びブタ由来の肺胞マクロファージ(PMP)に対し顕著な細胞致死ならびに抗食菌作用を呈したが, マウス由来PMP細胞に対してはこれらの作用を示さなかった。 …
  • NAID 110003917445

関連リンク

また補体活性化因子やフィブリノーゲンと結合することで、抗食菌作用も持つ。またヒト 心筋のタンパク質(ミオシンやトロポミオシン)と共通の抗原性を持っており、宿主への 分子擬態に関与するとともに、これに対する抗体が自己反応性抗体として作用する ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事作用」「食菌

作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例

食菌」

  [★]

phagocytosismycophagyphagocytize
菌食性食作用貪食貪食性ファゴサイトーシス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡