抗原抗体複合体

出典: meddic

antigen-antibody complex
免疫複合体



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2P028 抗原・抗体複合体の直接観察 : 抗原の大きさ、結合価、及び抗体の結合親和性の影響(蛋白質(構造・構造機能相関),口頭発表,第45回日本生物物理学会年会)
  • 古賀 舞子,真柳 浩太,北井 麻希,村上 明一,東 隆親,織田 昌幸
  • 生物物理 47(SUPPLEMENT_1), S120, 2007-11-20
  • NAID 110006561986
  • 毛髪ケラチン免疫複合体による牛乳由来抗体の生産性向上
  • 太田 実,佐々木 一郎,村上 梅司,打和 秀世
  • 日本畜産学会報 69(6), 612-619, 1998
  • 牛乳由来の抗体を幅広い産業分野で利用するためには,目的とする特異抗体を高含有する乳の生産が必要である.乳牛は多様な環境下で飼育され,かっ個体差があり,免疫抗原に対する良好な応答が必ずしも一様に起らない.我々は低免疫応答性動物の免疫応答性を改善するために,毛髪ケラチンタンパク質を抗原とした抗原-抗体複合体の利用を検討した.免疫応答性の異なるマウスを用いて,免疫応答性向上のモデル試験を行った.系統の異 …
  • NAID 130000743153
  • ウイルス抗原抗体複合体による多核白血球のス-パ-オキシド産生
  • 木村 博一,大淵 正枝,山木 宣雄 [他]
  • 群馬県衛生環境研究所年報 (27), 77-80, 1995
  • NAID 40005020115

関連リンク

栄養・生化学辞典 - 抗原抗体複合体の用語解説 - 抗原と抗体が反応して生成する複合体. ... 今日のキーワード トマ・ピケティ フランスの経済学者。1971年生まれ、パリ近郊クリシー出身。主要研究テーマは経済格差と不平等の問題。
抗原抗体反応 抗原抗体反応 抗原と抗体は共有結合以外の力で結合している。つまり、水素結合、クーロン力、ファンデルワースル力などの力で結合しているのである。 抗原と抗体の結合の強さを表すものにアフィニティー(親和性)と ...
⇒ 抗原抗体複合体と抗体ラベリングに関する質問、トラブルシューティングフォーラム 抗原抗体複合体のプロトコール モノクローナル抗体と抗原の複合体(英語) M. Roederer氏が公開している抗原抗体複合体の作成方法。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み免疫複合体
リンク元好酸球」「B細胞」「antigen-antibody complex
拡張検索可溶性抗原抗体複合体
関連記事抗原」「抗体」「複合体」「」「複合

免疫複合体」

  [★]

immune complex IC
免疫コンプレックス抗原抗体複合物



好酸球」

  [★]

eosinophil (Z), eosinophile
顆粒球白血球好塩基球


  • 白血球
  • 顆粒球

組織学

  • 酸性色素(エオシン)で染まる顆粒(好酸性顆粒)を持つ → ギムザ染色っぽい顆粒がみえる (HIS.190 図10-3)
塩基性の成分が含まれている?
  • 二分葉の核 (HIS.197)
  • 直径は10-14μm (HIS.197)
  • 末梢血

顆粒

  • 寄生虫の破壊、抗原抗体複合体の加水分解
  • 特殊顆粒:主要塩基性タンパク質、好酸性陽イオンタンパク、好酸球由来神経毒素

機能 (HIS.198)

  • ケモカインによる遊走
  • ヒスタミン、ロイコトリエン、好酸球走化因子と結合して、これに向かって遊走する。
  • 顆粒の分泌
  • 抗原抗体複合体の取り込み、およびファゴサイト内での分解
  • 抗原抗体複合体が存在すると結合組織の細胞がヒスタミンIL-5を放出

基準値

  • 好酸球比率(白血球比):2-4%

好酸球数の変化

  • 増加
  • 寄生虫感染症、アレルギー疾患(特に、I型アレルギー)
  • 喘息、ある種の腫瘍
  • 減少:

サイトカイン

  • IL-5の受容→好酸球の前駆細胞増殖、前駆細胞から好酸球への分化促進 (HIS.197)


臨床関連



B細胞」

  [★]

B cell
Bリンパ球 B lymphocyte骨髄由来細胞 bone marrow derived cell
T細胞免疫グロブリン
  • 図:IMM.314(B細胞の成熟)

概念

  • 抗体をつくるリンパ球。

クラススイッチ class switch

T細胞依存性B細胞分化

  • IMM.381-
  • 1. naive B cellはBCR(IgM)を介して抗原を認識
  • 2. BCRとIgMの抗原抗体免疫複合体をエンドサイトーシスによりを細胞内に取り込む
  • 3. 抗原抗体複合体を分解し、分解産物をMHC class IIに結合する
  • 4. 抗原を結合したMHC class IIをエクソサイトーシスにより細胞表面に移動する
  • 5. ヘルパーT細胞にMHC class IIを介して抗原を提示する
このヘルパーT細胞は抗原とMHC class IIを認識できる固有のヘルパーT細胞である。
  • 6. ヘルパーT細胞はTCRを介して抗原とMHC class IIの複合体を認識する
  • 7. naive B cellを刺激して形質細胞への分化を誘導する

T細胞非依存性B細胞分化

  • IMM.381-
  • B-cell response to bacterial antigen with intrinsic ability to activate B cell do not require T-cell help (IMM.396)
  • B-cell response to bacterial polysaccharides do not require peptide specific T-cell help (IMM.397)

マーカー




antigen-antibody complex」

  [★]

  • 抗原抗体複合体
immune complex


可溶性抗原抗体複合体」

  [★]

soluble antigen-antibody complex


抗原」

  [★]

antigen Ag
抗体


分類


抗体」

  [★]

antibody, Ab
γ-globline、免疫グロブリン
  • 抗原を特異的に認識する糖蛋白質である免疫グロブリンの一種。
  • 血液・リンパ液中で抗原と非結合状態のものを指す
  • 液性免疫に関与




複合体」

  [★]

complexcomplexescomposite
合成物錯体多層複合性複合物複雑コンプレックス複合


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


複合」

  [★]

complex
合成物錯体複合体複合物複雑コンプレックス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡