心原性浮腫

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

Q:心不全についてなんですが。症状の1つで浮腫がありますが、下肢にできやすいのはなぜですか A:心臓由来の浮腫は、心臓の働きが低下し、心臓内の血流を十分に拍出できなくなったための症状 です。
1)心原性脳塞栓症、2)アテローム血栓性梗塞、3)ラクナ梗塞のタイプ別に治療が選択されます(使用される薬剤も異なります)。その他、24時間以内に症状が消失する一過性脳虚血発作や、症状はないが検査で見つかる無症候性 ...
骨盤内腫瘍による一側性の浮腫 脈管性浮腫(アレルギー性) 局所性浮腫の原因 アレルギー性浮腫・・・・ジンマシン 炎症性浮腫・・・炎症から 血管神経性浮腫・・・副作用で起きる リンパ性浮腫 ・・・ガン治療でリンパ節を切除 ...

関連画像

 塞栓 性 梗塞 特に 心 原 性脳梗塞の説明書心原性脳塞栓症気光ヒーリング揺陽


★リンクテーブル★
リンク元循環動態浮腫
関連記事浮腫」「

循環動態浮腫」

  [★]

hemodynamic edema
心原性浮腫循環動態

浮腫」

  [★]

edema
水腫angioedema全身性浮腫

分類

  圧痕性浮腫 非圧痕性浮腫
pitting edema nonpitting edema
病態 水のみが間質に貯留
圧痕を残す
水分+血漿由来物質の蓄積(ムコ多糖、蛋白質)・炎症細胞の浸潤
圧痕を残さない
疾患 fast edema slow edema 甲状腺機能低下症
局所性炎症(蜂窩織炎、虫さされ)
強皮症
低アルブミン血症 心不全
腎不全
  • 低アルブミン血症はfast edema と覚えておく

浮腫の原因

IMD.518
  • 全身性
  • 心性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 肝性浮腫
  • 内分泌性浮腫
  • 栄養失調性浮腫・栄養障害性浮腫
  • 薬剤性浮腫
  • 起立性浮腫
  • 特発性浮腫
  • 局所性
内科診断リファレンス p.4

浮腫を来す疾患

IMD.519改変
  • 局所性浮腫
  • 全身性浮腫
  • 非ステロイド性抗炎症薬:インドメタシンなど  ← 1-2%の例で見られる。
  • ホルモン薬:副腎皮質ステロイドエストロゲンなど  ← 体液貯留させる作用あり
  • 降圧薬:血管拡張薬(Ca拮抗薬など)  ←  細動脈優位の拡張による
  • 甘草製剤:甘草グリチルリチンなど  ←  アルドステロン様作用
  • Na含有薬:ペニシリン系抗菌薬、重炭酸ナトリウムなど  ←  Na自体の性質による

肝性浮腫と腎性浮腫

  • 肝性浮腫は下肢に、腎性浮腫では眼瞼に浮腫が初発する?(出典不明)

参考

  • [display]http://www.igaku.co.jp/pdf/resident0806-3.pdf




腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡