抗不整脈薬

出典: meddic

antiarrhythmic drug, antiarrhythmic drugs, antiarrhythmic agent
不整脈

不整脈の機序と抗不整脈薬の選択

  • Naチャネルブロッカー :回路内に伝導障害を有するリエントリー(広い興奮間隔):伝導抑制
  • Kチャネルブロッカー :不応期終末を追いかけるリエントリー(狭い興奮間隔):不応期延長
  • 多チャンネルブロッカー:細動(興奮間隔は非常に短い):不応期延長

抗不整脈のVaughan Williams分類

分類 特徴 薬物名 期外収縮 心房 心室 洞性頻脈 上室頻拍 心室頻拍
  代表的なもの 上室 心室 心房細動 心房粗動 心室細動
Ia Na+チャネル
ブロック
APD延長
quinidine
disopyramide
procainamide
ajmaline
cibenzoline
pirmenol
ジソピラミド    
Ib Na+チャネル
ブロック
APD短縮
aprindine*1
lidocaine
mexiletine
diphenylhydantoin
リドカイン            
Ic Na+チャネル
ブロック
APD不変
propafenone
(投与量が少ないときはIa)
flecainide
pilsicainide
プロパフェノン
フカイニド
   
II 交感神経遮断薬
(β遮断薬)
propranolol
metoprolol
atenolol
プロプラノロール    
III APD延長 amiodarone
sotalol
nifekalant
アミオダロン     *2   *3    
IV Ca括抗薬 verapamil
diltiazem
bepridil
ベラパミル         *4
  • ○:適応 □:心拍数コントロール
  • *1 Naチャネル結合解離中間、活動電位持続時間不変
  • *2 肥大型心筋症合併例
  • *3 致死的、再発性、他剤無効例
  • *4 ある種の心室頻拍

不整脈薬物治療に関するガイドライン Guidelines for Drug Treatment of Arrhythmias (JCS 2004)

Ⅰ群薬 Ⅱ群薬 Ⅲ群薬 Ⅳ群薬
Ia キニジン プロプラノロール アミオダロン ベラパミル
プロカインアミド ナドロール ソタロール ジルチアゼム
ジソピラミド ニフェカラント ベプリジル
アジマリン
シベンゾリン
ピルメノール
Ib リドカイン
メキシレチン
アプリンジン
フェニトイン
Ic プロパフェノン
フレカイニド
ピルジカイニド

活動電位持続時間による分類と結合解離速度による分類 (SPC.241)

  APD分類   APD分類
Ia(延長) Ib(短縮) Ic(不変)   Ia(延長) Ib(短縮) Ic(不変)
使用依存性ブロック fast   lidocaine
mexiletine
phenytoin
    リドカイン
メキシレチン
 
intermediate quinidine
procainamide
aprindine propafenone キニジン
プロカインアミド
アプリンジン プロパフェノン
slow disopyramide   flecainide
pilsicainide
ジソピラミド   フレカイニド
ピルジカイニド
  • slow kinetic drugは連結期の長い期外収縮にも効果があるが正常心拍及び徐脈時の伝導をも阻害 (SPC.240)
QRS延長、伝導障害→不整脈の増悪、誘発
  • fast kinetic drugsは連結期の短い期外収縮に対して著明な抑制効果を示す

Sicillian Gambitの分類

薬剤 VW
分類
チャネル 受容体     pump 臨床効果 心電図
Na Ca K I.f α β M2 A1 Na-K
ATPase
左室
機能
洞調律
への
影響
心外
性の
副作用
PQ QRS JT
fast med slow
cibenzoline Ia     A          
disopyramide Ia     A             ↑↓
pirmenol Ia     A               ↑→
procainamide Ia   A                
quinidine Ia   A             ↑↓
aprindine Ib   I            
lidocaine Ib                        
mexiletine Ib                        
flecainide Ic     A                
pilsicainide Ic     A                 ↓→ →.  
propafenone Ic   A                  
nadolol II                        
propranolol II                      
amiodarone III              
nifekalant III                        
sotalol III                    
bepridil IV               ?    
diltiazem IV                        
verapamil IV                      
atropine                          
adenosine                          
digoxin                      
If:過分極活性化内向き電流 JT:Q-Q間隔 M2:M2受容体 A1:アデノシン受容体
◯低 ▲中 ●高 ※作動薬 
A:活性化チャネルブロッカー I:不活性化チャネルブロッカー

抗不整脈薬の電気生理的作用

  • class II antiarrhythmic drug (PHD.426)
  • 1. ペースメーカー細胞において4相の脱分極がゆっくりになる。 → 発火の頻度が減少 → 自動能低下
  • 2. AV結節では再分極に時間がかかるようになる。([[]afterdepolarizationの予防]) → 有効不応期の延長 → リエントリ減少
  • 3. 心筋の酸素需要を減少させる → 心筋虚血を減らす
  • 心電図:PR延長。QRS、QTは普通変わらない。

Ia群抗不整脈薬

PHD.425

  • 正常な細胞の電気的活動よりむしろ虚血心筋や病的な心筋に対してよくNa channel block作用を発揮する。
  • アシドーシス、細胞興奮頻度の増加、および細胞外カルシウム濃度の上昇のような持続的に虚血状態でみられる条件でIb群抗不整脈薬の作用が増強される。
  • Ia群抗不整脈薬のblockにより0相の脱分極速度↓、伝導速度↓ → リエントリ性の不整脈の予防となる。
  • 他のIa群の抗不整脈薬と同様に、4相の自発的な脱分極を抑制することで異所性ペースメーカーの自動能を抑制する。
  • (リドカインの場合)遅延後脱分極 delayed afterdepolarizationを抑制する

参考

[display]http://www.shi-heart.org/pdf/kouen/t_jisseki/no15.pdf
  • 心臓の病気と治療薬
  • [display]http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/shinkin/medicine/medicine-1-1-1.html



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/06 23:29:46」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 虚血性心疾患における不整脈薬の治療:概念 (冠動脈疾患(下)診断と治療の進歩) -- (虚血性心疾患における不整脈の臨床)
  • 相澤 義泰,高月 誠司
  • 日本臨床 69 (1010増刊9), 486-493, 2011-11
  • NAID 40019062677
  • P-0885 微量採血法を用いた塩基性抗不整脈薬の同時定量法の検討(一般演題 ポスター発表,TDM・投与設計,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 木下 真維,岩屋 美和代,菊池 有莉佳,藤巻 香里,中野 純希,安永 晶子,望月 伸夫,松本 邦洋,大野 恵子,岸野 吏志
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 329, 2011-09-09
  • NAID 110008910350
  • P-0694 抗不整脈薬服用後に意識レベルの変化が疑われた一例(一般演題 ポスター発表,有害事象・副作用,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 玉城 武範,吉山 友二
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 297, 2011-09-09
  • NAID 110008910160
  • J-BAF研究
  • 山下 武志
  • 日本内科学会雑誌 100(8), 2316-2322, 2011-08-10
  • NAID 10029748497

関連リンク

抗不整脈薬(こうふせいみゃくやく)とは不整脈の治療に用いる薬である。不整脈治療薬 とも言う。頻脈性の不整脈に用いることが多い。 目次. 1 抗不整脈薬の分類. 1.1 ヴォーン・ウィリアムズ分類. 1.1.1 I群; 1.1.2 Ia群; 1.1.3 Ib群; 1.1.4 Ic群; 1.1.5 II群; 1.1. 6 III群 ...
どう使い分ければ良いのか? 抗不整脈薬ガイドラインの解説. 榊原記念病院 循環器 ... class I-IV. ? Sicilian Gambit. ? チャンネルによる分類. ? 経口薬/静注薬. ? 停止効果/ 予防効果. ? 新しい抗不整脈剤(class III). ? アンカロン. ? ソタロール. ? シンビット注 ...
抗不整脈薬の作用機序. 心筋細胞の活動電位と抗不整脈薬. 心筋細胞(ヒス束・ プルキンエ線維・心房筋・心室筋)の活動電位は、Na+依存性で第0~4相の5相に 分かれる。 ナトリウム(Na+)、カルシウム(Ca2+)、カリウム(K+)の3種のイオンが 細胞膜上の ...
Vaughan Williams によって抗不整脈薬の分類がなされてから約30年が経過し、抗 不整脈薬の使用に関する考え方が大きく変わった。1980年代には心室性期外収縮の 治療が不整脈死の予防につながると考え、Ⅰ群抗不整脈薬が多く開発され広く使用され る ...

関連画像

 特異的抗不整脈薬 中谷晴昭図3:抗不整脈薬の選択イメージ 1不整脈の薬を服用中は、定期的 イメージ 2 抗不整脈薬の選択基準(ACC/AHS 抗 不整脈 薬 外国人 サイト へイメージ 2


★リンクテーブル★
国試過去問097D017」「106H024」「105A050」「105I061
リンク元アミオダロン」「循環器疾患」「プロカインアミド」「アデノシン」「不整脈用剤
関連記事不整脈」「」「抗不整脈

097D017」

  [★]

  • 74歳の男性。労作時の息切れを生じるようになり来院した。20年前に高血圧を指摘されたが治療は受けていない。下肺野にcoarse crackles(水泡音)、心尖部に心室性奔馬調律を聴取する。脈拍76/分、整。血圧162/92mmHg。心電図を以下に示す。心臓カテーテル検査で左室拡張末期圧22mmHg(基準12以下)、心係数3.2l/分/m2(基準2.3~3.6)。心血管造影で左室駆出率56%、冠動脈に狭窄病変はない。適切な薬物はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097D016]←[国試_097]→[097D018

106H024」

  [★]

  • 58歳の男性。職場の定期健康診断で初めて不整脈を指摘されたため来院した。自覚症状はない。 7年前から高血圧症のため治療中である。家族歴に特記すべきことはない。脈拍64/分、整。血圧134/78mmHg。身体診察所見、 12誘導心電図および胸部エックス線写真に異常を認めない。心エコー検査で軽度の左室肥大を認める。 24時間Holter心電図(別冊No. 2)を別に示す。この心電図にみられる異常波形は1日102回あったが、自覚症状は認められなかった。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106H023]←[国試_106]→[106H025

105A050」

  [★]

  • 78歳の女性。繰り返す失神を主訴に来院した。自宅近くの診療所で発作性心房細動の治療中であり、最近、抗不整脈薬を増量した。意識は清明。脈拍56/分。血圧138/78mmHg。心音に異常を認めない。症状出現時のHolter心電図(別冊No.18)を別に示す。
  • 現時点で行う処置として適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 105A049]←[国試_105]→[105A051

105I061」

  [★]

  • 45歳の男性。動悸を主訴に救急外来を受診した。失神の既往はない。以前から2度にわたる心筋梗塞で入院加療を受けており、最近の心エコー検査による左室駆出率は20%であった。救急外来におけるモニター心電図所見(別冊No.17)を別に示す。
  • 処置として適切でないのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I060]←[国試_105]→[105I062

アミオダロン」

  [★]

amiodarone
塩酸アミオダロン amiodarone hydrochloride
アンカロンCordarone
抗不整脈薬

分類

  • 抗不整脈薬
  • III群

Sicillian Gambitの分類

薬剤 VW
分類
チャネル 受容体     pump 臨床効果 心電図
Na Ca K I.f α β M2 A1 Na-K
ATPase
左室
機能
洞調律
への
影響
心外
性の
副作用
PQ QRS JT
fast med slow
アミオダロン III              
If:過分極活性化内向き電流 JT:Q-Q間隔 M2:M2受容体 A1:アデノシン受容体
◯低 ▲中 ●高 ※作動薬 
A:活性化チャネルブロッカー I:不活性化チャネルブロッカー

作用機序

  • Kチャネル(遅発性整流性)を抑制し、活動電位持続時間(APD延長)および不応期を延長する
  • I群、II群、III群、IV群の作用を併せ持つ

薬理作用

  • ↓conduction velocity → ↓reentry
  • ↓rating of firing(↓phase 4 slope) → ↓automaticity
  • 洞結節での発火頻度を低下、自動能の抑制、リエントリー回路の切断、心電図上でPR,QRS,QT間隔延長。(PHD.428)

適応

  • 心機能低下症例にも使用可能
  • 致死的、再発性の心室頻拍、心室細動予防
  • 肥大型心筋症に伴う心房細動に用いる
  • 心肺蘇生:心室頻拍や心室細動

禁忌

アンカロン注150
  • 1. 洞性徐脈、洞房ブロック、重度伝導障害(高度な房室ブロック、二束ブロック又は三束ブロック)又は洞不全症候群があり、ペースメーカーを使用していない患者[洞停止のリスクがある。]
  • 2. 循環虚脱又は重篤な低血圧のある患者(血行動態不安定な心室細動又は心室頻拍発作発現中を除く)
  • 3. 本剤の成分又はヨウ素に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 4. リトナビル、サキナビル、サキナビルメシル酸塩、インジナビル硫酸塩エタノール付加物、ネルフィナビルメシル酸塩、クラスIa及びクラスIII(ソタロール、ニフェカラント)の抗不整脈薬、ベプリジル塩酸塩水和物、スパルフロキサシン、モキシフロキサシン塩酸塩、エリスロマイシン(注射剤)、ペンタミジンイセチオン酸塩又はトレミフェンクエン酸塩を投与中の患者[「3.相互作用」の項参照]
  • 5. 重篤な呼吸不全のある患者

原則禁忌

アンカロン注150
  • 1. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「6.妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
  • 2. 甲状腺機能障害又はその既往歴のある患者[甲状腺機能障害を増悪させることがある]

効能又は効果

アンカロン注150
  • 生命に危険のある下記の不整脈で難治性かつ緊急を要する場合
  • 心室細動、血行動態不安定な心室頻拍

用量

  • 常用量血中濃度(外国) : 0.5-1.0μg/ml、消失半減期: 13.4時間
  • 有効血中濃度:0.5-2.0μg/ml、半減期30日 (SPC.246)
  • VF/pulseless VTによる心肺停止でCPR, shock, vasopressorが無効な場合の心肺蘇生:(初回) 300mg、(2回目)150mg (Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.166)

副作用

添付文書

  • アンカロン注150
  • [display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2129410A1028_1_04/2129410A1028_1_04?view=body




循環器疾患」

  [★]

cardiovascular disease

循環器疾患と治療薬

  強心薬 抗狭心症薬 抗不整脈薬 降圧薬
ジギタリス    
カテコラミン      
Naチャネル阻害薬      
Kチャネル阻害薬      
Ca拮抗薬  
α遮断薬      
β遮断薬  
αβ遮断薬      
硝酸薬      
その他血管拡張薬      
ACE阻害薬      
ATII受容体拮抗薬      
利尿薬      


プロカインアミド」

  [★]

procainamide
procainamidum
プロネスチール pronestyl
アミサリンProcan, Pronestyl
抗不整脈薬
  • 抗不整脈薬
  • Ia群

作用機序

  • 活動電位の最大分極速度を抑制
活性化および不活性化状態の時にNaチャネルに結合することでチャネルをブロックする。

(低濃度)

自動能を有する細胞の拡張期脱分極を抑制

(通常)

→閾値の増大
→伝導速度の現象
→不応期の延長
  • Kチャネルを作動させて膜を脱分極させる
APD延長

禁忌

  • 1. 刺激伝導障害(房室ブロック、洞房ブロック、脚ブロック等)のある患者[刺激伝導抑制作用により、これらの障害がさらに悪化するおそれがある。]
  • 2. 重篤なうっ血性心不全のある患者[不整脈(心室頻拍、心室細動等)が発現又は増悪するおそれが極めて高い。]
  • 3. **モキシフロキサシン塩酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、アミオダロン塩酸塩(注射剤)、トレミフェンクエン酸塩を投与中の患者(「相互作用」の項参照)
  • 4. 重症筋無力症の患者[筋力低下が亢進するおそれがある。]
  • 5. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能又は効果

  • 期外収縮(上室性、心室性)
  • 急性心筋梗塞における心室性不整脈の予防
  • 新鮮心房細動
  • 発作性頻拍(上室性、心室性)の治療及び予防  上室性頻脈、心室性頻脈
  • 発作性心房細動の予防
  • 電気ショック療法との併用及びその後の洞調律の維持
  • 手術及び麻酔に伴う不整脈の予防
  • 陳旧性心房細動

副作用

重大な副作用

アミサリン錠125mg/アミサリン錠250mg
  • 1. 心室頻拍、心室粗動、心室細動、心不全
  • (頻度不明)心電図上QRS幅の増大、心室頻拍、心室粗動、心室細動を起こすことがある。そのためQRS幅の異常な増大あるいは期外収縮の増加を認めた時は投与を中止すること。また、心筋収縮力を低下させ、心不全、血圧下降を起こすことがあるのでこのような場合にも投与を中止すること。
  • 2. SLE様症状
  • (頻度不明)SLE様症状(発熱、紅斑、筋肉痛、関節炎、多発性関節痛、胸部痛、心膜炎、胸水等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 3. 無顆粒球症(初期症状:発熱、咽頭痛、倦怠感等)
  • (頻度不明)無顆粒球症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

その他の副作用

アミサリン錠125mg/アミサリン錠250mg
  • 1. 過敏症
  • (0.1%未満)発熱、悪寒、発疹、好酸球増多等
  • 2. 消化器
  • (5%以上又は頻度不明)悪心、嘔吐、食欲不振、下痢
  • 3. 精神神経系
  • (5%以上又は頻度不明)頭痛、不眠、幻視、幻聴
  • 4. 血液
  • (0.1%未満)白血球減少、血小板減少、貧血等

添付文書

  • アミサリン錠125mg/アミサリン錠250mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2121001F1025_2_04/2121001F1025_2_04?view=body




アデノシン」

  [★]

adenosine
6-アミノ-9-β-D-リボフラノシル-9H-プリン, Ado
Adenocard
プリンヌクレオチド


神経伝達物質

代謝産物

  • 運動により筋肉より乳酸、二酸化炭素と共に放出され、筋血管の拡張を引き起こす


薬理

  • 抗不整脈薬

概念

  • 海外では上室性頻拍の薬物治療として用いられる。日本ではATPが用いられる。(用量:ATP 10mg⇔アデノシン6mg (改訂3版 救急蘇生法の指針 2005 医療従事者用))

構造

作用機序

  • アデノシンを結合するGタンパク質共役型受容体に結合→心房、洞房、房室結節でアセチルコリン感受性のK電流を増加→膜の過分極→活動電位持続時間を短縮。
  • Ca電流を減らす

薬理作用

心血管における作用
SP.590

適応

  • 上室性不整脈 (GOO.917)
  • first drug for most forms of stable narrow-complex SVT. Effective to reentry involving AV node or sinus node. AF, AFL, VTは適応外。(Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)

用法

  • 上室性頻拍:
  • ACLS:アデノシン6mgを急速静注(1-3秒)、次いで生食を20ml入れる。その後、注射した肢を挙上。必要があれば2回目の投与は12mgを1-2分かけて静注。(Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • PALS:1回目 0.1mg/kgを急速静注/骨髄内投与(max 6mg) 2回目 0.2mg/kgをを急速静注/骨髄内投与(max 12mg)

禁忌

  • 薬剤誘発性の頻拍、二度房室ブロック、三度房室ブロック(Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)

注意

Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • テオフィリン・カフェインを摂取・投与されている場合、効果が低下する。
  • ジピリダモール、カルバマゼピン、心臓移植、あるいは中心静脈ルートが確保されている患者では投与量を3mgとする。

副作用

Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • SVT後に洞徐脈、心室異所性調律(ventricular ectopy)が出現することが多い(common)。

妊婦

Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • 投与可能


不整脈用剤」

  [★]

抗不整脈薬

商品


不整脈」

  [★]

arrhythmia
抗不整脈薬不整脈の背景因子

分類

病因の分類

  • 調律の異常(リズム)
  • 心房・心室の心拍の異常(レート)

心拍での分類

  • 徐脈性(50回/分以下)
洞房結節の自動能低下
房室結節のブロック
心拍出量↓
  • 頻脈性(100回/分以上)
異所性自動能の亢進 + リエントリー
一回拍出量↓、肝血流量↓

発生機序

刺激生成異常
洞結節自動能の亢進・低下
洞結節以外の異常自動能
トリガード・アクティビティ
興奮伝導異常
伝導遅延ブロック
リエントリー

刺激生成異常

  • 洞結節自動能の亢進・低下
  • 洞結節以外の異常自動能
  • トリガード・アクティビティ

興奮伝導異常

  • 伝導遅延ブロック
  • リエントリー

原因による分類

  • 生理的 → Wenckebach型2度房室ブロック(交感神経の緊張による房室結節内ブロック)
  • 病的

ガイドライン

  • 不整脈薬物治療に関するガイドライン(2009年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf



薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



抗不整脈」

  [★]

antiarrhythmic
抗不整脈薬




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡