愛知医科大学病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 愛知医科大学病院

url

理念

  • <理念>診療・教育・研究のすべての領域において,医療を基盤とした社会貢献を目指す  ・ 社会の信頼に応えうる医療機関  ・ 人間性豊かな医療人を育成できる教育機関  ・ 新しい医療の開発と社会還元が可能な研究機関  <基本方針>  1 人間性を尊重した患者中心の医療の提供  2 安全で良質な医療の実践  3 思いやりと温もりのある医療人の育成  4 先進的医療技術の開発・導入・実践の推進  5災害・救急医療への積極的な取り組み  6地域医療連携の推進及び地域医療への貢献

住所

  • 〒480-1195 愛知郡長久手町大字岩作字雁又21番地

診療の特徴、実績

  • 昭和47年12月愛知医科大学附属病院として開院,昭和54年7月救命救急センターを開設し,地域の重篤救急患者の医療確保に対応,昭和61年1月特定承認保険医療機関として高度先進医療を開始し,平成6年2月特定機能病院として承認されている。加えて平成8年3月に中部地区で初の高度救命救急センターに認定,平成14年1月からドクターヘリ事業運航開始され,地域の救急医療の重責を担っている。また平成8年10月にはエイズ拠点病院,同年11月に災害拠点病院,平成11年2月に難病医療拠点病院,平成18年9月に災害基幹病院に指定されている。その他:日本病院機能評価機構ver4認定(平成17年10月17日付け)

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 672.0人

一日平均外来患者数

  • 1,981.2人

平均在院日数(一般/精神)

  • 13.5日/53.5日

年間分娩件数

  • 354件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 42件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/9回

当院の救急医療の特徴

  • 三次

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 68.6人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 7.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 147人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 5回

当直手当

  • 有り(平日:@20,000円、休日:日直@17,400円,宿直@20,000円、土曜:@30,100円 (1年目,2年目同額))

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 23人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 4人

勤務体制

  • 当直は(1)1次2次当直、(2)3次当直、(3)各科当直(婦、救、麻)が行われている。(1)(2)は2年間を通して行う。(3)は当該科を研修する時に行う。(1)について、研修医1年目2名と2年目2名は上級医1名と共に全ての外来患者(精、歯を除く)の診察を行う。休日は日直と宿直に分けられている。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 愛知医科大病院は、大学病院としての幅広い専門医療と共に名古屋市の北東部に隣接する長久手町周辺地域の地域診療所的な役割も担っています。そのため、あらゆる分野の一次、二次救急症例も多く、2年間の初期臨床研修の目的であるプライマリー・ケアの修得に適した環境が整っています。初期研修医の皆さんには、指導医のサポートのもと、実際の診療を通じてプライマリー・ケアを徹底して行えるよう、研修プログラムもさまざまに整えております。一方でドクターヘリを有した高度救命救急センターをかかえ三次救急にも対応できる救急医療も同時に実践可能であり、初診の外来から退院まで、診断から治療、在宅への一連の診療過程に携わることが可能となります。その診療過程において研修医は初期臨床研修から後期臨床研修への個々にあったステップアップが可能となります。また、技術面のサポートと合わせて、メンタル面のサポート体制の充実にも取り組んでいます。研修医は学生から社会人への転換の時期でもあります。初期研修がはじめての社会人経験になる研修医も多く、医師という重責の中でのストレスは計り知れないものがあります。当院では専任である私の他に担当の看護師及び事務員並びに各科の卒後臨床研修センター教員が一人一人の研修医に対し、指導面だけでなくメンタル面でも皆さんを温かく見守っていきます。そして、各スタッフの目配りにより、研修における問題点をいち早く見出して解決し、皆さんが有意義な研修生活を送れるように取り組んでいます。 後期研修においては、従来の各専門医局による後期研修に加え、卒後臨床研修センター内のキャリア形成支援部門が中心となり「東海若手医師キャリア支援プログラム」として東海地区の7大学が連携・協力して実施する高度医療人育成プログラムに参加してきました。これによって、各大学の特色ある研修プログラムや得意とする診療分野を相互補完することが可能となり、更に高度な質の高い臨床能力の修得が可能となりました。将来、皆さんが医療を支える良き医師であると同時に、良き指導医に成長できるよう卒後臨床研修センターは初期研修から後期研修まで、病院と一体となりサポートしていきます。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 医学生の時マイナー科を志望していたことや、指導医の多さから大学病院での研修を希望しました。「就職は地元で」と考えていたので、出身地の愛知県で大学病院をいくつか見学させていただき、愛知医大病院に決めました。 私が考える愛知医大病院で研修する魅力は3つあります。1つ目は漠然としていますが、病院全体の雰囲気が良いことだと思います。出身大学が違うからといって嫌な思いをした事は一度もありません。むしろ先輩ドクターはじめ、皆さんとても優しく指導してくださいました。また、同僚の研修医には何でも話せて、お互い助け合ってきました。2つ目は初期研修を通して、Common diseaseもまれな疾患も両方経験できるということです。愛知医大病院は大学病院として以外に別名、“長久手診療所”と言われるように市中病院的な要素も幾分かあり、これは同じ大学病院といっても他にはなかなか無い特徴だと思います。3つ目は自分の時間も思ったより多く持てることです。最初の1ヶ月は病院内でよく迷子になりましたけど(笑)本当に愛知医大病院で研修できて良かったと思っています。 研修したい病院と出会えないでいる学生の皆さん、一度見学にいらしてください。研修医皆が「ここにきてよかった」と言っている病院、なかなか無いと思いますよ。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/29 07:52:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • EUSガイド下ドレナージが有用であった小児膵仮性嚢胞の1例
  • 愛知医科大学病院における手術室のスケジューリング支援システムについて (第36回総会特集(4))

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事医科」「大学」「医科大学

医科」

  [★]

medical departmentmedical
医学医学上医学的医薬医用メディカル医療用


大学」

  [★]

universitycollegeUniv
単科大学

医科大学」

  [★]

medical university
医大




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡