慢性疼痛

出典: meddic

chronic pain
慢性痛


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/18 13:13:04」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 社会賞 ボスニア・ヘルツェゴビナでの対人の地雷被災者疼痛治療(JICAプロジェクト専門家) (日本麻酔科学会第59回学術集会講演特集号) -- (2012年度学会賞記念講演)
  • MediCon OPINION 超高齢社会を乗り切るための「痛みの治療」 : 鍵となるのはがんの緩和ケアと慢性疼痛の治療 花岡一雄 JR東京総合病院名誉院長

関連リンク

2006年11月3日 ... 慢性疼痛とは、 病気も怪我もないのに、五年も十年も続く痛みをという。 発生機序: 神経 外傷が、 心理的要因などにより痛みの悪循環を形成し、 ... 頭痛の慢性化の要因; 慢性 疼痛の全身への影響; 痛覚増強; 反射性交感神経ジストロフイー ...

関連画像

慢性疼痛治療用配合剤 トラ 慢性疼痛治療薬 慢性疼痛治療薬最前線~リリカ 慢性疼痛の理解と医療連携|真 慢性疼痛・慢性腰痛に効く薬 急性疼痛と慢性疼痛


★リンクテーブル★
リンク元ケタミンテスト」「慢性痛」「chronic pain
関連記事疼痛」「慢性」「

ケタミンテスト」

  [★]

ketamine test
ケタミン、NMDA受容体拮抗薬、慢性疼痛
  • drug challenge testの一つ。ケタミンを投与してその反応をみるテスト。テストを経て症状が消失しかつ副作用が無ければ、今後使用することができると考える。



慢性痛」

  [★]

chronic pain
慢性疼痛


chronic pain」

  [★]


疼痛」

  [★]

pain, dolor
痛み
痛覚 pain sensation

疼痛

疼痛の伝達

  • Aδ線維
  • C線維

疼痛の調節

  • ゲートコントロール:Aδ線維とC線維による痛みはAβ線維による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系:下行性疼痛抑制系神経系による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系は中脳水道周辺灰白質からの脊髄への入力からなる。具体的には大縫線核(セロトニン作動性)、巨大細胞網様核・傍巨大細胞網様核(ノルアドレナリン作動性)がの2系統が起点となる。抗うつ薬はこれらの神経伝達物質の再吸収を妨げ鎮痛作用を発揮する。




慢性」

  [★]

chronicity
慢性的慢性型



痛」

  [★]

pain
痛み疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡