抗体産生細胞

出典: meddic

antibody-producing cell
抗体分泌細胞



和文文献

  • 電界集中型細胞融合法による抗体産生細胞の高収率取得 (論文特集 2013年度静電気学会全国大会)
  • オケヨ ケネディ・オモンディ,西垣内 康宏,近藤 武宏 [他]
  • 静電気学会誌 38(1), 40-45, 2014-01
  • NAID 40019981344
  • P6-006  自己免疫疾患におけるRP105陰性形質芽細胞を標的とした新規治療法の開発の試み
  • 小荒田 秀一,徳田 悠希子,小野 行秀,貞永 裕梨,末松 梨絵,小野 伸之,田代 知子,大田 明英,多田 芳史
  • 日本臨床免疫学会会誌 37(4), 358b-358b, 2014
  • … 病態が存在し新たな治療法が求められている.SLEにおいて抗dsDNA抗体などの自己抗体とその産生細胞は主要な免疫異常の一つである.したがって,自己抗体産生細胞を標的とした治療は,最も理想的な治療法となりうる.しかし,自己抗体産生細胞に特異的な細胞表面分子は発見されておらず,その標的治療は存在しない.我々は,SLEでRP105陰性B細胞が抗dsDNA抗体などの自己抗体を産生し,SLE特異的 …
  • NAID 130004694284
  • 『IL-6 の多様な作用』 自己免疫性疾患および炎症性疾患における IL-6 の意義
  • 橋詰 美里,大杉 義征
  • 日本薬理学雑誌 144(4), 172-177, 2014
  • … インターロイキン- 6(IL- 6)は1986 年に活性化B 細胞を抗体産生細胞に分化させるサイトカインとして見出された.その後の研究によりIL- 6 は多彩な生物活性を有することが明らかとなっており,炎症反応においても中心的な役割を果たしていることが示されている.また,IL- 6 は関節リウマチ(RA)患者の血流中や滑液中に高濃度に存在し,IL- 6 濃度と病態の活動性が相関すること,IL- 6 の生物活性でRA 患者に見られる …
  • NAID 130004693965

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
リンク元抗体分泌細胞」「antibody-producing cell
関連記事抗体」「産生」「抗体産生」「生細胞」「細胞

抗体分泌細胞」

  [★]

antibody-secreting cell
抗体産生細胞


antibody-producing cell」

  [★]

  • 抗体産生細胞
antibody-secreting cell


抗体」

  [★]

antibody, Ab
γ-globline、免疫グロブリン
  • 抗原を特異的に認識する糖蛋白質である免疫グロブリンの一種。
  • 血液・リンパ液中で抗原と非結合状態のものを指す
  • 液性免疫に関与




産生」

  [★]

production, generation, produce, make, generate, yield, elaborate, [raise]]

抗体産生」

  [★]

antibody productionantibody formation
体液性免疫抗体応答



生細胞」

  [★]

living cellviable cell
生菌生存細胞


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡