慶應義塾大学病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 慶應義塾大学病院

url

理念

  • 患者さんに優しく、患者さんに信頼される患者さん中心の医療を行います先進医療を開発し、質の高い安全な医療を提供します豊かな人間性と深い知性を有する医療人を育成します人権を尊重した医学と医療を通して人類の福祉に貢献します

住所

  • 〒160-8582 新宿区信濃町35番地

診療の特徴、実績

  • 当院は27の診療科と13の中央診療部門を有しており、1日平均の外来患者数は約4000人、入院患者数は約950人を数えます。さらに年間2万人以上の救急患者を受け入れ、全身麻酔手術も1万件に及んでいます。また、特定機能病院として先進医療を提供するとともに、日本各地に展開する関連病院等との人事交流と医療連携を通して、地域医療に取り組んでいます。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 918.2人

一日平均外来患者数

  • 3,614.2人

平均在院日数(一般/精神)

  • 13.2日/25.1日

年間分娩件数

  • 628件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 79件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/20回

当院の救急医療の特徴

  • 当院における救急医療機関は、3段階に分類されています。a. 重症患者さんを扱う救命救急センターをはじめとする第3次救急医療機関b. 中等症患者さんを扱う第2次救急医療機関c. 軽症患者さんを扱う初期救急医療機関 これらのうち、どの診療機関に患者さんを搬送するかは、救急隊の判断で決まります。 当院の救急科は、第3次救急医療機関ですが、他の第3次救急医療機関とは異なり、軽症から重症までのすべての患者さんの診療を同一部門で行う、本邦には少ない欧米型の救急診療部門です。これにより、当初は軽症と分類されてしまった患者さんのなかに混在する重症の患者さんを救命することが可能となりました。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科/外科/整形外科/形成外科/小児科/産婦人科/眼科/皮膚科/泌尿器科/耳鼻咽喉科/精神・神経科/歯科・口腔外科

一日平均救急外来患者数

  • 58.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 16.2人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 0人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3-4回

当直手当

  • 有り(宿直、日直の回数に応じた当直手当を支給)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 38人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 6人

勤務体制

  • 平日の宿直(月-土):19:00-翌朝8:40日・祝日・第1、3土曜日:日直 8:40-16:30日・祝日・第1、3土曜日:宿直 16:30-翌朝8:40

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 慶應義塾大学病院では「やる気のある人」「協調性のある人」を求めています。当院はもとより全国から研修医が集まって,みんなで切磋琢磨してきた病院です。本大学卒業の有無を問わず,お互いを高めていける人材を求めています。また,慶應義塾大学病院は全人的医療とより高いレベルの先進医療を目指しています。是非われわれと一緒に明日の医療を担う医師を目指してがんばりましょう。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • ・研修病院選びは「市中病院VS大学病院」という形で語られることが多いようです。私たち学年では,いわゆる市中病院の実践的な研修が人気を集めました。しかし一方では,多彩な症例,多くの専門家,豊富な文献といった大学病院の特色は,学生時代には気づきにくいものですが,いざ研修を始めてみるとその有り難味を感じます。当院のたすきがけプログラムで,2年間のうちに大学病院も市中病院も経験し,他とは一味違う,視野の広い医師を目指しませんか。・慶應義塾大学病院は研修医を塾内外から広く受け入れており,私立・国立を問わずに全国の様々な大学出身者の研修医が互いに切磋琢磨し合い充実した日々を送っています。また,大学病院の初期研修ではプライマリ・ケアが学べないと言われていますが,慶應義塾大学病院では月に3-4回の救急全科当直に加え,毎週開催されるランチョンセミナーや,内科総合外来などにより十分プライマリ・ケアを学ぶことができます。大学病院の専門性に加え,プライマリ・ケアも学べることが,この病院を選んだ理由です。その他に,関連病院が大変多く,2年間の初期研修のうち,1年間を自分の希望に合った病院を選べるのも大きな魅力の一つだと思います。皆さんも是非この恵まれた環境で私達と一緒に働きましょう。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/05 21:56:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 膀胱全摘術後9年目に残存尿道および鼡径リンパ節へ再発した膀胱癌の1例
  • 小幡 淳,菊地 栄次,金子 剛,宮嶋 哲,亀山 香織,陣崎 雅弘,大家 基嗣
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(1), 34-38, 2011-01-20
  • 68歳男性.1994年肉眼的血尿にて近医を受診し膀胱腫瘍を指摘され,加療目的に当院を受診した.TURBTにてUC,G2>G3,pT1と診断しBCG膀胱内注入療法を施行したが,1996年に再発しその際前立腺浸潤(cT4a N0 M0)を認めた.1997年,膀胱全摘,舟状窩を除く尿道摘除術,骨盤内リンパ節郭清,Indiana pouch造設術を施行した.2006年,左鼡径・傍大動脈リンパ節腫大, …
  • NAID 110008440746

関連リンク

慶應義塾大学病院の公式Webサイトです。我々は福澤諭吉の精神にもとづき、患者さんに優しく信頼され、先進的医療の開発、人間性と深い医療人の育成を実行してまいります。
慶應義塾大学病院の公式Webサイトです。我々は福澤諭吉の精神にもとづき、患者さんに優しく信頼され、先進的医療の開発、人間性と深い医療人の育成を実行してまいります。このページでは弊社の「診療科・部門一覧」について掲載 ...
慶應義塾大学病院の看護師としてあるべき姿や責務と、看護部の概要を紹介します。 慶應看護の特徴や、当院をご利用いただいている患者さんやご家族に対する看護相談、専門領域看護について紹介します。 看護部長からの

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事大学

大学」

  [★]

universitycollegeUniv
単科大学




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡