抗パーキンソン剤

出典: meddic

antiparkinsonian drug
抗パーキンソン病薬

商品

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マーケティングシェア・シリーズ第43弾(2015年)(第7回)中枢神経系用薬(その2)催眠鎮静剤、抗パーキンソン剤
  • マーケティングシェア・シリーズ第42弾(2014年)(第8回)中枢神経系用薬(その2)催眠鎮静剤、抗パーキンソン剤
  • マーケティングシェア・シリーズ第41弾(2013年)(第8回)中枢神経系用薬(その2)催眠鎮静剤、抗パーキンソン剤
  • マーケティングシェア・シリーズ第40弾(2012年)(第8回)中枢神経系用薬(その2)催眠鎮静剤、抗パーキンソン剤

関連リンク

抗パーキンソン病薬 パーキンソン病、薬剤性パーキンソン症候群、その他のパーキンソン症候群(脳炎、脳血管障害等による)の治療に用いられます。 精神科領域では、抗精神病薬の副作用として出現する、薬剤性パーキンソン ...
抗パーキンソン薬 リスト 薬物名 商品名 機序 作用 / 主な副作用 ドーパミン補充 薬 レボドパ ドパゾール ド-パミン前駆物質 作用 ドーパミン補充。 副作用 起立性低血圧。 ドパストン 酵素阻害・レボドパ作用 増強 薬 カルビドパ シ ...
それならば、同じようにD 2 受容体を刺激する薬物であれば抗パーキンソン作用を示すはずである。このようなD 2 受容体アゴニストにブロモクリプチン(商品名:パーロデル)がある。ブロモクリプチンはD 2 受容体を 刺激することで抗 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元医療用医薬品」「トリヘキシフェニジル」「エンタカポン」「ノウリアスト」「プラミペキソール
関連記事パーキン」「」「

医療用医薬品」

  [★]

ethical drug
一般用医薬品
  • 中枢神経系用薬
  • 末梢神経用薬
  • 感覚器用薬
  • その他の神経系及び感覚器官用医薬品
  • 循環器官用薬
  • 呼吸器官用薬
  • 消化器官用薬
  • 泌尿生殖器官及び肛門用薬
  • 外皮用薬
  • 歯科口腔用薬
  • ビタミン剤
  • 血液・体液用薬
  • 人工透析用薬
  • その他の代謝性医薬品
  • 細胞賦活用薬
  • 腫瘍用薬
  • アレルギー用薬
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • 抗生物質製剤
  • 寄生動物用薬
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • 調剤用薬
  • 公衆衛生用薬
  • その他の治療を主目的としない医薬品
  • アルカロイド系麻薬(天然麻薬)
  • 非アルカロイド系麻薬


トリヘキシフェニジル」

  [★]

trihexyphenidyl
trihexyphenidylum
塩酸トリヘキシフェニジル トリヘキシフェニジル塩酸塩 trihexyphenidyl hydrochloride
アーテン Artaneセドリーナトリフェジノントリヘキシントレミン Treminパーキネスパキソナールピラミスチン
プロサイクリディンビペリデンムスカリン受容体抗パーキンソン剤


ドパミン系機能とアセチルコリン系機能とを平衡させる

副作用

  • 視力障害、口渇、尿閉、便秘、混乱、せん妄 (SPC.191)



エンタカポン」

  [★]

entacapone
コムタン
レボドパカルビドパカテコール-O-メチルトランスフェラーゼ COMT
抗パーキンソン剤
  • 末梢COMT阻害薬であり、レボドパ・カルビドパ又はレボドパ・塩酸ベンセラジドと併用され、レボドパから3-O-メチルドパ(3-OMD)の代謝経路を阻害することでレボドパの生物学的利用率を増大させ、そのため血中レボドパの脳内移行を効率化する。



ノウリアスト」

  [★]

会社名

協和発酵キリン

成分

薬効分類

抗パーキンソン剤(レボドパ含有製剤で治療中のパーキンソン病におけるウェアリングオフ現象の改善用薬)


プラミペキソール」

  [★]

pramipexole
塩酸プラミペキソール水和物, pramipexole hydrochloride hydrate
ビ・シフロールミラペックス
抗パーキンソン剤


パーキン」

  [★]

  • 1. →プロフェナミン(パーキンソン症候群の治療薬であり、抗コリン薬に分類される)
  • 2. 若年性パーキンソン病の原因遺伝子として単離された遺伝子


剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


抗」

  [★]

anti
アンチ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡