徳島赤十字病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 徳島赤十字病院

url

理念

  • わたくしたちはみなさまの健康への途を全力で支援しみなさまの尊厳を全力でお守りいたします。

住所

  • 773-8502 小松島市小松島町字井利ノ口103番地

診療の特徴、実績

  • 救急疾患の治療に重点を置いている。中でも循環器科は内科・外科の垣根を取った同一診療科として20余年間、四国の循環器センター的な役割を果たしている。冠インターベンションは年間900余例、冠動脈バイパス手術は約100例、不整脈治療もペースメーカー移植術年間150余例、植え込み型除細動器やアブレーション治療も積極的に行っている。救急疾患にはドクターズ・カーを2台運用している。これは専用の電話によリ要請から10分以内に2名の医師が同乗して治療に当たるものである。ドクターズ・カーは病診連携強化にも威力を発揮している。昨年は4,757台の一般救急車及び25,966名の救急患者が来院した。病院全体の紹介率は87.2%に達していた。他の診療科でも内科、外科の垣根を取り、臓器別診療科として再編した。総合診療科、消化器科、呼吸器科、脳神経科、代謝・内分泌科として、内科医、外科医が共同で診療している。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 334.7人

一日平均外来患者数

  • 658.8人

平均在院日数(一般/精神)

  • 8.7日/0.0日

年間分娩件数

  • 742件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 44件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/10回

当院の救急医療の特徴

  • 高度救命救急センターに指定されている。一次-三次救急まで取り扱っているためcommon disease等の研修にも非常に役立っている。夜間は救急部門、外科部門、内科部門、小児科、産婦人科、救命ICUの6人の指導医下に一年次、二年次各1名の研修医を加えた8人の医師が共同で救急患者の治療に当たっている。このうち、小児科は小児救急医療拠点病院に指定され、8名の医師が交代で昼夜間の2交代制勤務を組んでいる。この他、災害拠点病院にも指定され大規模災害の救急医療にも対処できるようにしている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 救急部(全科がサポート)/小児科/産婦人科

一日平均救急外来患者数

  • 71.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 13.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 102人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(1回につき1万円)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 6人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

  • 小児科は昼間・夜間の2交代勤務を組んでいる

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 研修医には2年間研修に専念していただき、診療の戦力としては考えていない。病院の全医師およびコメディカルが研修に協力する。研修の実績は指導する者の情熱といかに多くの病態、疾患を経験するかにより決まる。当院はそのどちらも満足して戴ける研修にふさわしい施設であると自負している。臨床医のセンスは卒後2年間でほぼ決まると思う。研修医諸君も確固としたモチベーションを持ち、充実した研修を行って欲しい。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 当院では1年目で内科系、外科系、麻酔・救急を研修します。研修プログラムは先輩方と相談し、自分達の希望を取り入れて組むことができます。自分のプログラムを自ら考えることで、研修に対する意欲が高まります。内科系の研修では、主に入院患者さんを指導医の先生と一緒に受け持ちます。始めは分からないことだらけで戸惑いの連続ですが、先生方の熱心な指導やコメディカルの方々の的確なアドバイスのおかげで次第に処方や検査のオーダーができるようになり、最終的には入院から退院までの管理をさせてもらえるようになります。麻酔・救急の研修では、挿管や硬膜外麻酔などの手技はもちろん、術中の管理など麻酔についてひととおり研修することができます。また、ICUでの研修も含まれているので、人工呼吸器や重症の患者さんの管理についても研修できます。更に、当院では夜間救急当直が週一回あります。当直は外来で初診患者さんを診ることができる貴重な機会であり、非常に勉強になっています。また、救急車で搬送されてきた患者さんへの初期対応も後期研修医の先生方とともに学ぶことができます。徳島赤十字病院は、先生方をはじめコメディカルの方々も本当に温かく、熱心に指導してくださる研修病院です。また医師として必要なものを身につけるチャンスがたくさんあふれている研修病院でもあります。意欲のある皆さん、私たちと一緒に研修しませんか。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/01/26 10:23:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 徳島赤十字病院におけるエドキサバンの使用状況と適正使用への検討
  • 岡本 理奈,組橋 由記,鈴江 朋子,Rina OKAMOTO
  • 日赤医学 = The Japanese Red Cross Medical Journal 66(1), 293, 2014-09-01
  • NAID 120005487366
  • 徳島赤十字病院における小児救急医療体制の現状
  • 中津 忠則,近藤 朝美,阿部 容子,七條 光市,谷口 多嘉子,高橋 昭良,渡邉 力,Tadanori NAKATSU
  • 日赤医学 = The Japanese Red Cross Medical Journal 66(1), 215, 2014-09-01
  • NAID 120005487061

関連リンク

徳島赤十字病院(徳島県小松島市)のウェブサイト。外来・入院案内、診療科・部門紹介、救急体制について掲載。 ... お知らせ 熊本赤十字病院へ病院支援要員を派遣しています 看護部 研修看護師と2年目看護師との交流会を開催 ...
診療科のご紹介

関連画像

 病院図書室 > 徳島赤十字病院徳島 赤十字 病院 所在地 徳島 上左:開会のあいさつをする 徳島赤十字病院



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡