抗カルジオリピン抗体

出典: meddic

anticardiolipin antibody, anti-cardiolipin antibody
カルジオリピン cardiolipin



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 完全自動化測定器による抗リン脂質抗体測定の意義
  • 奥 健志,アメングアル オルガ,久田 諒,大村 一将,中川 育麿,渡邊 俊之,坊垣 暁之,堀田 哲也,保田 晋助,渥美 達也
  • 日本臨床免疫学会会誌 38(3), 157-163, 2015
  • … 北海道大学病院内科IIおよび消化器内科,北海道医療大学内科に通院するAPS患者を含む膠原病及び非膠原病患者・健常人合計212例の保存検体を用い後方視的に完全自動化化学発光免疫測定器にてaPL(抗カルジオリピン抗体IgG/IgM,抗β2グリコプロテインI抗体IgG/IgM)を計測し,従来のELISA検査法と比較した.その結果,両者は同等の診断確度を有していた.また,APS患者では2種以上のaPL陽性となる症例が,41/61(67%)と …
  • NAID 130005089221
  • 抗カルジオリピンIgG 抗体の誘導はヒトヘルペスウイルス6 型の初感染に関連する
  • TOYOSHIMA Mitsuo,OKUNO Toshiomi,MAEGAKI Yoshihiro,YONEE Chihiro,MARUYAMA Shinsuke,NEROME Yasuhito,TAKEI Syuji,KAWANO Yoshifumi,豊島 光雄,奥野 壽臣,前垣 義弘,米衛 ちひろ,丸山 慎介,根路銘 安仁,武井 修治,河野 嘉文
  • 鹿児島大学医学雑誌=Medical journal of Kagoshima University 66(1), 5-13, 2014-12-01
  • … 方法 : 第一に、乳幼児期の抗リン脂質抗体(抗カルジオリピン抗体IgG;aCL-IgG、抗カルジオリピン抗体IgM;aCLIgM、anti-β2 glycoprotein-1;β2GP1 抗体)の陽性率を年齢ごとに検討した。 …
  • NAID 120005549924
  • 症例から学ぶ血栓症Q&A リウマチ・膠原病関連血栓症の診断と治療のポイントとは?
  • 西澤 徹,尾崎 吉郎,野村 昌作
  • Thrombosis medicine 4(4), 395-398, 2014-12
  • NAID 40020287336

関連リンク

抗リン脂質抗体症候群(APS)は、血液中に抗リン脂質抗体(抗カルジオリピン抗体や、 ループスアンチコアグラント)という自己抗体が証明 され、習慣性に(2回以上)流産を 起こしたり、動脈や静脈の中で血の固まりが出来る血栓症(脳梗塞、肺梗塞、四肢の 静脈 ...

関連画像

抗カルジオリピン抗体,β 2 GPI 医学の進歩:抗リン脂質症候群抗リン脂質抗体症候群の分類 抗カルジオリピン抗体, anti


★リンクテーブル★
先読みcardiolipin
国試過去問108A050」「098B021」「103D030」「097H063
リンク元抗リン脂質抗体症候群」「anticardiolipin antibodies」「anticardiolipin antibody
関連記事抗体」「カルジオリピン」「」「」「カルジオリピン抗体

cardiolipin」

  [★] カルジオリピン

also Antiphospholipidprotein antibodies


108A050」

  [★]

  • 42歳の女性。顔面と四肢の皮疹および易疲労感を主訴に来院した。 1か月前から顔面と四肢とに紅斑が出現した。 2週前から易疲労感があり、軽度ではあるが四肢の近位に筋肉痛も自覚していた。意識は清明。身長 158 cm、体重 64 kg。体温 37.4℃。脈拍 72/分、整。血圧 138/82 mmHg。呼吸数 16/分。顔面と四肢伸側に紅斑を認める。尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)。赤沈 58 mm/ 1時間。血液所見:赤血球 380万、 Hb10.8 g/dl、Ht 36%、白血球 9,400、血小板 32万。血液生化学所見:総蛋白 6.8 g/dl、アルブミン 2.8 g/dl、AST 112 IU/l、ALT 38 IU/l、LD 620 IU/l(基準 176~353)、 ALP256 IU/l(基準 115~359)、 γ -GTP 32 IU/l(基準 8~50)、 CK 320 IU/l(基準 30~140)、尿素窒素 24 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl。CRP 0.8 mg/dl。右手背の写真 (別冊 No. 23)を別に示す。
  • この疾患に最も特異度が高い自己抗体はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108A049]←[国試_108]→[108A051

098B021」

  [★]

  • 66歳の女性。発熱と体重減少とを主訴に来院した。1か月前から38℃を超える発熱が続き、抗菌薬を投与したが軽快しない。体重が3kg減少した。両側中下肺にfine crackles(捻髪音)を聴取する。尿所見:蛋白2+、糖(-)、潜血3+。血清生化学所見:尿素窒素48mg/dl、クレアチニン2.4mg/dl、CRP14.8mg/dl(基準0.3以下)。診断に最も有用な検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098B020]←[国試_098]→[098B022

103D030」

  [★]

  • 30歳の女性。下肢の皮疹を主訴に来院した。3か月前から両側下肢に網目状の紅斑が出現し、1週前から小潰瘍が多発してきた。2度の流産を経験している。25歳時に脳梗塞の既往がある。
  • 診断に有用なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103D029]←[国試_103]→[103D031

097H063」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 097H062]←[国試_097]→[097H064

抗リン脂質抗体症候群」

  [★]

antiphospholipid syndrome, antiphospholipid antibody syndrome, anti-phospholipid syndrome, anti-phospholipid antibody syndrome, APS
抗リン脂質症候群
[[]]

概念

分類

  • 原発性
  • 続発性
  • 全身性エリテマトーデスに合併(SLEの20-40%に合併)
  • 劇症型(catastrophic APS):血小板減少症・重症、3部位以上の多臓器不全

病因

疫学

症状

  • 動静脈血栓症
  • 胎盤内の血栓形成→胎盤機能不全。妊娠5-6か月に多い。明らかな基礎疾患のない習慣流産患者のうちの20%を占める。3回続けて流産した場合は疑われる。
  • 1. 静脈血栓症:深部静脈血栓症(Budd-Chiari症候群、下肢、腎、網膜など)、肺塞栓症、腸間膜静脈血栓症
  • 2. 動脈血栓症:脳血管障害(一過性脳虚血発作、脳梗塞)、末梢動脈閉塞、腸間膜動脈血栓症、心筋梗塞、網膜動脈血栓症
  • 3. 習慣性流産:子宮内胎児死亡
  • 4. 血小板減少症(出血傾向は来さないことが多い)
  • 5. その他:網状皮斑(livedo),皮膚潰瘍、溶血性貧血、偏頭痛、舞踏病、てんかん、肺高血圧症など

REU.188

皮膚 網状皮斑、浅在性血栓性静脈炎、爪下線状出血足潰瘍、皮膚遠位部虚血、皮膚梗塞、blue-toe syndrome
神経系 一過性脳虚血脳卒中多発梗塞性認知症舞踏病横断性脊髄炎脳症片頭痛pseudotumor cerebri、脳静脈血栓
心臓 狭心症心筋梗塞、冠状動脈症、心弁膜症疣贅、心臓内血栓
肺塞栓肺高血圧
血液 血小板減少溶血性貧血
消化器 Budd-Chiari syndrome肝梗塞
腎臓 糸球体血栓、腎不全高血圧の亢進、腎動脈血栓、腎静脈血栓
産科系 胎児喪失、子宮内胎児発育遅延HELLP症候群羊水過少
眼科 網膜静脈閉塞網膜動脈閉塞、血管閉塞性網膜症、虚血性視神経症
内分泌 副腎不全
筋骨格系 阻血性壊死(?)
  • SLE様症状(蝶形紅斑、DLE、光線過敏症など)もありうる

診断

診断基準 REU.190

臨床症状1椎上、検査基準1つ以上を満たしたとき、抗リン脂質抗体症候群と診断
  • 臨床症状
  • 1. 血栓症:動脈、静脈、小血管
  • 2. 妊娠合併症
  • a. 妊娠10週以降の胎児死亡
  • b. 重症子癇前症、子癇、あるいは重症胎盤機能不全による34週以前の早産
  • c. 3回以上続けての妊娠10週以前の自然流産
  • 検査基準

検査

  • 抗カルジオリピン抗体陽性
→ 梅毒血清反応(STS):偽陽性
抗β2-GFI/カルジオリピン複合体抗体
→ リン脂質依存性の血液凝固反応の阻害(内因系) → APTT:延長。PT:正常
  • 血小板減少 ← 血栓症

治療

  • 動脈血栓症の再発予防・・・アスピリン少量内服が第一選択
  • 静脈血栓症の再発予防・・・ワルファリン

予後

予防

anticardiolipin antibodies」

  [★] 抗カルジオリピン抗体


anticardiolipin antibody」

  [★] 抗カルジオリピン抗体


抗体」

  [★]

antibody, Ab
γ-globline、免疫グロブリン
  • 抗原を特異的に認識する糖蛋白質である免疫グロブリンの一種。
  • 血液・リンパ液中で抗原と非結合状態のものを指す
  • 液性免疫に関与




カルジオリピン」

  [★]

cardiolipin
カルジオリピン試験梅毒血清反応
  • 酸性グリセロリン脂質の一種


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


抗」

  [★]

anti
アンチ


カルジオリピン抗体」

  [★]

cardiolipin antibody




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡