抗躁薬

出典: meddic

antimanicantimanic agentantimanic drug、antimaniacal
気分安定薬 mood-stabilizing drug
抗躁病



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/29 13:00:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 検査値異常と薬剤(12)投与薬剤の検査値への影響 中枢神経系作用薬(6)
  • 米田 孝司,片山 善章,澁谷 雪子
  • 臨床検査 55(2), 193-202, 2011-02
  • NAID 40018700128
  • 抗躁薬リチウムの脳脊髄液移行メカニズムの解明
  • 石川 温子,河野 健太郎,坂江 利恵,二宗 朋子,合葉 哲也,川崎 博己,黒崎 勇二
  • 日本薬物動態学会年会講演要旨集 24(0), 227-227, 2009
  • NAID 130004639609
  • 日本近代向精神薬療法史(7)気分安定薬・抗躁薬

関連リンク

抗躁薬(こうそうやく) 躁うつ病の躁状態を和らげる薬です。 もっとも有名なのは炭酸リチウムです。 過量投与では「リチウム中毒」になり、けいれんや意識障害を起こすことがあります。 通常は、血中濃度をはかりながら適量を ...
抗躁薬 抗そう薬は、躁病・躁うつ病の治療や症状緩和などに使われます。 躁状態や、気分の変動が激しく不安定なケースなどには、躁病の治療に使う炭酸リチウムや、抗てんかん薬のカルバマゼピン、バルプロ酸ナトリウムなどを ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問084B090
リンク元腎排泄」「カルバマゼピン」「向精神薬」「躁病」「抗躁病
関連記事

084B090」

  [★]

  • 向精神薬と副作用との組み合わせで適切なもの。2つ

腎排泄」

  [★]

renal excretion
肝排泄薬物排泄


国試


カルバマゼピン」

  [★]

carbamazepine, CBZ
Epitol, テグレトール TegretolレキシンテレスミンEpitol
抗痙攣薬抗てんかん薬抗躁薬

特徴

構造

  • イミノスチルベン系

作用機序

薬理作用

  • 鎮静作用、抗コリン作用、骨格筋弛緩作用、抗不整脈作用、抗利尿作用

適応




向精神薬」

  [★]

psychotropic drug, psychotropic drugs, psychotropic agent, psychoactive drug, psychotropic, psychotropics
精神疾患


  • 中枢神経系に作用して精神機能に影響を及ぼす薬物の総称

向精神薬に含まれる薬物

-



躁病」

  [★]

mania
マニア
抗躁薬気分障害


  • 躁病ではエピソードは少なくとも1週間続く

ICD-10

  • F30.1 Mania without psychotic symptoms
  • F30.2 Mania with psychotic symptoms
  • F30.8 Other manic episodes
  • F30.9 Manic episode, unspecified



抗躁病」

  [★]

antimanic
抗躁薬


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡