急性炎症

出典: meddic

acute inflammation
慢性炎症炎症


  • vascular change(BPT.33)
  • celluler event(BPT.33)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/03 11:47:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 超音波気管支内視鏡下針生検(EBUS-TBNA)が診断に有用であった縦隔原発大細胞型リンパ腫の1例
  • 梅澤 弘毅,小笠原 隆,内藤 雄介,加藤 慎平,矢野 利章,笠松 紀雄,橋爪 一光,籾木 茂
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 36(1), 25-30, 2014-01-25
  • … 42歳,男性.嗄声と胸痛を主訴に来院した.胸部CTで中縦隔に嚢胞状陰影を呈する腫瘤を認め,血液検査で急性炎症所見を伴っていた.感染を合併した気管支嚢胞の疑いで,外科的切除を行った.病理組織診で悪性リンパ腫を示唆する所見を認めたが,壊死が強く,診断が困難であった.結果.その後,新たな縦隔リンパ節腫大が認められ,同部位に対してEBUS-TBNAを行い, B細胞系の悪性リンパ腫に合致する所見を得た.最終的に縦隔原発大細 …
  • NAID 110009798812
  • 腹腔鏡下に手術した魚骨横行結腸穿通による大網放線菌症の1例
  • 大陽 宏明,野口 明則,山田 一人,山口 正秀,岡野 晋治,山根 哲郎,榎 泰之,川端 健二
  • 日本臨床外科学会雑誌 75(3), 826-829, 2014
  • … 分切除術を行い,病理組織診断にて放線菌症と診断した.術後は1カ月間のpenicillin G投与により術後19カ月間再然なく経過している.<BR>魚骨による消化管穿孔・穿通は,体腔内に急激に炎症が波及する急性炎症型と,徐々に炎症所見が発現する慢性炎症型に分類される.われわれは放線菌による慢性炎症型の経過をたどる症例を経験したが,放線菌症とは膿瘍や瘻孔を形成する慢性化膿性炎症を引き起こす疾患であ …
  • NAID 130004696575
  • 点鼻用血管収縮薬による薬剤性鼻閉33例の検討
  • 湯田 厚司,小川 由起子
  • アレルギー 62(12), 1623-1630, 2013-12-30
  • … カ月間に治療した33例(男性23例,女性10例,平均44.4±15.6歳)の背景因子と追跡し得た31例の治療成績を解析した.薬剤使用期間は最長7.5年で,1年未満が7例のみ,2年以上が16例(48.5%),5年以上が6例であった.原因疾患は,急性炎症6例,慢性副鼻腔炎2例,アレルギー性鼻炎20例(うち10例スギ花粉症)であった.治療は,点鼻液を中止して代替薬にステロイド鼻噴霧液を使用した.【結果】全例で点鼻用血管収縮薬から完全離脱して鼻閉が改善し …
  • NAID 110009686158

関連リンク

世界大百科事典 第2版 急性炎症の用語解説 - とり込まれた細菌は好中球の顆粒から放出される酵素,リゾチームなどにより細菌の壁が溶かされ,さらに顆粒から放出されるペルオキシダーゼを介して殺菌作用を示す過酸化水素ができ ...
風邪やウイルス感染で言われる急性炎症ってなんでしょうか? 外からの異物、細菌、ウイルスにより『感染』が起こりますが、それによって生体は『炎症』を起こします。 私たちの体は常に外部からの有害な刺激(外因)の攻撃に ...
炎症(えんしょう)とは、生体が何らかの有害な刺激を受けた時に免疫応答が働き、それ によって生体に出現した症候である。さらにその免疫応答の結果によって ... 急性炎症: 好中球や食細胞が出現し血管反応や滲出が起こる。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み慢性炎症
リンク元急性細気管支炎
拡張検索急性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー」「急性炎症性脱髄性多発神経根炎」「急性炎症性脱髄性多発神経根ニューロパチー」「急性炎症反応
関連記事炎症」「」「急性

慢性炎症」

  [★]

chronic inflammation


急性細気管支炎」

  [★]

acute bronchiolitis

概念

  • 細気管支粘膜の急性炎症により粘膜浮腫が生じて細気管支の狭窄・閉塞を生じ、呼気性閉塞性の呼吸障害を呈する。

疫学

  • 2歳以下、特に6ヶ月前後の乳児に好発。(そして従事では重症化しやすい)
  • 冬に多い

病因

症状

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、チアノーゼ

身体所見

  • 聴診:呼気延長、断続性・連続性ラ音

検査

  • 血液検査:病原体がウイルスならば炎症所見無し
  • 胸部単純X線写真:肺の過膨張、透過性の亢進
  • 呼吸機能検査:閉塞性の病態
  • FEV1.0%:低下
  • %VC:変化なし
  • 血液ガス検査

治療

対症療法
  • 酸素投与
  • ネブライザーによる加湿吸入  ←  気管支拡張薬が有効とする文献もある。
  • 輸液

参考

  • 1. 急性細気管支炎 - mymed
[display]http://mymed.jp/di/vyj.html

uptodate

  • 1. [charged] 幼児および小児における細気管支炎:臨床的特徴および診断 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 幼児および小児における細気管支炎:治療、転帰および予防 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 成人における細気管支炎 - uptodate [3]

急性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー」

  [★]

acute inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy, AIDP
ギラン・バレー症候群


急性炎症性脱髄性多発神経根炎」

  [★]

acute inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy AIDP
ギラン・バレー症候群

急性炎症性脱髄性多発神経根ニューロパチー」

  [★]

acute inflammatory demyelinating polyneuropathy, AIDP
ギラン・バレー症候群


急性炎症反応」

  [★]

acute inflammatory reaction
炎症反応


炎症」

  [★]

inflammation
炎症反応 inflammatory reaction
  • 急性炎症による有害な刺激物が除去され組織が修復されるが、障害が続けば慢性炎症となる。

主徴 (BPT.32)

原因

  • 病原微生物の感染
ウイルス、リケッチア、細菌、真菌、原虫、寄生虫
  • 外傷
  • 物理的刺激
日光、放射線物質、電気的刺激、摩擦
  • 化学的刺激
酸・アルカリ
  • 壊死物
  • 異物
  • 免疫学的な刺激(アレルギー、自己免疫疾患)

分類

  • 急性 acute
比較的短期間で終了し滲出と好中球浸潤が主体
  • 亜急性 subacute
  • 慢性 chronic
長時間持続し、組織増殖とリンパ球・組織球浸潤が主体
  急性炎症 慢性炎症
概要 滲出性病変が主体 増殖性変化が主体
経過 急性・一過性 遷延性・潜行性
血管 血管透過性亢進 血管新生
間質組織 充血・浮腫 線維芽細胞・血管・間質結合組織の増生
浸潤細胞 好中球→マクロファージ→リンパ球

急性炎症 (BPT.33)

  • vascular change
vasolilation
increased vascular permeability
  • cellular events
cellular recruitment and activation

慢性炎症

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

急性」

  [★]

acute
急性的鋭い鋭形急性型



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡