慢性炎症

出典: meddic

chronic inflammation

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/22 16:26:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • CMTと炎症性ニューロパチー (特集 シャルコー・マリー・トゥース病)
  • Brain and nerve : 神経研究の進歩 68(1), 31-42, 2016-01
  • NAID 40020711432
  • EBV関連B細胞リンパ腫の病態と新規治療
  • Tocilizumabにより臨床的・内視鏡的寛解が得られた消化管アミロイドーシスの1例

関連リンク

慢性炎症(まんせいえんしょう)は、炎症のうち、進行が緩やかに持続するもの。炎症 症状や血管の充血があり、原因となる刺激が除去されると成長が止まる。結核・梅毒・癩 などの特殊な肉芽腫を形成するものが含まれる。循環障害 ・ 滲出は急性炎症に比べて ...
炎症の慢性化機構の解明と制御 - 炎症の慢性化機構の解明と制御.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問107B060」「106C014」「104D013
リンク元小球性低色素性貧血」「急性炎症
拡張検索慢性炎症性脱髄性多発神経障害」「慢性炎症性脱髄性多発根神経炎
関連記事炎症」「」「慢性

107B060」

  [★]

  • 次の文を読み、58~60の問いに答えよ。
  • 57歳の男性。便潜血検査で異常を指摘され精査のため来院した。
  • 現病歴:50歳時に大腸ポリープで内視鏡的切除術を受けた。その後、特に症状を認めないためそのままにしていた。先日、同僚が大腸癌で手術を受けたため、自分も癌ではないかと気になり自宅近くの診療所を受診した。尿検査、血液検査および腹部超音波検査で異常はなく、便潜血検査で陽性を指摘され受診した。
  • 既往歴:28歳時に急性虫垂炎で手術。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を25年間。飲酒はビール350ml/日を35年間。2年前から禁煙、禁酒している。
  • 家族歴:父親が大腸癌のため89歳で死亡。
  • 現症:身長165cm、体重67kg。体温36.6℃。脈拍72/分、整。血圧130/84mmHg。呼吸数14/分。右下腹部に軽度の圧痛と手術後の瘢痕とを認める。筋性防御と反跳痛とを認めない。腫瘤を触知しない。
  • 検査所見:血液検査:赤血球420万、Hb 13.4g/dl、Ht 42%、白血球8,200、血小板28万。血液生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン3.8g/dl、総コレステロール230mg/dl、AST 36IU/l、ALT 36IU/l。CRP 0.03mg/dl。これまでの臨床経過と既往歴から下部消化管内視鏡検査を行った。下行結腸の内視鏡像(別冊No.6)を別に示す。
  • 患者から「この病気が日本で増えているとおっしゃいましたが、その原因は何ですか」と質問があった。
  • 適切な回答はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107B059]←[国試_107]→[107B061

106C014」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106C013]←[国試_106]→[106C015

104D013」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104D012]←[国試_104]→[104D014

小球性低色素性貧血」

  [★]

microcytic hypochromic anemia
低色素性小球性貧血???
貧血小球性貧血
[show details]


検査値

貧血

  • 原発性(先天性、獲得性)
  • 二次性
  • ピリドキシン反応性

鉄剤が無効な代表的な小球性低色素性貧血


急性炎症」

  [★]

acute inflammation
慢性炎症炎症
  • vascular change(BPT.33)
  • celluler event(BPT.33)


慢性炎症性脱髄性多発神経障害」

  [★]

chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy
慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー


慢性炎症性脱髄性多発根神経炎」

  [★] 慢性炎症性脱髄性多発神経炎


炎症」

  [★]

inflammation
炎症反応 inflammatory reaction
  • 急性炎症による有害な刺激物が除去され組織が修復されるが、障害が続けば慢性炎症となる。

主徴 (BPT.32)

原因

  • 病原微生物の感染
ウイルス、リケッチア、細菌、真菌、原虫、寄生虫
  • 外傷
  • 物理的刺激
日光、放射線物質、電気的刺激、摩擦
  • 化学的刺激
酸・アルカリ
  • 壊死物
  • 異物
  • 免疫学的な刺激(アレルギー、自己免疫疾患)

分類

  • 急性 acute
比較的短期間で終了し滲出と好中球浸潤が主体
  • 亜急性 subacute
  • 慢性 chronic
長時間持続し、組織増殖とリンパ球・組織球浸潤が主体
  急性炎症 慢性炎症
概要 滲出性病変が主体 増殖性変化が主体
経過 急性・一過性 遷延性・潜行性
血管 血管透過性亢進 血管新生
間質組織 充血・浮腫 線維芽細胞・血管・間質結合組織の増生
浸潤細胞 好中球→マクロファージ→リンパ球

急性炎症 (BPT.33)

  • vascular change
vasolilation
increased vascular permeability
  • cellular events
cellular recruitment and activation

慢性炎症

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

慢性」

  [★]

chronicity
慢性的慢性型





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡