抗毒素

出典: meddic

antitoxin
トキソイド



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/04 04:15:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 著明な血小板減少を伴ったマムシ咬傷の1例
  • 奥沢 康太郎,中井 章淳,加藤 則人 他
  • 臨床皮膚科 66(9), 737-740, 2012-08-00
  • NAID 40019406125
  • 臨床例 Corynebacteriumによる結膜炎からジフテリア様症状を呈した1例
  • 蛭川 純子,中川 良一,宮川 晋治
  • 診断と治療 100(5), 871-875, 2012-05-00
  • NAID 40019323172

関連リンク

当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。 抗毒素製剤
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 抗毒素の用語解説 - 毒素に対して生体内でつくりだされる抗体。毒素を繰返し動物に注射すると,抗体であるその毒素に特異的に反応してその毒作用を中和する抗体が,血清中に出てくる。これ ...

関連画像

セアカゴケグモ」血清整備に 抗毒素血清(1本1万円程度)乾燥まむし抗毒素の添付文書 静脈性の出血乾燥まむしウマ抗毒素(まむし  抗毒素中和抗体(こうどくそ

添付文書

薬効分類名

  • 血漿分画製剤

販売名

テタノブリン筋注用250単位

組成

有効成分〔1瓶中〕

  • 破傷風抗毒素 250国際単位

添加物〔1瓶中〕

  • グリシン 56.25mg,D-マンニトール 25.0mg,塩化ナトリウム 15.0mg,ポリオキシエチレン(160)ポリオキシプロピレン(30)グリコール 0.5mg,水酸化ナトリウム 適量,塩酸 適量

添付溶剤

  • 日局 注射用水 2.5mL

備考

  • 破傷風抗毒素は,ヒト血液に由来する.
    (採血国:米国,採血の区別:非献血)

禁忌

  • 本剤の成分に対しショックの既往歴のある患者

効能または効果

  • 破傷風の発症予防並びに発症後の症状軽減のための治療に用いる.
  • 本剤1瓶の内容を添付の溶剤(日局・注射用水2.5mL)で溶解し,筋肉内に注射する.
  • 破傷風の潜伏期の初めに用いて破傷風の発症を予防するためには成人において抗毒素250国際単位を用いる.
  • 破傷風発症後の症状を軽くするための治療用には通常最低,抗毒素5,000国際単位以上を用いる.

慎重投与

  • IgA欠損症の患者〔抗IgA抗体を保有する患者では過敏反応を起こすおそれがある.〕
  • 溶血性・失血性貧血の患者〔ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない.感染した場合には,発熱と急激な貧血を伴う重篤な全身症状を起こすことがある.〕
  • 免疫不全患者・免疫抑制状態の患者〔ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない.感染した場合には,持続性の貧血を起こすことがある.〕

重大な副作用

ショック(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので,観察を十分に行い,悪心・嘔吐,発汗,四肢冷感,血圧低下等の症状があらわれた場合には,投与を中止し,適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • 本剤は,破傷風毒素に対するヒト由来の抗体を高力価に含有するため,血中に遊離している破傷風毒素と結合し,速やかに中和させる.(血中の破傷風発症予防レベル0.01単位/mL以上の破傷風抗毒素を保持させる4).)


★リンクテーブル★
先読みトキソイド
リンク元antitoxin」「アンチベニン
拡張検索ジフテリア抗毒素」「ボツリヌス抗毒素」「毒素抗毒素反応」「乾燥ガスえそウマ抗毒素
関連記事毒素

トキソイド」

  [★]

toxoid
アナトキシン anatoxin類毒素
毒素抗毒素製剤ジフテリアトキソイド破傷風トキソイド不活化ワクチンワクチン


  • 細菌の産生するタンパク質性の菌体外毒素を免疫原性は保持したまま無毒化したもの
  • トキソイドを注射すると毒素活性を中和する抗体が産生されるので、予防的に用いられる
  • ジフテリアトキソイド
  • 破傷風トキソイド



antitoxin」

  [★] 抗毒素

WordNet   license wordnet

「an antibody that can neutralize a specific toxin」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉抗毒素 / 〈U〉抗毒素血清」


アンチベニン」

  [★]

antivenin
抗毒素

ジフテリア抗毒素」

  [★]

diphtheria antitoxin
乾燥ジフテリアウマ抗毒素
ジフテリアトキソイド



ボツリヌス抗毒素」

  [★]

botulism antitoxin, botulinum antitoxin
ボツリヌス症


毒素抗毒素反応」

  [★]

toxin-antitoxin reaction
抗毒素血清毒素単位


乾燥ガスえそウマ抗毒素」

  [★] ガス壊疽ウマ抗毒素


毒素」

  [★]

toxin
内毒素外毒素
外毒素 内毒素
ポリペプチド リポ多糖体(lipopolysaccharide: LPS)
細菌細胞からの分泌 グラム陰性菌の細胞壁の外膜に存在
宿主組織内-拡散 細菌細胞の崩壊により放出
多くは熱不安定性 熱安定性
分泌部位~遠隔部位に作用 血行性に拡散しエンドトキシンショック
トキソイド化可 トキソイド化不可(毒性中心はリピドA)





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡