心外膜上隆線

出典: meddic

epicardial ridge, epipericardial ridge


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

心臓壁は3層すなわち心外膜、心筋層および心内膜からなる。 (二)心房中隔および心室中隔 心房中隔は薄く、左右心房の内膜およびその間にある結合組織からなる。 心室中隔は主nに心筋からなるが、両面には左右心室の内膜 に ...
心膜炎 概念:急性心膜炎は種々の原因によって生じる心膜の急性炎症である。炎症が心外膜下の表在心筋に及び、心膜心筋炎の像を呈することもある。 病因 a. 特発性 b. 感染性 ウイルス(コクサッキーB群、エコー、アデノ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元鰓弓
関連記事外膜」「心外膜」「

鰓弓」

  [★]

branchial arch
咽頭弓 pharyngeal arch
鰓嚢咽頭嚢


first aid step1 2006 p.122
  • 鰓弓由来の構造とその神経支配.xls
# 鰓弓 神経 骨格 動脈*
1 顎弓(上顎隆起下顎隆起) CN V
三叉神経: 上顎枝、下顎枝(第一鰓弓の筋を支配)
咀嚼筋(側頭筋咬筋内側翼突筋外側翼突筋)、顎舌骨筋顎二腹筋前腹、口蓋帆張筋鼓膜張筋 上顎突起(顎前骨上顎骨頬骨側頭骨の一部)、メッケル軟骨(下顎骨キヌタ骨ツチ骨、前ツチ骨靱帯、蝶下顎靱帯) 消失し一部残存(顎動脈)
2 舌骨弓 CN VII
顔面神経
顔面表情筋(頬筋耳介筋前頭筋広頚筋口輪筋および眼輪筋)、顎二腹筋後腹、茎突舌骨筋アブミ骨筋 アブミ骨茎状突起、茎突舌骨靱帯、舌骨小角と舌骨体の上部 消失し一部残存(舌骨動脈、アブミ骨動脈)
3   CN IX
舌咽神経
茎突咽頭筋 舌骨大角と舌骨体の下部 総頚動脈、内頚動脈の基部。外頚動脈が出芽
4   CN X
迷走神経
輪状甲状筋口蓋帆挙筋 喉頭軟骨(甲状軟骨輪状軟骨披裂軟骨小角軟骨、および楔状軟骨 大動脈弓の一部
5 上喉頭神経(第四鰓弓支配神経) 咽頭収縮筋 消失
6 反回神経(下喉頭神経)(第六鰓弓支配神経) 喉頭内の筋 動脈管と肺動脈の基部





外膜」

  [★]

tunica adventitia (Z), outer membrane, adventitia
tunica externa, tunica adventitia
漿膜血管内膜中膜細胞壁



  • 結合組織のみ
  • 線維芽細胞、膠原線維、縦走する弾性線維 (HIS. 216)
  • 周囲の結合組織に移行 (HIS. 216)
  • (血管)血管の最外層
  • (食道)食道の最外層



心外膜」

  [★]

epicardium (Z)
臓側板
心膜
  • 漿膜性の膜

Heart vein grant C1FFU48.jpg


線」

  [★]

linestring
裏打ち系統ライン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡