抗原不連続変異

出典: meddic

antigenic shift
抗原性シフト
  • インフルエンザウイルスの抗原性の変化であって、遺伝子分節の混合によるものを指す。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/17 16:42:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

インフルエンザウィルスの抗原の変異には連続変異と不連続変化と呼ばれる二つの タイプがあります。連続変化はウィルス表面蛋白(ヘモアグルチニンとノイラミニダーゼ) のアミノ酸配列の点変異(1個のアミノ酸が変わる)により ...
{{混同}} 抗原不連続変異({{Lang-en-short}}、抗原シフト)とは2つ以上の異なるウイルス株あるいはウイルスに由来する表面抗原が組み合わさり、新しいサブタイプのウイルスが形成される一連の過程であり、インフルエンザウイルスにおいて ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事連続」「抗原」「変異」「不連続」「連続変異

連続」

  [★]

一連継続継続性継続的稽留系列結果シークエンスシーケンスシリーズ持続性持続的順序筋道存続続く続ける配列配列決定頻繁連続性連続的絶えず持続型連発

抗原」

  [★]

antigen Ag
抗体


分類


変異」

  [★]

variation (KH.250)
破格
  • 平均値から±2-3σの範囲の値を示すもの (KH.250)

---

mutation
突然変異



不連続」

  [★]

中断非連続的断絶

連続変異」

  [★]

continuous variation




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡