打抜き潰瘍

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

確定診断には大腸内視鏡が必要で、回盲部におおきな多発性潰瘍を認めます。潰瘍は 深く下掘れし、打ち抜き病変=punched out lesionとよばれます(図7 マウス )。腸管 リンパ節が潰瘍形成にともない、炎症をおこして腫大し、超音波でも確認されます。
病変の好発部位は回盲部末端から盲腸にかけてであり、打ち抜き型の潰瘍性病変を 特徴とし、多発することが多い。腸管穿孔、腸管出血など緊急の外科的対応を要する こともある。NMUSIは高度な貧血を主症状とし、腹痛、タール便、浮腫などを随伴する。

関連画像

 の内視鏡像 打ち抜き潰瘍所見My J-STAGEとは? ログイン 新規 経鼻内視鏡検査で評判の新横浜 My J-STAGEとは? ログイン 新規


★リンクテーブル★
関連記事潰瘍

潰瘍」

  [★]

ulcer
ulcus
びらん
  • 粘膜の損傷が粘膜筋板に達し、その筋層を貫通した場合。






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡