抑制法

出典: meddic

restraining method


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高周波弾性波デバイスの非線形特性解析と高線形化(<特集>周波数発生・制御デバイスの新展開論文)
  • 上田 政則,井上 将吾,堤 潤,岩城 匡郁,水戸部 整一,西原 時弘,佐藤 良夫,橋本 研也
  • 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 J96-A(6), 309-317, 2013-06-01
  • … ずみ出力とその評価系,携帯電話における弾性波デバイスへの要求について紹介する.続いて筆者らが提案するSAW及びBAWデバイスの非線形解析手法を説明,これら解析手法の妥当性を1.9GHz帯PCS(Personal Communications Service)用SAWデュープレクサ及び2GHz帯UMTS(Universal Mobile Telecommunications System)Band1用FBAR(Film Bulk Acoustic Resonator)デュープレクサを使用して実証した.更にFBARデュープレクサを使用して非線形二次ひずみの抑制法を報告する. …
  • NAID 110009612400
  • プリント回路基板周辺のEMC問題(<特集>多様化する電磁環境におけるEMC対策設計・評価技術論文)
  • 井上 浩,萓野 良樹
  • 電子情報通信学会論文誌. B, 通信 J96-B(4), 378-388, 2013-04-01
  • … ルによって構成されるEMC問題モデル(EMIアンテナモデル)を用いた.更に,PCBに関係する配線の不連続部分や基板上の素子,近傍に置かれた導体,PCBを内蔵するきょう体などからの放射についても論じている.複雑な放射メカニズム及び有効な放射抑制法を検討するには適切な検討モデルが必要不可欠である.単純モデルから得た基本原理は,様々なモデルへの応用が可能になり,電磁ノイズの対策が飛躍的に進展すると考えられる. …
  • NAID 110009596113

関連リンク

抑制法 目的及び対象 患者を安全に保護し、または安静を保持するために、全身的にあるいは身体の一部分の運動制限を他動的に行うことである。 不穏状態や意識障害などにより、患部の安静が必要な時期でも安静保持ができない場合 ...
抑制法(小児) 目的 抑制は、検査や処置・治療において、子どもの安全・安静を保つために、運動の制限を目的として行う。制限する動き、部位、子どもの年齢・理解度・身体の大きさによって方法や用具を選択する必要がある。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索免疫抑制法」「脂肪抑制法
関連記事抑制」「

免疫抑制法」

  [★]

immunosuppression method


脂肪抑制法」

  [★]

fat suppression method


抑制」

  [★]

inhibitionsuppressiondepressionrestraintinhibitsuppressdepressabrogaterestrain
うつ病拘束、制限、阻害阻止、低下、撤廃抑圧抑欝廃止取り消す抑止抑えるうつうつ状態サプレス制圧鬱病抑うつ抑うつ状態





法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡