懸濁液

出典: meddic

suspension
懸垂懸濁剤浮遊液コロイド溶液




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/03 03:17:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • リチウム硫黄電池用多層カーボンナノチューブ水性懸濁液の合成
  • 溶射用同軸細管二流体噴射弁による懸濁液の噴霧特性
  • 微粒化シンポジウム講演論文集 24, 155-159, 2015-12-17
  • NAID 40020700935
  • 3P5-18 超音波ピーク周波数シフトを用いた高濃度懸濁液中の粒子凝集度推定
  • 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集 36, "3P5-18-1"-"3P5-18-2", 2015-11-05
  • NAID 110010015255

関連リンク

懸濁液(けんだくえき)とは、固体粒子が液体中に分散した分散系。英語では サスペンション (suspension)。サスペンジョンともいうが、ドイツ語のズスペンジオーン ( Suspension) が混ざった呼び名である。 粒子はコロイド粒子(100nm程度以下)のこと もあるが、 ...
それぞれの意味を調べると下記のとおりです。 懸濁液サスペンジョンとも。液体中に0.1 ~10μm程度の固体微粒子が分散したもの。泥水,墨汁などはその例。長時間放置 すると微粒子は沈降するが,安定剤(墨汁に対するゼラチンなど)を加える ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • ニューモシスチス肺炎治療薬

販売名

サムチレール内用懸濁液15%

組成

成分・含量

  • 本剤5mL中にアトバコン750mgを含有

添加物

  • ベンジルアルコール、キサンタンガム、ポリオキシエチレン(160)ポリオキシプロピレン(30)グリコール、サッカリンナトリウム水和物、香料

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

適応菌種

  • ニューモシスチス・イロベチー

適応症

  • ニューモシスチス肺炎、ニューモシスチス肺炎の発症抑制
  • 本剤は、副作用によりスルファメトキサゾール・トリメトプリム配合剤(ST合剤)の使用が困難な場合に使用すること。
  • 重症のニューモシスチス肺炎患者(肺胞気・動脈血酸素分圧較差[(A-a)DO2]が45mmHgを超える患者)での本剤の使用に関する成績は、十分に検討されていない。また、他の治療法で効果が得られなかった重症のニューモシスチス肺炎患者における本剤の有効性を示すデータは限られている。
  • ニューモシスチス肺炎の発症抑制は、ニューモシスチス肺炎のリスク(CD4細胞数が目安として200/mm3未満、ニューモシスチス肺炎の既往歴がある等)を有する患者を対象とすること。
  • 本剤は他の真菌又は細菌、マイコバクテリア又はウイルス疾患の治療に有効ではない。

ニューモシスチス肺炎の治療

  • 通常、成人には1回5mL(アトバコンとして750mg)を1日2回21日間、食後に経口投与する。

ニューモシスチス肺炎の発症抑制

  • 通常、成人には1回10mL(アトバコンとして1500mg)を1日1回、食後に経口投与する。
  • 本剤は絶食下では吸収量が低下するため、食後に投与すること。本剤を食後に投与できない患者では、代替治療を検討すること。
  • 投与開始時及び投与中に下痢が認められている場合には、本剤の吸収が低下し、効果が減弱する可能性がある。下痢が認められている患者では、代替治療を検討すること。

慎重投与

  • 重度の腎障害患者[使用経験が少ない]
  • 重度の肝障害患者[使用経験が少ない]

重大な副作用

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑

(頻度不明注1)

  • 皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

重度の肝機能障害

(頻度不明注1)、2)

  • 重度の肝機能障害があらわれることがあるので、必要に応じ肝機能検査を行うこと。

薬効薬理

作用機序

  • アトバコンの作用部位はミトコンドリア呼吸鎖であることが示唆されており、P. cariniiミトコンドリアの電子伝達系複合体III(complex III)を0.015μMのIC50で抑制した。アトバコンは、ミトコンドリア内膜蛋白質ユビキノンのチトクロームb(complex IIIの構成成分)への結合を阻害し、その結果としてATPレベルを顕著に低下させる4)ことにより抗P. jirovecii活性を示すと考えられている。

In vitro及びin vivo活性

  • ヒト胎児肺線維芽細胞に感染させたP. jiroveciiの増殖を抑制し、そのMICは約0.3μM、3H-p-aminobenzoate取込みを指標としたときIC50は1.4μMであった5)。デキサメタゾン誘発免疫不全ラットにおいて予防的反復経口投与により潜伏感染しているP. cariniiの再活発化を完全に抑制し、治療的反復経口投与により、ラット肺病巣のP. cariniiシスト数を用量依存的に軽減した6)

薬剤耐性

  • アトバコン無効例の複数のニューモシスチス肺炎患者から分離したP. jiroveciiのチトクロームbDNA配列を解析したところ、ユビキノンが結合するQ0部位に耐性に関連すると思われる変異が数種類認められた7,8)。しかし、これらの変異はアトバコン無効例の一部でしか認められていないことから、臨床におけるアトバコン耐性に関してのチトクロームb遺伝子変異の意義は明らかではない。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • アトバコン(Atovaquone)

化学名

  • 2-[trans-4-(4-Chlorophenyl)cyclohexyl]-3-hydroxy-1,4-naphthoquinone

分子式

  • C22H19ClO3

分子量

  • 366.84

性状

  • 本品は黄色の粉末である。

融点

  • 221℃

分配係数(log P)

  • 5.3(1-オクタノール/水系)


★リンクテーブル★
先読みコロイド溶液
リンク元suspension」「懸濁剤」「懸垂」「浮遊液
関連記事懸濁

コロイド溶液」

  [★]

colloidal solution
-懸濁液


suspension」

  [★]

liftingsuspending agentsuspensory

WordNet   license wordnet

「a mixture in which fine particles are suspended in a fluid where they are supported by buoyancy」

WordNet   license wordnet

「an interruption in the intensity or amount of something」
respite, reprieve, hiatus, abatement

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉つるすこと,つるされた状態 / 〈U〉停学,停職;(法律・免状などの)一時停止,(判断などの)保留《+of+名》 / 〈C〉(液体の中に固体の微粒子のある)懸濁液;(液体・気体中の)浮遊物」

WordNet   license wordnet

「the act of suspending something (hanging it from above so it moves freely); "there was a small ceremony for the hanging of the portrait"」
dangling, hanging

WordNet   license wordnet

「a mechanical system of springs or shock absorbers connecting the wheels and axles to the chassis of a wheeled vehicle」
suspension system

WordNet   license wordnet

「a temporary debarment (from a privilege or position etc)」
temporary removal


懸濁剤」

  [★]

suspending agentsuspension
懸垂懸濁液賦形剤浮遊液安定化剤


懸垂」

  [★]

suspensionliftingsuspensory
懸濁液懸濁剤浮遊液揚力


浮遊液」

  [★]

suspension
懸垂懸濁液懸濁剤


懸濁」

  [★]

suspendingsuspend
中止浮遊保留吊す




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡