心臓中枢

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 鉄・酸化ストレスと内科疾患 : 軍神宏美博士を偲んで
  • 高後 裕
  • 臨床環境医学 : 日本臨床環境医学会会誌 = Japanese journal of clinical ecology 17(2), 73-81, 2008-12-31
  • 鉄代謝の特徴は、鉄を吸収する機構は存在するが、排泄する能動的機構が存在しないことである。鉄過剰症は遺伝的素因、頻回輸血、その他慢性肝疾患、アルコール摂取などの疾患で生じ、肝臓、心臓、中枢神経など生命維持に重要な臓器を障害する。鉄原子は、単独では細胞間、細胞膜、細胞内を移動できず、キャリアーないしトランスポーターを必要としており、血清中ではトランスフェリンが、小腸での鉄吸収には、divalent m …
  • NAID 10025633361

関連リンク

て調節されます。その上位の調節は延髄にある心臓中枢です。心臓は身体の隅々 まで酸素や栄養物などを動脈血として送り届け、代謝されて不要になった二酸化炭 素を含む静脈血を心臓に戻す働きを持っています。これを体循環と 心臓は ...
【ベストアンサー】脊椎動物の神経系には大きく分けて、 中枢神経系と末梢神経系があります。 末梢神経系を機能的に分類すると、 体性神経系と自律神経系に分かれます。 体性神経系は ...

関連画像

図表1 脳の部位と役割中枢側吻合用デバイスを使用  心臓(中枢)を見つけ出して生物史から、自然の摂理を読み 不可欠な、呼吸中枢、心臓中枢 薬効の評価 実習資料 薬品作用


★リンクテーブル★
関連記事心臓」「中枢

心臓」

  [★]

heart
cor
循環器

性状

  • 約300g。

体表解剖

  • 心臓の上縁:左の第2肋軟骨の下縁と右の第3肋軟骨を結ぶ線上
  • 心臓の右縁:右の第3肋軟骨から右の第6軟骨に向かう線。この線は外側に向かって弓状をなす。
  • 心臓の下縁:右縁の下端から第5肋間隙で左鎖骨中線の近くに向かう線
  • 心臓の左縁:上縁と下縁を外側に凸となる曲線で結んだ線

機能血管

動脈

静脈

心臓の栄養動脈 (M.92)

  • 洞房結節枝
  • 右縁枝
  • 後下行枝 = 後室間枝
  • 房室結節枝
  • 左前下行枝
  • 対角枝
  • 回旋枝
  • 左縁枝


心臓の栄養静脈 (M.95)

心臓の静脈の特徴

心音の聴診

心臓の生理

  • 酸素供給能 = 心臓の送血能 x 血液のHb量 x (動脈の酸素飽和度(肺) - 静脈の酸素飽和度(末梢))
  • 心臓の酸素消費量と仕事


中枢」

  [★]

centercentral
センター中央中心中心性中心的中枢神経性中枢性中枢的中央に置く末梢





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡