手綱交連

出典: meddic

habenular commissure
commissura habenularum
交連線維



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


参考

  • 1. 解剖標本
[display]https://anatomia.wum.edu.pl:444/atlas/image_04be.htm


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

... との境に前後の方向に走る白い条すなわち視床髄条があって、この髄条の後端は膨大して手綱の間には横走する手綱交連が見られる。手綱と松果体とを合して視床上部という。視床の下面は視床下溝によって視床下部と境される。 ...
頭蓋内の生理的石灰化 ・硬膜・くも膜の石灰化:大脳鎌、小脳テント、petroclinond ligament、interclinoid ligament、くも膜顆粒 ・松果体:10歳以上に見られる。20歳以上で約半数に見られる。・手綱交連 ・脈絡叢:側脳室三角部、第四脳室 ...

関連画像

Endoscopic Third Ventriculostomy腹側視床 : 錐体外路系に属 解剖生理から見る人間としての anatomy16b-3-3.jpg (54830 バイト)


★リンクテーブル★
リンク元交連線維」「生理的石灰化
関連記事」「交連

交連線維」

  [★]

commissure fibers (KL), commissural fibers
fibrae commissurales



生理的石灰化」

  [★]

石灰化
  • 好発部位:小脳歯状核、大脳基底核、松果体、手綱交連

国試

  • 102H013:副甲状腺機能低下症?小脳歯状核、尾状核、淡蒼球と被殻の石灰化。

連」

  [★]

train、(分類学)tribe
訓練種族


交連」

  [★]

commissure






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡