急性炎症性脱髄性多発神経炎

出典: meddic

acute inflammatory demyelinating polyneuropathy
急性炎症性脱髄性・リニューロパチー
acute inflammatory demyehnating  polyradiculoneuropathy (AIDP)

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • AIDPおよびCIDPにおける横隔神経M波の臨床的検討
  • 急性炎症性脱髄性多発神経炎の発症早期における電気生理検査

関連リンク

この病気は公費負担の対象疾患です。公費負担の対象となるには認定基準があります。 認定基準 臨床調査個人票 臨床調査個人票 1. 慢性炎症性脱髄性多発神経炎とは 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory ...
ギランバレー症候群 (感染後多発性神経炎) ギランバレー症候群Guillain-Barr‘ syndrome ウイルス感染が治った後で起こる、末梢神経障害で、一種のアレルギーと考えられている。 軸索を被う髄鞘がアレルギー反応で障害される ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読みacute inflammatory demyelinating polyneuropathy
リンク元急性炎症性脱髄性ポリニューロパチー
関連記事炎症」「神経」「多発神経炎」「急性炎症」「神経炎

acute inflammatory demyelinating polyneuropathy」

  [★] 急性炎症性脱髄性多発神経根ニューロパチー


急性炎症性脱髄性ポリニューロパチー」

  [★]

acute inflammatory demyelinating polyneuropathy
急性炎症性脱髄性多発神経炎


炎症」

  [★]

inflammation
炎症反応 inflammatory reaction
  • 急性炎症による有害な刺激物が除去され組織が修復されるが、障害が続けば慢性炎症となる。

主徴 (BPT.32)

原因

  • 病原微生物の感染
ウイルス、リケッチア、細菌、真菌、原虫、寄生虫
  • 外傷
  • 物理的刺激
日光、放射線物質、電気的刺激、摩擦
  • 化学的刺激
酸・アルカリ
  • 壊死物
  • 異物
  • 免疫学的な刺激(アレルギー、自己免疫疾患)

分類

  • 急性 acute
比較的短期間で終了し滲出と好中球浸潤が主体
  • 亜急性 subacute
  • 慢性 chronic
長時間持続し、組織増殖とリンパ球・組織球浸潤が主体
  急性炎症 慢性炎症
概要 滲出性病変が主体 増殖性変化が主体
経過 急性・一過性 遷延性・潜行性
血管 血管透過性亢進 血管新生
間質組織 充血・浮腫 線維芽細胞・血管・間質結合組織の増生
浸潤細胞 好中球→マクロファージ→リンパ球

急性炎症 (BPT.33)

  • vascular change
vasolilation
increased vascular permeability
  • cellular events
cellular recruitment and activation

慢性炎症

神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類



多発神経炎」

  [★]

polyneuritispolyneuropathy
多発性神経炎
多発神経障害多発ニューロパチー多発ニューロパシーポリニューロパチー

国試


急性炎症」

  [★]

acute inflammation
慢性炎症炎症
  • vascular change(BPT.33)
  • celluler event(BPT.33)


神経炎」

  [★]

neuritis
末梢神経炎、?ニューロパシー neuropathy






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡