感染創

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 感染創に対する創傷被覆材 (特集 創傷被覆材 : 最新の動向と使用法のコツ)
  • 感染創・褥瘡のための被覆材 (特集 創傷管理の周辺商品まるわかり)
  • 徳永 香里
  • Infection control 20(8), 858-869,776〜777, 2011-08-00
  • NAID 40018923708

関連リンク

ところが,私の経験では受傷後の時間経過と創感染発症数には関連性があるようには見えないのだ。とりわけ,褥瘡やⅢ度熱傷,皮膚全層欠損層では創面が肉芽で覆われてしまえば創感染を起こす例はほとんどないのである。
診 断 2 | ベ ストプラクティ の原則 創感染は、主に臨床上の根拠に基づいて診断される。その評価の際は、患者、創部周辺の組織、およ び創部の状態から創感染の徴候や症状を調べるとともに、感染リスクおよび感染の重症度を増大させ

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問100G069
関連記事感染」「

100G069」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100G068]←[国試_100]→[100G070

感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる




創」

  [★]

創傷





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡