意図動作時運動過多

出典: meddic

反抗運動、決闘者徴候

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • I-H-82 末梢神経障害に伴う振戦型意図動作時運動過多の回復と電気生理学的回復
  • 瀬川 文徳,長谷川 修,黒岩 義之
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 37(11), 787, 2000-11-18
  • NAID 110001847868

関連リンク

文献「意図動作時運動過多症に対する薬物ならびにA型ボツリヌス毒素治療」の詳細情報です。J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しい ...
・「意図動作時運動過多」は企図振戦+反抗運動(oppositional movement、ミオクローヌス様)であり、目標に近づくと不随意運動が強くなる。歯状核→上小脳脚→赤核系や視床の障害で生じる。 ・静止時振戦の代表はparkinsonian ...

関連画像

電子書籍版|神経疾患 At a glance 電子書籍版|神経疾患 At a glance 電子書籍版|神経疾患 At a glance 電子書籍版|神経疾患 At a glance


★リンクテーブル★
拡張検索意図動作時運動過多症
関連記事動作」「過多」「意図」「

意図動作時運動過多症」

  [★]

意図動作時運動過多


動作」

  [★]

action, behavior, bodily movement, kine, motion, movement, performance


過多」

  [★]

excessrepletionoversupply
過剰超過過度過剰量

意図」

  [★]

intentionintentintend
考え目的とする


多」

  [★]

polymulti
ポリマルチ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡