抗トポイソメラーゼI抗体

出典: meddic

anti-topoisomerase I antibody
トポイソメラーゼI



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 SLEの経過中に抗トポイソメラーゼ-I抗体陽性の強皮症を発症したオーバーラップ症候群の1例
  • 冨田 郁代,森田 礼時,白崎 文朗 [他]
  • 臨床皮膚科 61(9), 697-699, 2007-08
  • NAID 40015597411
  • 膠原病検査の進歩と診断・治療への応用4. 抗トポイソメラーゼI抗体・抗セントロメア抗体
  • 高崎 芳成
  • 日本内科学会雑誌 92(10), 1926-1931, 2003-10-10
  • 抗トポイソメラーゼI(Top I)抗体および抗セントロメア抗体(ACA)は強皮症(SD)にて検出される抗核抗体として知られている.抗Top I抗体は広汎皮膚硬化型の症例を中心に約30%のSDで特異的に検出され,肺線維症の発症率が有意に高く, ACA陽性例に比較して予後不良となる.これに対し, ACAは約12%のSDで検出され,皮膚硬化の範囲の狭い限局型と相関し,一般に予後良好の経過をとる.また,原 …
  • NAID 10011933523
  • 特定疾患対策研究事業における強皮症の臨床調査個人票の疫学集計
  • 坂内 文男,森 満,石川 治,遠藤 秀治,新海 浤
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 26(2), 66-73, 2003-04-30
  • 毎年度,特定疾患治療研究事業の対象疾患である強皮症では,臨床調査個人票に症例の基本的属性および臨床検査所見の記載がなされている.我々は今回全国から集められた臨床調査個人票を用い,強皮症について基本集計を行った. 集計対象は平成11年度に医療費の公費負担を受けた強皮症患者10,956症例である.同疾患の臨床調査個人票にある記載項目について,性別,年齢などの基本的属性の集計を行い,さらに家族歴,自他覚 …
  • NAID 130000849652

関連リンク

抗Scl-70抗体(抗topoisomeraseI抗体), anti Scleroderma antibody 臨床的意義 抗 トポイソメラーゼI(トポI)抗体は、強皮症患者に検出される沈降抗体として報告され、 当初は抗Scl-1抗体、抗Og抗体と呼ばれた。1979年にDouvasらは、この抗体の対応抗原が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問108A050
リンク元限局性強皮症
関連記事I」「抗体」「トポイソメラーゼ」「トポイソメラーゼI」「

108A050」

  [★]

  • 42歳の女性。顔面と四肢の皮疹および易疲労感を主訴に来院した。 1か月前から顔面と四肢とに紅斑が出現した。 2週前から易疲労感があり、軽度ではあるが四肢の近位に筋肉痛も自覚していた。意識は清明。身長 158 cm、体重 64 kg。体温 37.4℃。脈拍 72/分、整。血圧 138/82 mmHg。呼吸数 16/分。顔面と四肢伸側に紅斑を認める。尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)。赤沈 58 mm/ 1時間。血液所見:赤血球 380万、 Hb10.8 g/dl、Ht 36%、白血球 9,400、血小板 32万。血液生化学所見:総蛋白 6.8 g/dl、アルブミン 2.8 g/dl、AST 112 IU/l、ALT 38 IU/l、LD 620 IU/l(基準 176~353)、 ALP256 IU/l(基準 115~359)、 γ -GTP 32 IU/l(基準 8~50)、 CK 320 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 24 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl。CRP 0.8 mg/dl。右手背の写真 (別冊 No. 23)を別に示す。
  • この疾患に最も特異度が高い自己抗体はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108A049]←[国試_108]→[108A051

限局性強皮症」

  [★]

localized scleroderma, circumscribed scleroderma
scleroderma circumscriptum
剣創状強皮症 sclerodermie en coup de sabre、限局性皮膚強皮症?、limited cutaneous scleroderma?
強皮症全身性強皮症線状強皮症

検査

  • 抗核抗体:高率に陽性 (参考1)

参考

  • 1. [charged] Pathogenesis, clinical manifestations, and diagnosis of morphea (localized scleroderma) in adults - uptodate [1]


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


抗体」

  [★]

antibody, Ab
γ-globline、免疫グロブリン
  • 抗原を特異的に認識する糖蛋白質である免疫グロブリンの一種。
  • 血液・リンパ液中で抗原と非結合状態のものを指す
  • 液性免疫に関与




トポイソメラーゼ」

  [★]

topoisomerase
DNAトポイソメラーゼ


  • DNAの超らせん構造を変換する酵素
  • I型:DNA複製の際に、複製フォークの進行により生じる超らせん構造を緩和
  • II型:DNA gyrase


トポイソメラーゼI」

  [★]

topoisomerase I
DNAト・イソメラーゼ、I型DNAト・イソメラーゼ、DNAト・イソメラーゼI


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡