抑肝散

出典: meddic

よくかんさん
気逆


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/03 22:57:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 抑肝散の向精神作用におけるグルタミン酸神経系の関与に関する研究
  • 海外に発信する漢方研究 抑肝散による睡眠障害改善の作用機序を探る基礎研究
  • 抑肝散加陳皮半夏が健康成人の睡眠に与える影響 (特集 よりよい睡眠を目指して)
  • 神林 崇,相澤 里香,林 由里子 [他]
  • 漢方医学 37(1), 34-37, 2013-00-00
  • NAID 40019554953

関連リンク

抑肝散とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 神経の高ぶりをしずめる漢方薬です。 作用 【働き】 抑肝散(ヨクカンサン)という方剤です。神経の高ぶりをおさえ、また、筋肉の ...
抑肝散(ヨクカンサン) は、読んで字のごとく東洋医学で言う五臓六腑の五臓の一つである肝(カン)を抑える薬です。肝(カン)は西洋医学で言うところの肝臓とはやや異なる概念のものです。肝(カン)の働きは肝臓の機能である①胆汁 ...

関連画像

抑肝散使用の年齢分布抑肝散加陳皮半夏が処方されるクラシエ 漢方 抑肝散加芍薬 抑肝散:更年期障害、神経症 抑肝散 (ツムラ54) 抑肝散 エキス顆粒(医療用

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

コタロー抑肝散加陳皮半夏エキス細粒

組成

  • 本剤9.0g中
    日局トウキ     3.0g
    日局チョウトウコウ 3.0g
    日局センキュウ   3.0g
    日局ビャクジュツ  4.0g
    日局ブクリョウ   4.0g
    日局サイコ     2.0g
    日局カンゾウ    1.5g
    日局チンピ     3.0g
    日局ハンゲ     5.0g
    上記の混合生薬より抽出した抑肝散加陳皮半夏の水製乾燥エキス6.1gを含有する。
    添加物としてステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、乳糖、プルラン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムを含有する。

効能または効果

  • 神経症、更年期神経症、不眠症、高血圧または動脈硬化による神経症状、小児夜啼症。
  • 通常、成人1日9.0gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。
    なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 著しく胃腸の虚弱な患者[食欲不振、胃部不快感、悪心、下痢等があらわれるおそれがある。]
  • 食欲不振、悪心、嘔吐のある患者[これらの症状が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

偽アルドステロン症:

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパシー:

  • 低カリウム血症の結果としてミオパシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
先読み気逆」「柴胡」「当帰」「甘草」「茯苓
リンク元肝虚
拡張検索抑肝散加陳皮半夏エキス」「抑肝散料エキス」「抑肝散加陳皮半夏」「抑肝散エキス

気逆」

  [★]

気血水
  • 気の循環の失調であり、身体中心部から末梢へ、あるいは上半身から下半身へ巡るべき気が逆流したために生じた病態。
  • 診断基準として気逆スコアが提案されている。
  • 気逆には、奔豚気、咳逆上気、水逆・嘔逆、厥逆・厥冷がある。
  • 気逆を改善する生薬として桂枝呉茱萸黄連五味子半夏がある
  • 気逆を改善する方剤:
  桂枝 甘草 大棗 生姜 乾姜 人参 茯苓 芍薬 半夏 呉茱萸 黄連 その他
苓桂甘棗湯                      
桂枝加桂湯                    
肘後方・奔豚湯                  
苓桂味甘湯                   五味子    
苓桂朮甘湯                      
桂枝加竜骨牡蠣湯               竜骨 牡蠣  
桂枝人参湯                    
 
黄連湯                
黄連解毒湯                       黄芩 黄柏 山梔子
 
呉茱萸湯                      


柴胡」

  [★]

さいこ、サイコ
chai hu, Bupleurum root, chinese thorowax root
Bupleuri Radix
ミシマサイコ柴胡剤
  • 生薬
  • 成分:サポニン類(サイコサポニン)
  • 薬理作用:解熱作用、消炎作用、鎮痛作用、鎮静作用、抗菌作用、抗ウイルス作用
  • 方剤:柴胡剤(少陽病・胸脇苦満型)のベースとして用いられており、黄芩と共に使われることが多い。


当帰」

  [★]

とうき
Japanese angelic aroot
Angelicae RadixAngelica root
大和当帰北海当帰
  • 生薬。
  • 成分:ligustilide、クマリン、ポリアセチレン、スクロース



甘草」

  [★]

かんぞう
glycyrrhiza, licorice root
偽性アルドステロン症


茯苓」

  [★]

ぶくりょう
poriasclerotium, hoelen
Hoelen, Pachyma hoelen
伏神 ぶくしん
  • 生薬


肝虚」

  [★]

五臓
  白朮 茯苓 川芎 当帰 柴胡 甘草 釣藤鈎 半夏 陳皮 石膏 麦門冬 人参 防風 生姜 菊花 芍薬 牡丹皮 山梔子 薄荷 大棗 黄ごん 桂皮
抑肝散                              
抑肝散加陳皮半夏                            
釣藤散                      
加味逍遥散                      
柴胡桂枝湯                          


抑肝散加陳皮半夏エキス」

  [★]

漢方製剤抑肝散加陳皮半夏

抑肝散料エキス」

  [★]

漢方製剤、抑肝散料

抑肝散加陳皮半夏」

  [★]

よくかんさんかちんぴはんげ


抑肝散エキス」

  [★]

抑肝散漢方製剤




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡