感音機構

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アリナミンF(TTFD)内服錠の効用 特に感音機構への作用機序に関する知見補潰
  • 鰕原 勇 [他]
  • 耳鼻咽喉科臨床 58(7), 454-462, 1965-07
  • NAID 40017866295

関連リンク

伝音難聴と感音難聴とは。意味や解説。 難聴 (なんちょう)のいろいろ 難聴 は、伝音 難聴 、感音 難聴 、混合 難聴 の3つに大きく分けられます。 伝音 難聴 は、音が伝わっていく過程の伝音機構に障害が生じたための 難聴 で ...
感音機構に属するのはどれか。 1. 耳介 2. 外耳道 3. 鼓膜 4. 耳小骨 5. 有毛細胞 解答例 5 簡単な解説 ← 問5 問7 → 関連する用語 外耳 外耳道 細胞 耳 耳介 耳小骨 膜 骨 鼓膜 Copyright © 医療と看護の資格 All Rights reserved. ...
... に変換させるはたらきがあり、それを神経・脳へとつたえ音として感知・認識しますので感音 系とよびます。 〈どうして聞こえなくなるのでしょう?〉 前述の経路の一箇所でも障害があれば、それ相応の聴力障害がでます。 耳が ...

関連画像

詳しくは、耳鼻科の専門医で  障害 に よる 難聴 感 音 難聴中度難聴(感音性難聴)WebSite  難聴を感音性難聴と呼ぶ


★リンクテーブル★
関連記事機構

機構」

  [★]

mechanismmachinery、(団体)organizationmechanistic
器質化機序組織組織化組成機作メカニズム仕組み機械類機構的マシナリー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡