抗原

出典: meddic

antigen Ag
抗体



分類


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/02 17:26:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 生物学的製剤を用いた分子標的治療の進歩(5)悪性リンパ腫に対する生物学的製剤を用いた分子標的治療の現状
  • 寺村 正尚
  • 東京女子医科大学雑誌 82(2), 86-91, 2012-04-25
  • … すなわち、2001年にB細胞分化抗原であるCD20を標的分子とするマウス-ヒトキメラ抗体であるrituximabが保険適応となり、B細胞性リンパ腫の治療はリツキサン併用化学療法が標準的治療法となった。 … ,このように、様々な特異的抗原を標的とした抗体療法の開発が進行中であり、悪性リンパ腫の予後のさらなる改善が期待されている。 …
  • NAID 110009004312
  • 同種抗原による移植片対白血病効果減弱のメカニズム
  • 朝倉 昇司,橋本 大吾,高嶋 秀一郎,杉山 暖子,前田 嘉信,赤司 浩一,谷本 光音,豊嶋 崇徳
  • 岡山医学会雑誌 124(1), 5-8, 2012-04-01
  • NAID 120004040505

関連リンク

抗原(こうげん、英: antigen 、略号Ag)は、免疫細胞上の抗原レセプターに結合し、免疫 反応を引き起こさせる物質の総称。抗体やリンパ球の働きによって生体内から除去され ることになる。 通常、細菌やウイルスなどの外来病原体や人為的な注射などで体内に ...
抗原提示(こうげんていじ)とは、マクロファージや樹状細胞などの抗原提示細胞が、 細菌などの外来性および内因性抗原を細胞内へ取り込んで分解を行った後に、細胞 表面へその一部を提示する免疫機構である。提示された抗原はT細胞などにより認識 され、 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み抗体
国試過去問097G045」「101B037」「104E008
リンク元類天疱瘡」「クローン除去」「エピトープ」「antigen」「ハプテン
拡張検索抗原不連続変異」「B型肝炎e抗原」「B細胞抗原レセプター
関連記事

抗体」

  [★]

antibody, Ab
γ-globline、免疫グロブリン
  • 抗原を特異的に認識する糖蛋白質である免疫グロブリンの一種。
  • 血液・リンパ液中で抗原と非結合状態のものを指す
  • 液性免疫に関与




097G045」

  [★]

  • 正常の免疫機能について正しいのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097G044]←[国試_097]→[097G046

101B037」

  [★]

  • 白血球と機能の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B036]←[国試_101]→[101B038

104E008」

  [★]

  • IgE抗原との反応によってヒスタミンを遊離する細胞はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104E007]←[国試_104]→[104E009

類天疱瘡」

  [★]

pemphigoid
水疱症


  • 自己抗体
  • 表皮下水疱 → 緊満性水疱

表皮下水疱症(類天疱瘡群) (NDE.218)

  • 自己免疫性水疱症(後天性水疱症) autoimmuno blistering disease
  • 表皮下水疱症(類天疱瘡群)


代表的な天疱瘡と類天疱瘡の比較

  尋常性天疱瘡 落葉性天疱瘡 水疱性類天疱瘡
年齢 中年~老年 中年 老年(若年もあり)
好発部位 口腔粘膜全身 全身 全身
臨床像 皮膚所見 水疱びらん びらん、葉状落屑、 緊満性水疱浮腫性紅斑掻痒
粘膜浸潤 ++ 痂皮
Nikolsky現象  
病理組織像 所見 表皮内水疱
(棘融解)
表皮下水疱
好酸球浸潤
Tzanck試験  
棘融解部位 表皮下層(基底細胞直上) 表皮上層(顆粒層)  
抗原 Dsg3 のみ、
Dsg3 と1 の共存
Dsg1 のみ BP180BP230
ELISA Dsg1(+または-)、Dsg3(+) Dsg1(+)、Dsg3(-)  
蛍光抗体法所見 直接法(病変部皮膚) 表皮細胞間に
IgGC3 陽性
病変部基底膜部に
IgGC3 の線状沈着
間接法(血清中) 抗表皮細胞間物質抗体(IgG)陽性 抗基底膜抗体検出
治療 ステロイド免疫抑制薬血漿交換療法、γ グロブリン療法 ステロイド内服免疫抑制薬DDSなど



クローン除去」

  [★]

clonal deletion
クローン排除
[[]]
[show details]


参考

  • [display]http://www.weblio.jp/content/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E9%99%A4%E5%8E%BB
  • [display]http://www.med.kindai.ac.jp/immuno/qanda.htm


エピトープ」

  [★]

epitope
認識部位抗原決定基
相補性決定領域
  • Bリンパ球では抗体Tリンパ球ではTCRにより認識される抗原上の部位
  • Bリンパ球のエピトープは、標的分子の立体構造および構成分子である。
  • Tリンパ球のエピトープは、抗原提示細胞MHCにより提示されたいくつかのアミノ酸配列である



antigen」

  [★]

  • n.
  • 抗原

WordNet   license wordnet

「any substance (as a toxin or enzyme) that stimulates an immune response in the body (especially the production of antibodies)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「抗原(生物の体内にはいって免疫体を作る物質)」


ハプテン」

  [★]

hapten
不完全抗原 incomplete antigen
抗原


例えば小分子のタンパク質
  • 適切なキャリアーを加えることで免疫原性を有するようになる1


抗原不連続変異」

  [★]

antigenic shift
抗原性シフト
  • インフルエンザウイルスの抗原性の変化であって、遺伝子分節の混合によるものを指す。


B型肝炎e抗原」

  [★]

hepatitis B e antigenHBeAg
-HBeAg
hepatitis B "e" antigen


B細胞抗原レセプター」

  [★]

B-cell antigen receptor
B細胞抗原受容体


原」

  [★]

proto
プロト




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡