慢性硬膜下血腫

出典: meddic

chronic subdural hematoma
急性硬膜下血腫硬膜下血腫 凹、硬膜外血腫

定義

  • 何らかのきっかけにより出血し(頭部外傷が多い。20%の症例では外傷の既往がない)、その出血から3週間以降に症状が出現した場合
1週間以内に発症したものは急性硬膜下血腫

概念

  • 硬膜内面の外側皮膜(外膜)とくも膜表面の内側皮膜(内膜)に包まれた暗赤色流動性の血腫(SCN.266)

疫学

  • 中高年以上の男性に多い
  • 片側性(90%)、両側性(10%)

病理

  • 慢性硬膜下血腫の外膜は組織的には肉芽組織で血管に富む。内膜はコラーゲン束からなり血管は見られない(SCN.266 図:SCN.267(病理組織))
  • 血腫は凝固因子を欠如しているため、凝固しない(SCN.266)

症状

  • 初発症状は頭痛が多い。
  • 頭痛→片麻痺→意識障害


YN.
  • 片麻痺、記憶力低下、意識障害
  • 若年者・・・頭痛、高齢者・・・認知症が多い。
  • 頭蓋内圧亢進症状 >> 脳圧迫症

検査

CT

  • 三日月型の血腫が典型的  ⇔  急性硬膜外血腫
  • 血腫は新鮮なものはhighしだいにisoからlowに変化する。
  • 出血後2-4修吾の血腫は、血腫被膜部の増強効果がみられる。

MRI

治療

  • 穿頭術により流動性血腫を除去後、血腫腔を生理食塩水で洗浄した後、血腫腔にドレーンを1日留置することで症状が劇的に改善する(SCN.267)

国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/01/11 16:10:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Treatable dementia--正常圧水頭症,慢性硬膜下血腫,薬剤性認知症の診断と治療 (特集 認知症) -- (診断・治療の実際)
  • 杉山 博通,数井 裕光,武田 雅俊
  • 綜合臨床 60(9), 1869-1874, 2011-09
  • NAID 40018976378
  • 症例報告 慢性硬膜下血腫を契機に診断された多巣性線維硬化症(multifocal fibrosclerosis)の1例
  • 宮崎 宏道,田伏 将尚,石山 直巳 [他]
  • Brain and nerve 63(7), 795-799, 2011-07
  • NAID 40018922087
  • 症例 頭痛で発症し,初期にはMRI上出血が明らかでなかった慢性硬膜下血腫の1例
  • 飯田 康,松井 聖博,團野 大介 [他]
  • 内科 108(1), 177-179, 2011-07
  • NAID 40018897185

関連リンク

慢性硬膜下血腫. 頭部外傷から数週~数カ月の後に頭の中に出血が起こることが あります。頭の骨(頭蓋骨)のすぐ内側には硬膜と呼ばれる膜がありますが、この硬膜の 内側にじわじわと出血が起こって血液の塊(血腫)が出来た状態を慢性硬膜下血腫と いい ...
慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ、chronic subdural hematoma)は、主に 高齢者にみられる、硬膜と脳の間に血腫が緩徐に形成される疾患。多くは、数ヶ月前に 頭をぶつけたなど比較的軽度な頭部外傷が原因のことが多いが、原因となる外傷が ...
慢性硬膜下血腫<外傷>。慢性硬膜下血腫とはどんな外傷か 頭蓋骨の内側で脳を包 んでいる硬膜と脳の間に、徐々に血がたまって血腫になったものです(コラム頭部の 解剖図)。 中高齢者(おおむね50~60歳以上)に多い特徴があります。原 gooヘルス ケア ...

関連画像

慢性硬膜下血腫CT5慢性硬膜下血腫硬膜下血腫慢性硬膜下血腫CT2慢性硬膜下血腫CT1MRI:慢性硬膜下血腫慢性硬膜下血腫a


★リンクテーブル★
先読み硬膜外血腫
国試過去問095H019」「104G069」「097F046」「104F017」「098D046」「108H026」「101G046」「100D020」「100B052
リンク元脳出血」「急性硬膜下血腫」「chronic subdural hematoma
関連記事下血」「血腫」「硬膜下血腫」「硬膜」「

硬膜外血腫」

  [★]

extradural hematoma (M,KH), epidural hematoma (M), EDH
硬膜外出血 epidural hemorrhage硬膜上血腫 extradural hematoma
硬膜下血腫 subdural hematoma


硬膜外血腫 硬膜下血腫
・殆どが外傷性(80-90%)で、頭蓋冠骨折を伴う
・硬膜動脈の破綻による
・左右側頭部が好発部位
・意識清明期を伴うことが多い
・骨と硬膜の硬い結合を剥がしながら伸展するので出血速度は遅い
・硬膜下腔への出血である
・硬膜外出血より進展しやすいので、意識障害の出現が早い
・(1)橋静脈の破綻によるもの、(2)高度の脳挫傷を伴うもの


-extradural hematoma
extradural epidural hematoma


095H019」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 80歳の女性。右上下肢の脱力を主訴に救急車で来院した。
  • 現病歴 : 約20年前から高血圧症を指摘され降圧薬投与を受けていた。日常生活は自立していたが、昨日朝からしゃべりづらくなり、今朝から右上下肢の力が入らなくなり、夕方トイレで立てなくなった。
  • 既往歴 : 75歳ころ、口唇と手とのしびれを認め、78歳時に左下肢の脱力に続いて動きが悪くなったことがある。
  • 生活歴 : 85歳の夫、長男夫婦と平屋家屋に同居。
  • 現症 : 意識は清明。体温36.4℃。呼吸数20/分。脈拍62/分、整。血圧162/70mmHg。舌は乾燥し、尿失禁を認める他特記すべきことはない。神経学的診察では右側の顔面を含む不全片麻痺と舌の右方偏位とを認める。Babinski徴候は両側で陽性である。
  • 入院後経過 : 内科的治療とリハビリテーションとを行った。意識状態は変化せず麻痺の進行もなかったが、尿路感染症を合併したころから昼夜の逆転現象と被害妄想とが出現した。リハビリテーションを再開したが、入院40日の時点で車椅子介助で意欲に乏しい。食事は左手で自力摂取可能であるが、尿失禁のためオムツを使用し、昼夜の逆転現象も持続している。
  • 今回の入院時診断で可能性が最も高いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095H018]←[国試_095]→[095H020

104G069」

  [★]

  • 78歳の男性。帰宅途中に転倒し顔面を打撲したため搬入された。72歳から胃食道逆流症で通院治療中である。10日前に仕事からの帰宅時に尿失禁をしたが、意識障害麻痺は伴わなかった。5日前の定期来院時、同伴の家族は少し元気がないと訴えたが、本人はそれを否定した。バイタルサイン、心肺および神経学的に異常所見を認めず帰宅した。搬入時、激しい頭痛や嘔吐はないが、右上肢が動かしづらいと訴える。意識は清明。体温 36.8℃。脈拍 92/分、整。血圧 154/64mmHg。右前額部から眼窩部にかけて皮下出血を認める。眼瞼結膜に貧血を認めない。右眼球結膜に出血を認める。胸部と腹部とに異常を認めない。神経学的所見で右指鼻試験がやや稚拙であるが、他に異常を認めない。尿所見、血液所見および血液生化学所見に異常を認めない。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。頭部単純CT(別冊No.12)を別に示す。


  • 考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G068]←[国試_104]→[104H001

097F046」

  [★]

  • 次の文を読み、45、46の問いに答えよ。
  • 55歳の男性。呼吸停止状態でマスクによる用手人工呼吸を受けながら救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 会社で電話中に後頭部に激しい頭痛を訴えて倒れた。同僚がかけつけたときいぴきを伴う大きな呼吸をしていたが、救急車到着時には呼吸停止の状態であった。
  • 既往歴 : 高血圧を指摘されたが無治療であった。
  • 現症 : 意識は昏睡状態。体温37.0℃。自発呼吸はない。脈拍は微弱。血圧68/40mmHg。左前額部に擦過傷を認める。瞳孔径左右とも3mm、対光反射は左右とも消失。心雑音はない。腹部に異常所見は認めない。
  • 最も考えられる疾患はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F045]←[国試_097]→[097F047

104F017」

  [★]

  • 芥川龍之介著「歯車」の一部を以下に示す。
  • のみならず僕の視野のうちに妙なものを見つけ出した。妙なものを?-と云うのは絶えずまわっている半透明の歯車だった。僕はこう云う経験を前にも何度か持ち合わせていた。歯車は次第に数を殖やし、半ば僕の視野を塞いでしまう、が、それも長いことではない、暫らくの後には消え失せる代わりに今度は頭痛を感じはじめる、-それはいつも同じことだった。
  • 「僕」の症状から最も考えられる疾患はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104F016]←[国試_104]→[104F018

098D046」

  [★]

  • 57歳の男性。1週前から頭痛があり、家族に支えられて来院した。
  • 約1か月前、飲酒後転倒して頭部を打撲した。軽度の見当識障害を認める。体温、呼吸、脈拍および血圧に異常はない。
  • 項部硬直はない。右上肢の挙上ができず、右下肢の脱力のため起立保持ができない。深部反射は右上下肢で亢進している。頭部単純CTを以下に示す。
  • この患者に最も適切な治療法はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 098D045]←[国試_098]→[098D047

108H026」

  [★]

  • 75歳の男性。転びやすいことを主訴に来院した。 4日前から少しずつ歩行が不安定となり転倒しそうになることが多くなった。家族は 1週前から受け答えもつじつまが合わないと言う。 1か月前、歩行中に転倒して右側頭部を打ち、裂創を生じたため他院で縫合処置を受けた。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108H025]←[国試_108]→[108H027

101G046」

  [★]

  • 75歳の男性。5日前から徐々に増悪する頭痛と左上下肢の脱力とを主訴に来院した。意識は清明。左上下肢の不全麻痺と左半身の感覚低下とを認める。頭部単純CTを以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 101G045]←[国試_101]→[101G047

100D020」

  [★]

  • 72歳の男性。頭痛を主訴に来院した。2か月前に家の中で転倒し、頭を打ったことがある。2週前から右上下肢の脱力感を自覚していたが、数日前から頭痛も自覚している。頭部単純CTを以下に示す。
  • 診断はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100D019]←[国試_100]→[100D021

100B052」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100B051]←[国試_100]→[100B053

脳出血」

  [★]

cerebral hemorrhage
脳内出血

概念

  • 頭蓋内の出血は総称して一般的に脳出血または脳溢血と呼ばれる。脳出血は脳内への出血と脳周囲への出血に分類される。医学的には狭義での脳内出血のみを指すことが多い。

疫学

部位別頻度

  • 被殻出血:40%、視床出血:30%、大脳皮質下出血:10%、小脳出血:10%、橋出血:10%

リスクファクター

IMD.1027
  • 高血圧、加齢、男性、飲酒、喫煙、低コレステロール

分類

部位による

YN.J-87 SQ.518

  被殻出血 視床出血 橋出血 小脳出血 皮質下出血
割合(%) 40 30 10 10 10
意識障害 {+} {+} {++} {±}  
嘔吐 {+} {+} {++} {+++}  
頭痛 {±} {±} {-} {+++}  
運動障害 対側 対側 四肢麻痺 運動失調  
感覚障害 対{+} 対{++} {±} {-}  
共同偏視 病側 内下方 正中 健側  
瞳孔 {±} 縮瞳 縮瞳 {±}  
瞳孔反射 時に×  
外科的治療 血腫除去術 × × 血腫除去術 血腫除去術

症候

  • 前駆症状無く、日中の活動時や食事中に突然発症する。
  • 頭痛や嘔吐を伴い、半数の症例では意識障害を伴う。
  • 脳局所症状は数分から数時間のうちに完成する。

検査

  • CT:高吸収
  • MRI
  • T1:
  • T2:
  • 拡散強調画像:(出血直後は多分低信号で、血腫を作れば明らかな)高信号


治療

脳出血に共通

参考

  • 1. 脳卒中治療ガイドライン2009
[display]http://www.jsts.gr.jp/jss08.html
  • 2. wikipedia ja

国試



急性硬膜下血腫」

  [★]

acute subdural hematoma
急性硬膜内血腫
硬膜下血腫慢性硬膜下血腫急性硬膜外血腫


急性硬膜外血腫急性硬膜下血腫

  CTにおける血腫の像 発症後の意識 好発部位
急性硬膜外血腫 凸レンズ 約6時間の意識清明期を経て意識障害 側頭葉
急性硬膜下血腫 凹レンズ 意識回復がないことが多い  




chronic subdural hematoma」

  [★]

慢性硬膜下血腫


下血」

  [★]

melena
melaena
タール便 tarry stool
消化管出血(上部消化管出血下部消化管出血)、黒色便、赤色便。吐血


定義

  • 肉眼的に便に血液が混入する病態  ⇔  潜血便 潜出血 occult bleeding(肉眼的に血液混入がはっきりしない)
  • 肛門からの血性排泄物を排泄すること
  • 古典的:タール便(黒色を意味する)
  • 臨床的:
  • (広義)便の中に血液が含まれている状態:黒色便、タール便、粘血便、鮮血便   (ただし潜血便は含まれない)
  • (狭義)タール便     

狭義

症候名 便性状
下血 タール便 黒色便
血便 鮮血便 赤色便

下血

分類

頻度

IMD.566
疾患 頻度(%)
虚血性腸炎 26.4
抗菌薬起因性腸炎 16.4
大腸癌大腸ポリープ 11.2
憩室炎 10
小腸より口側の出血 7.6
感染性腸炎 7.2
裂肛 6.4
宿便性潰瘍 5.2
その他の腸炎 4
その他の出血 1.2
不明 4.4

出血部位と便の性状

IMD.567
暗褐色~赤褐色便 十二指腸 消化性潰瘍乳頭部癌
肝臓 肝癌
胆道 胆道腫瘍、胆道炎
膵臓 膵炎膵癌
小腸 クローン病メッケル憩室、腸管動静脈血栓症、腸重積感染性腸炎結核、良悪性腫瘍
鮮紅色便 結腸 結腸癌潰瘍性大腸炎虚血性腸炎ポリープ憩室炎悪性リンパ腫薬物性腸炎腸結核S状結腸軸捻転放射線腸炎
直腸肛門 直腸癌裂肛痔核ポリープ潰瘍性大腸炎放射線腸炎子宮内膜症




血腫」

  [★]

hematoma
haematoma
血瘤


MRI

参考1
血腫におけるヘモグロビンの変性とMRI所見
出血 血液成分 T1強調画像 T2強調画像
直後(~24時間) オキシヘモグロビン 軽度低信号 軽度高信号
1~3日(急性期) デオキシヘモグロビン 軽度低信号 低信号
3日~1カ月(亜急性期) 血球外メトヘモグロビン 高信号 高信号
1カ月以上(慢性期) ヘモジデリン 軽度低信号 低信号

参考

  • 1. B.産婦人科検査法 9.婦人科疾患のMRI 診断 - 日産婦誌53巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/53/5306-099.pdf


硬膜下血腫」

  [★]

subdural hematoma
急性硬膜下血腫慢性硬膜下血腫


硬膜外血腫 硬膜下血腫
・殆どが外傷性(80-90%)で、頭蓋冠骨折を伴う
・硬膜動脈の破綻による
・左右側頭部が好発部位
・意識清明期を伴うことが多い
・骨と硬膜の硬い結合を剥がしながら伸展するので出血速度は遅い
・硬膜下腔への出血である
・硬膜外出血より進展しやすいので、意識障害の出現が早い
・(1)橋静脈の破綻によるもの、(2)高度の脳挫傷を伴うもの



-subdural hematoma


硬膜」

  [★]

dura mater
dura pachymeninx
脳硬膜脊髄硬膜髄膜


神経


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡